ヒーラーになるには?ヒーリングの種類や向いている人の特徴をご紹介

ヒーラーになるには?ヒーリングの種類や向いている人の特徴をご紹介

この記事では、初心者からヒーラーになるにはどうしたらいいのか、ヒーリングの方法やヒーラーに向いている人の特徴をご紹介します。
お腹が痛いとき、思わずお腹に手を当てた経験はありませんか?
実はこれ「手当て」というヒーリングの一種で、人は生まれながらに誰でもヒーリングの力を持っています。
では、自分だけでなく人や物を癒せるヒーラーには一体どうしたらなれるのでしょうか?詳しくご紹介していきます。

ヒーラーとは?

ヒーラーとは、ヒーリング(癒す)をする人のことです。
ヒーリングには「癒す・回復する」という意味の他に、「本来の姿に戻す」という意味も込められています。傷や病気を治したり、悲しみや苦しみを和らげて本来の自分を取り戻していくイメージです。

海外では代替医療としてヒーリングを用いる国もあるほど、ヒーラーはれっきとした職業として扱われています。副業としてやられている方もいるようです。ヒーラーのお仕事は、「相手を心身ともに癒していく」こと全般を、責任を持って遂行することといえるでしょう。

ヒーリングの種類

ヒーリングと一言にいっても、その種類は様々です。ここでは代表的なヒーリングを4つご紹介します。

スピリチュアルヒーリング

スピリチュアルヒーラーは、ヒーラー自身が生まれ持つ特殊な能力(霊能力や超能力など)を使ってヒーリングをします。
ヒーラーの体を媒体(道具)として高次元の存在と繋がり、そこからヒーリング対象へエネルギーを送ることも。高次元の存在と繋がるため、ヒーラー自身が疲れることは少ないといわれています。

サイキックヒーリング

ヒーラー自身のサイキックエネルギー(霊力や精神力)を使うヒーリングです。
スピリチュアルヒーリングとは違い、サイキックヒーラー自身のエネルギーを使ってヒーリングをするので、スピリチュアルヒーリングより力を使うことも。
サイキックヒーリングは、別名「霊的治療」や「念力治療」ともいわれています。

マグネティックヒーリング

マグネティックヒーラーは人や自然の“気”を使ってヒーリングをします。
鍼灸やマッサージなどと組み合わせて使うことが多く、人の体を癒すことを得意とする手法です。
ちなみに、手を使って行う「気功」や「レイキ」は、マグネティックヒーリングの一種と言われています。

クリスタルヒーリング

パワーストーンを使って行うヒーリングです。
使用するパワーストーンにより効能が異なるため、相手の不調に合わせたパワーストーン選びが必要になります。
失ったエネルギーをチャージしたり、オーラのバランスを整えるのにも有効な手法です。

ヒーラーに向いている人の特徴

特殊な力を持っていないとヒーラーになれないかというと、必ずしもそうではありません。
以下のような特徴を持つ人は、ヒーラーに向いているといえるでしょう。

心に余裕がある

ヒーラーになる上で、一番大切なことです。
心に余裕がある人は、いつも安定したヒーリングパワーを使うことができるので、優れたヒーラーの素質があります。

温厚な性格である

ヒーラーは、争いを好みません。
争いは何も産まず、無意味であることを理解しているからです。
また、いつでも完璧を求めるようなこともせず、「今日の私はこれくらいできた!」と、その日のコンディションに合わせて寛大な評価をすることも大切でしょう。

他者を信じることができる

傷を負った人たちを癒す職業であるヒーラーは、他者のネガティブな感情を受けやすい職業でもあります。
そんな時、他者が再び立ち上がり前を向くイメージを心の底から信じることで、ヒーラー自身が負のオーラに引きずられることなく、ヒーリングに取り組むことができます。他者の人生相談に乗ることもあり、その際も相手を信じてあげることが必要です。

ポジティブである

優れたヒーラーは、常にポジティブで前向きです。
「もうダメだ」「私には無理だ」と決めつけてしまうと、ヒーリングパワーを乏しめてしまいます。
ポジティブであればこそ、自分自身を癒すことにも繋がり、ヒーラー自身が幸せな気持ちであることが、ヒーリングを行う上で何より大切な基盤です。

いつも笑顔で幸せである

笑顔には、ネガティブな感情を幸せに置き換える力があることを、優れたヒーラーは知っています。
今を幸せに生き、常に笑顔で他者の痛みに寄り添うことができる人こそ、ヒーラーになる素質があるのです。
自分自身と向き合うことを恐れず、過去の傷を浄化し、幸せのエネルギーに満ちたヒーラーを目指しましょう。

ヒーラーになるにはどうしたらいいの?

誰でもヒーラーになれる素質を持っているからこそ、優れたヒーラーになるには知識や経験が必要です。
ここではヒーラーになるための4ステップをご紹介します。

ステップ1:エネルギーを学ぶ

人以外のもの(動物、植物、無機物、地球など)にもエネルギーがあります。
動物を撫でて癒されることも、植物や自然を眺めて癒されることも、全てエネルギーが生じるヒーリングです。
まずはエネルギーが私たちに与える影響やその成り立ち、波動についてしっかりと理解しましょう。
具体的な学習方法としては、スピリチュアル系書籍、YouTube、講座やセミナーに通うなどがおすすめです。

ステップ2:ヒーリングを学ぶ

ヒーリングには様々な種類があるので、自分にあったヒーリングを探しましょう。
今回ご紹介したヒーリングを片っ端から試していくのも良いですし、意識的にピンときたものを徹底的にマスターしていくのも良いです。「まずは自分が受けてみる」というのも、ヒーリング初心者の人にはおすすめの方法といえるでしょう。
ヒーリングを学ぶ具体的な方法は、エネルギーのときと同様に、書籍、YouTube、講座やセミナーで学ぶなどがおすすめです。

ステップ3:ヒーリングを実践する

基本を学んだら、実際にヒーリングをやってみましょう。
とはいえ、初めからヒーラーを名乗りお客さんからお金をいただくのは、中々勇気がいりますよね。
そこで、まず家族や友人に試してもらいましょう。
経験を積むことで技術が向上し、体が慣れてくるとヒーリングパワーも上がってきます。
自分に自信がついたあとで一般募集をしても決して遅くないので、まずは実践で経験を積みましょう。

ステップ4:ヒーラーとして活動する

集客をし、お客さんにヒーリングをしましょう。
まずはモニター募集から初めてみても良いと思います。とにかくブログを書いたり、SNSで宣伝をしたりして、お客さんとのセッションを獲得していきましょう。
「ヒーラーに向いている人の特徴」でご紹介したように、ポジティブ思考と笑顔を忘れず、たくさんの癒しを与えられるヒーラーを目指しましょう。

スピリチュアル起業のためのセミナー紹介

ものがたり起業では、ヒーラーだけでなく占い師やカウンセラー、セラピストなどスピリチュアル系の起業で困っている方に向けてセミナーを開催しています。
当セミナーに参加された方は、悩んでいたビジネスの方向性や集客について学ぶことで、続々と成功を遂げていきました。
「なりたい」と思っているだけでは何も変わりません。ここで一歩行動に移してみませんか?

\期間限定で無料参加できる!/
オンラインセミナー詳細へ

人を癒やすという素晴らしい職業

ヒーラーは癒しを与える存在、いわば「パワースポット」のようなものです。
いつも周りに人が集まってくる人には、癒しの力があります。
「一緒に居て落ち着く」「癒される」と言われる人は、もう立派なヒーラーです。
ぜひそんな「癒しのパワースポット」を目指し、温かい世界を広げていってくださいね。

スピリチュアルをお仕事にする人のための過去記事はこちら

スピリチュアルで稼ぐための5つの明快なステップとは?
ヒーリングに集客するための三つのポイント

セッションの質を高めるNLP×マーケティングサロンをお試しください。

詳細はこちら