理想と現実のギャップを埋めるワーク!人生の目標でもう苦しまないために

理想と現実のギャップを埋めるワーク!人生の目標でもう苦しまないために

理想と現実のギャップを痛感して悲しくなること、ありますよね。

 

「20代のうちに結婚する予定だった」「あの人みたいに仕事で昇進したい」「3LDKの家に住みたいのにずっと1LDKのままだ」など、理想と現実のギャップはどこにでも潜んでいます。不安や悲しさ、劣等感に苛まれる方も多いはず。

 

本記事では、そんな理想と現実のギャップを埋めるワークを紹介します!前を向いて理想を現実にしましょう。

理想と現実のギャップはあって当たり前

理想と現実のギャップがあるとネガティブな感情に陥りがちですよね。しかし、理想と現実は違って当たり前なんです。

伸びしろがある証!

理想と現実のギャップは「伸びしろがある証」と言えるでしょう。

 

今の現実よりも幸せな状態があると思うから「理想」があるんですよね。もし理想と現実が同じだったら、これ以上の幸せは達成されないことになります。完璧な人生を送れているのならば素晴らしいことですが、そんな奇跡は珍しいでしょう。

 

「理想と現実のギャップがある」ということは、「未来にワクワクできるという」こと。目標があった方が成長でき、刺激があって楽しいと感じる人も少なくないはずです。始めからすべてが満たされている人生よりも、ワクワクしながら自分で切り開いていく人生の方が楽しそうだと思いませんか?

 

理想と現実のギャップがあることは、必ずしも悪いことではありません。

自分を客観視するのは難しい

自分を客観視するのは難しいため、理想と現実のギャップはあって当たり前です。

 

自分のことは毎日のように鏡で見ていますし、自分の行動はすべて把握していますよね。しかし、自分のことだからこそ、視野が狭まり偏った見方をしてしまいがちです。

 

常に自分の動きを敏感に感じとるプロのスポーツ選手でも、練習では動画を撮影して自分のパフォーマンスを分析します。動画を撮って客観的な視点から自分を見つめ直すことで、やっと試合中は気づかなかった現実に気づけるのです。

 

改めて客観的に自分に向き合ったときに、理想と現実のギャップが生まれるのは当然でしょう。

自分を知るワークでギャップを埋めよう

ネガティブな感情を誘発しがちな理想と現実のギャップ。できることなら理想を現実にしてギャップを埋めたいものですよね。今回はそんな理想と現実のギャップを埋めるために「自分を知るワーク」を紹介します。

理想を定期的に書き出す

まず、自分の理想を定期的に書き出してみましょう。

 

具体的に理想を書き出してみると、様々なことが明らかになります。例えば、「こんなに完璧は人はいない」と気づくかもしれません。はたまた「意外と年々理想に近づいている」ことが判明するかも。

 

頭の中でモヤモヤしているままだと、「理想」は絶対に手の届かない絶望的なものに思えてしまいます。書き出すことで、理想に具体的な形を与え、目標として設定しやすくするのです。

 

また、この理想を書き出す作業は定期的に行うことをおすすめします。人の理想は日々変わるものです。1ヶ月前に理想と思っていた生活が、今の自分にとっては理想ではないかもしれません。または、1ヶ月前と比べて理想と現実のギャップが小さくなっているかも。普段見逃してしまいがちな成長を捉える機会になります。

 

「今」の理想と現実のギャップを知るために、定期的にノートとペンを取り出して理想を書き出してみてくださいね。

他人と比べるのをやめる

「他人と比べるのをやめること」も大切なことの1つです。

 

SNS社会の現代では、容易に他人と比べることができてしまいます。InstagramやTwitterでキラキラした生活・充実している生活を送っている友人の投稿を見るたびに、劣等感や焦燥感に襲われる人も多いはず。

 

しかし、他人と比べることは意味がありません。まず、SNS上に投稿される生活は彼らの現実ではなく理想であることがほとんどです。大抵「こうなれたらいいな」という理想をアピールするために投稿しています。

 

また、SNSで他人のすべてを把握することは不可能です。他人の努力や苦労はSNS上では分からないため、大して苦労もせずにいきなり成功したように感じるのです。これでは理想と現実のギャップがどんどん開いていくのも納得ですよね。

 

人と比べて「羨ましい」「なんで自分にはできないんだ」と落ち込む時間はもったいないものです。他人にむやみに振り回されないために、人と比べるのは今日で終わりにしましょう。

行動する

理想と現実のギャップを知ったら、次はギャップを埋めるために行動する必要があります。

 

まずは理想と現実を比較して、今の自分に足りていないことを見つけましょう。そして、一つ一つ着実に現実を理想に近づけていくのです。定期的に理想を書き出したとき、いつも変わらずにある理想から実現していきましょう。

 

例えば、1月には「2LDKに住みたい、恋人が欲しい」2月には「2LDKに住みたい、夢の仕事に就きたい」といった理想だった場合、まず最初に「2LDKに住みたい」という理想を実現するべきなのです。

 

少しずつ行動して、理想と現実のギャップを埋めていきましょう。

理想と現実のギャップを埋めて、もっと幸せな人生に

理想と現実のギャップに気づけたらそこがスタートラインです。理想に向けて努力を重ねることで、今よりもっと幸せな人生を歩めるでしょう。

 

理想と現実のギャップは、一生なくならないかもしれません。なぜなら次々に理想が変わっていくから。しかし理想に向かって行動し続ければ、人生がより良くなること間違いなしです。

 

ぜひ実践してみてくださいね。

あなたの使命・物語からお仕事を創りたいへ

受講者10,000人 突破!