話し下手は克服できる!上手な人との違いと克服のコツ

話し下手には共通の原因があります。あなたは「伝えたい事が相手伝わらない・・」そんな悩みをお持ちでしょうか?話し上手になるには少しの工夫と相手に共感する気持ちが必要です。

まず話し下手を克服するには、「なぜ自分は話し下手なのか?」という原因を知ることから始めましょう。そして話し方のコツを意識して取り入れるだけで、あなたの印象が良い方向に変化します。今回は、話し下手の方のための「上手な話し方とコツ」をご紹介致します。

話し下手と話し上手な人の違い

話し下手の人が話し上手になるには、ちょっとした「気遣い」と「工夫」が必要です。この2つを意識することで、相手とのコミュニケーションが円滑に進みます。そして会話をする際は「笑顔」も忘れずにいて下さい。

話し下手の特徴

あなたは「話し下手」だと感じていますか?もしそれなら、「なぜ話しが上手くできないのか?」の原因を考えましょう。まずは原因を知って解決策を探すことが改善につながります。

無理だと思わずに少しずつ変えて行ける人は、仕事でもプライベートでも良い変化をもたらします。

  • 人見知り

人見知りの場合、確かにコミュニケーションが苦手なのは否めません。けれど、無理に変える必要はありません。自分から話題を振れないのであれば相手の顔を見て、共感するだけでも印象が違います。

あなたがまず話しやすい、心地良いという相手を選んで話をしていくことが重要です。

  • 自己肯定感が低い

自分に自信がなく「相手にどう思われるか?」ばかりを気にしていませんか?素直な気持ちを話せず、反対意見にも同調していたら注意が必要です。

あなたは優しい人です。けれど、相手の気持ちばかり考えて自分に正直に行動できないのは、大きなストレスになりかねません。

無理に沢山の人とコミュニケーションをとらなくて大丈夫です。その代わり自分の気持ちに素直になる方法を探しましょう。

そのために先ず自己肯定感を上げることから始めてみませんか?もし自分に自信をつけたいと思う方は、「自分に自信がない人に試してもらいたい自信を付ける方法」をおすすめします。

  • 飽きっぽい

何事にも飽きっぽい人は少し耳を傾けてみましょう。あなたと相手の会話の最中を思い出してみて下さい。

あなたの心のベクトルは相手になっていますか?会話の途中で、携帯をいじってみたり頻繁によそ見をしていたら要注意。

相手はその状況を目の当たりして「集中してないな・・」「自分の話しに興味がないな・・」と感じてしまう事もあるのです。会話は言葉と心のキャッチボールでもあることを忘れないで下さいね!

  • 独りよがり

意外と気が付かないのが、このタイプの話し下手。自分は沢山話しをしているつもりでも、「言いたい事が伝わらない・・」という経験はありませんか?

「承認欲求」が強いため、あれもこれも伝えようとして損をしています。会話は相手と楽しむことを忘れないで下さい。相手の話もちゃんと聞くことで、よりコミュニケーションを円滑に進めることができます。

話し上手な人の特徴

話し上手な人にはある共通する特徴があります。それは「笑顔」。話し上手な人は笑顔と相手の気持ちを「またこの人と会いたい」と思わせるのが得意です。その他に話し上手な人の特徴があるので、一緒に見てみましょう。

  • 聞き上手

話し上手な人は実は聞き上手。相手の話が7割で自分の話が3割位に抑えると、相手の気持ちが満たされるといいます。人間だれもが承認要求があり、自分の話は聞いて欲しい上、共感して欲しいのです。ちょっとした気遣いが、あなたの思いやりとして相手に通じます。

  • ポジティブ思考

そしてポジティブ思考。会話の際に相手が「日々の自分の不平不満」だけを話していたら楽しいですか?話し上手な人は、ネガティブな話しを避けます。

  • 話題の引き出しが豊富

話し下手と話し上手の決定的な違いは、話題の豊富さもあります。話題は、どんなことでも構いません。最近の時事問題や芸能ニュース、趣味など。相手が好きだなと思う話題を振ることで、より一層会話が弾みます。もちろん、そのための勉強も欠かしません。

話し下手な人と話し上手な人の違い

話し下手な人と話し上手な人の違いは「相手にベクトルを合わせているか?」という事です。会話は相手があって成り立つので、相手の気持ちを汲み取ったコミュニケーションを心掛けましょう。

それでは次の章では、具体的に相手に「伝えたい事を正確に伝えるコツ」をお伝えします。

話し下手な人に実践してもらいたい【伝わる話し方の5つのコツ】

自分なりに相手に話をしたつもりでも、相手に伝わらない経験は誰でも一度はあると思います。実は伝わる話し方にはコツがあります。これから紹介するコツを理解して実際の会話に役立ててみてく下さい。

  1. 情報量は増やさない
  2. 簡単な言葉でシンプルに
  3. 5W1Hは基本
  4. 自分の意見も必ず添える
  5. 相手に理解度を確認する

あなたは相手との会話の際に以上のことを気をつけていますか?相手に伝わる話し方は、要件を簡素に伝えるのがポイントです。

そしてその時は、Who(誰が)、When(いつ)、Where(どこで)What(何を)Why(なぜ)How(どのように)を意識して話せば、より明確に伝えたい事が伝わります。

それに加えて自分の意見を伝えることができれば、相手に「あなたがどうしたいか?」が伝わります。その際には相手がどれくらい理解しているかを知るためにも、相手に確認しながら話しを進めるのがポイント。

相手に対しての気遣いにもなり、自分の伝えたい事が伝わっているかの確認にもなるので、実践してみては如何でしょうか。

話し下手を克服するには「気遣い」と「笑顔」を大切に!

ここまで話し下手な人は、「相手の興味を持つ」事が大切ですとお伝えしてきました。

それにプラスして忘れて欲しくないのは、コミュニケーションをする際の「笑顔」です。メラビアンの法則においては、人は見た目が9割と言われています。

それだけ笑顔や身嗜み、TPO合わせた対応が必要だと言うことを忘れずに行動すれば、それだけでも、あなたに対する印象は違ってきます。

是非、明日からでも誰かと話をする際は笑顔を忘れずに会話をしてみて下さいね!

コロナでも売り上げる塾生さん続出!

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

たった20分でオンライン起業の仕組みが全てわかる!

初回重要メールを受け取る
(gmail以外がオススメ)


登録後すぐ届く初回メールに無料講座や特典内容など重要情報がございますので必ずご確認ください。特にGmailは届かない場合がございますのでこちらで迷惑メール対策をお手数ですがお願いします。※本メール講座およびセミナーは利益を保証するものではありません。効果には個人差があります。メールアドレスは個人情報の観点より管理しプライバシーを遵守しております。