アファメーション効果で顔が変わる!整形なしで理想の顔に

Facebook広告で集客するには?重要性と効率アップのコツについて解説

Facebookのアカウントはあるものの、最近は利用する機会が減ったなぁと感じてはいませんか?

最近はLINEやTwitterを使っている人も少なくないでしょう。

しかし、FacebookはSNSの中で最も広告効果が発揮できるのです!

そこで今回の記事では、Facebook広告での集客について詳しく解説します。

これからFacebook広告を始める方や広告成果を上げたい方の参考になれば幸いです。

そもそもFacebook広告とは?

Facebook広告では、

  • 投稿を拡散する
  • Facebookページを拡散する
  • 有料のFacebook広告を利用する

の3種類があります。

投稿の拡散は、自分のFacebookアカウントに掲載したり個人フィードに投稿したりして広告する方法です。

投稿のする度に反応をチェックして、内容を変更します。

 

一方、Facebookページを拡散する場合、「1つの投稿ページ」として発信します。

毎回新しく更新する必要はなく、週に1回の頻度での編集で問題ありません。

とはいえ、明確なペルソナを設定する必要があります。

 

有料の広告を利用する場合は、Facebookのアカウントを持っていればお金を払うだけで始められます。

フィードの間やサイドバーに広告が表示することが可能です。

「投稿」や「Facebookページ」との違いは、アカウントで友達になっていないくても投稿を表示できる点。

有料広告を利用すると、興味を示しやすい内容や関連する情報を持つユーザーに対して配信できます。

その結果、CV率(コンバージョン率=広告の成果率)を上げやすくすることが可能です。

では、これらはどのように使い分けられるのでしょうか。

たとえば、とあるイベントがあった場合。

投稿で拡散する場合は、イベントの意気込みや参加した感想を投稿します。

Facebookページを拡散するなら、イベント自体の告知です。いつどこで何が行われるかといった詳細が記載されたページになります。

つまり、投稿のメインが「アカウント」なのか「イベント」なのかによって使い分けられるわけですね。

ただし、これらは友達関係になっている相手にしか表示されません。

有料広告を利用るすることで、不特定多数のユーザーに情報を届けることができ、告知を拡散できます。

Facebook集客の重要性

Facebook集客が重要と考えられる理由は、「SEOに強い」ことと「信頼性がある」ことです。

まずはそれぞれの特徴をご紹介しますね。

SEOに強くWeb検索結果の上位に表示されやすい

Facebookのページは、Web検索結果の上位に表示されやすいです。

Facebookと他のSNSを比較するとわかりやすいですね。

 

そもそもSNSのページが検索結果に表示されることはありませんが、Facebookだけは例外です。

たとえば、自社を検索した場合。

Webサイトが表示されるのはもちろんですが、結果内にあるSNSをチェックするとFacebookのみのはずです。

 

そのためFacebookの投稿から、新しい顧客を増やしやすくなりますよ。

実名登録が必要なため信頼できる

Facebookは実名の登録が必須なので、信頼されやすいSNSといえます。

その他のSNSでは実名で利用している方が少ないです。

たとえば、自社のFacebookページにコメントが付いている場合。

本名で利用しているFacebookのコメントと、TwitterやInstagramのようなニックネームを使ったコメントなら、どちらを信頼しますか?

ほとんどの方が実名であるFacebookと答えるでしょう。

つまるところ、Facebookを活用することで他のSNSでは得られない信頼感を演出し、より多くの新規顧客を獲得しやすくなるのです。

ただし更新頻度によって信頼度は変わる

集客効果の高いFacebookですが、必ずしも利用しなければならないわけではありません。

ただ、利用したほうがより顧客を獲得できるということです。

ただ年に1回・半年に1回といったスパンで更新するなら、利用は避けたほうが良いでしょう。

更新頻度が低い投稿を見られると、不信感が生まれてしまうのです。

そのためFacebookでの集客は1週間に1回、または1ヶ月に1回ほどのスパンで更新しましょう。

有料のFacebook広告を始めるには

有料のFacebook広告を始めるには、

  1. 支払いの設定
  2. キャンペーン設定

などが必要です。

Facebook広告の支払いは、クレジットカードのみ。そのため、クレジットカードの情報を事前に登録する必要があります。

クレジットカードの登録が完了したら、続いてはキャンペーンの設定です。

キャンペーンの設定では、配信内容や費用・ターゲットなどを細かく決めます。

訴求する内容に合わせて、できるだけ効果が出るように設定しなくてはいけません。

Facebook広告の集客を成功させるコツ

Facebook広告の集客を成功させるコツは、以下のことが挙げられます。

  • 宣伝感を出しすぎない
  • 最新の情報を記載する
  • 投稿回数を制限する

それぞれしっかりとチェックしておきましょう!

宣伝感を出しすぎない

宣伝感を出しすぎると、逆に顧客がつきにくくなります。

なんども同じ広告を見ると、イラッとしませんか?

広告感の強い訴求にすると、顧客は興味を示しませんし、敬遠されるケースも少なくありません。

宣伝を入れつつも顧客が「悩みや不安を解決できる」「試してみたい!」と感じられる訴求内容を意識してみてください。

最新の情報を記載する

プロフィールや社内情報は、最新の状態にしておきましょう。

とくに店舗の住所や電話番号、定休日といった情報は必ず最新の状態にしていてください。

お店の信頼に関わりますし、一歩間違えればクレームになりかねません。

せっかくあなたのFacebookページに来てくれたのに、「怪しい」と思われてしまっては新しい顧客を増やすことができませんからね。

有料のFacebook広告を利用しているのなら、急な店休や駐車場の案内といった店舗情報も常に最新しておくことは重要ポイントですよ。

投稿回数を制限する

Facebook広告は表示する回数を制限しましょう。表示回数が適切でないと、逆効果になることがあります。

広告を配信する際にある程度は設定できますが、はじめてとなると「いっぱい表示したい」と考える方も少なくありません。

ですが、広告を運用しながらユーザーの反応をチェックするなど、テストをしながら適宜変更することをおすすめします。

Facebookは、TwitterやLINEのようなリアルタイムの情報を載せるSNSではありません。

どちらかと言うと、ブログやInstagramに近いですね。

そのため、チェックする人からすれば頻度が多いと敬遠されてしまうのです。

Facebook広告は集客がしやすい!まずは最新情報に!

今回の記事では、Facebook広告における集客について解説しました。

Facebookページは検索結果で上位に表示されやすく、読者の目に止まりやすい媒体。

広告での集客に最も向いているSNSともいえます。

Facebook広告は最新の状態を保ち、定期的な更新をすることが大切です。

さらに、Facebook広告を利用するなら

  • 宣伝感を出しすぎない
  • 最新の情報を記載する
  • 投稿回数を制限する

といったコツも忘れないでくださいね。

Facebook広告から効率よく集客するためにも、まずは自社の情報を最新にして読者の興味をそそる訴求内容を心がけましょう。

電子書籍3つの特典をプレゼント