『話すのが苦手』なお悩み、原因と克服法がわかればもう怖くない!

『話すのが苦手』なお悩み、原因と克服法がわかればもう怖くない!

スマートフォンが普及してLINE等のチャットツールを使う事も増えました。その背景でひと昔と比べ人と対面して話す機会が減ったように思えます。遠い距離にいてもいつでもやり取りが出来る時代ですね。しかし実際人に会うと何を話せば良いのかわからない、会話が続かないと悩む方も多いのではないでしょうか。なぜ話すのが苦手なのか、原因と克服法さえわかればもう怖くありません。

話すのが苦手な原因

話すのが苦手な原因

子供の頃から会話が苦手という方もいれば、何かのきっかけに苦手になってしまった方もいる事でしょう。なぜ自分は話すのが苦手なのか、克服するためにはまず原因を知る必要があります。

こちらでは、人と話すのが苦手な原因を一緒に見ていきましょう。

スマホの普及により人と直接会話する機会が減った

冒頭でも述べた通り、スマホが普及してLINEやTwitter等のSNSを通して会話をする機会が増えました。

スマホでやり取りをする場合、こう返そうかな、やっぱりこの言い方は失礼かな?と、頭の中で何度も構成を練った上で返事が出来ます。一定のテンポでやり取りをする対面での会話とは違いよく考えてから発言出来ますよね。

しかしこうしたやり取りは、会話のキャッチボールという意識がなくなります。スマホでの会話に慣れて、コミュニケーション能力が低下してしまうのです。

気が付けば人と話す事に苦手意識を持ってしまっているパターンです。

自分の発言で相手を不快にさせないか心配してしまう

自分の発言で周りを不快にさせてしまうのではないかと不安になり、言葉が詰まってしまうという方は多いと思います。

とても心が優しい方なのですね。優しいが故に相手を傷つけてしまうのでは、と自分の発言に恐怖を感じてしまうのでしょう。

この様に相手を思いやる気持ちを持った優しい方ほど、会話に苦手意識を持ちやすいのです。

話す事にトラウマがある

自分が話した会話で相手を傷つけてしまった、逆に「話すの下手だよね」等と傷つく言葉を言われた、人前でスピーチ等をして失敗した経験がある。

そんな風に過去の出来事をきっかけに、話すのがトラウマになってしまっている方もいるでしょう。

人間関係は傷つく事も多いですよね。心が優しい人だからこそ、過去の出来事を忘れられず苦しんでいるのだと思います。

ぜひともこれから紹介する克服方法を参考にしてみて下さい。

話すのが苦手を克服する方法

話すのが苦手を克服する方法
ここからは話すのが苦手というお悩みの、克服方法を見ていきましょう。

相手の話をよく聞く

話すのが苦手な方は自分が上手く話す方法ばかりを考えてしまいがちですが、会話のキャッチボールを成立させるには自分自身もしっかりと相手の話を聞く事が重要です。

真剣に話を聞く事で、相手も気持ちが良くなり貴方と会話する事が楽しくなります。また自分自身も自然と話がしやすい雰囲気になるのです。

話が上手い人は、共通して人の話を聞く事も上手いです。最初の一歩として、相手の話をよく聞く事から始めてみましょう。

上手く話そうと思わない

友人や職場の人と話すのに、上手く話そうと思う必要はありません。

テレビ番組で芸人さんたちが面白おかしく色々なお話をしていますよね。彼らは話のプロで、それがお仕事だからです。沢山の経験を積み学んできたからこそ、ちょっとした話もあそこまで面白く上手に話せます。

しかし我々は話に関しては言わば素人です。上手く話す必要なんてないのです。ましてやお相手もそんなプロレベルの話は求めていませんし、つまらない話をしても怒られる事もありません。

上手く話そうと意識するのではなく、相手の話をよく聞きこちらも自然体で会話を楽しむ。それだけで会話のキャッチボールは成り立ちますよ。
相手の話し方や相槌を真似する

話し方には人それぞれ特徴がありますよね。ぜひ実践してもらいたいのが、相手を真似する事です。

人は自分の話し方や相槌を真似されると、自然に心を開きやすくなる傾向があります。子供が遊びの中で行うバカにした様な真似をしろと言っているわけではありませんよ。

例えば「うんうん」や「なるほどね」といった相槌をする相手には、自分も同じような相槌を打ったり、丁寧な言葉遣いをする相手には自分も丁寧な言葉遣いで返す、といった事です。

対面で会話する場合は話し方が重要です。話す内容をベースに考えるのではなく「どう話すのか」を意識してみましょう。同じように「どう聞くのか」も重要です。この2つを意識することで、会話が続けられる様になります。

話が上手な人を観察してみる

身近な人に話すのが上手い人はいませんか?もしいれば、その人の話し方をよく観察してみましょう。

話の盛り上げ方や言葉の使い方等、よく観察して自分も真似てしまえば良いのです。また話の聞き方もよく観察して下さい。

先ほども述べた通り、話が上手い人は聞くのも上手いです。会話を盛り上げる方法や周りが楽しくなる術を知っているからです。聞き上手な相手はこちらからも話しかけやすいですよね。ぜひ積極的に話しかけ、話上手な方のスキルを身に着けてみましょう。

たった36分間の動画講座で学べる
ゼロから
Zoom起業の仕組み&

電子書籍3つの特典をプレゼント