【超簡単】即効でお金を引き寄せる方法・マインド6選

多くの成功者や資産家に共通しているのが、「お金を引き寄せる方法」を知っていることです。いくらお金を愛していても、ただがむしゃらに働くだけでは中々貯金できません。

 

そこで今回は「お金が貯まらない人の特徴」や「即効でお金を引き寄せる方法・マインド」について解説します!

お金が貯まらない人の特徴

「もっとお金を引き寄せたい」「お金に愛されたい」という願望は、多くの人が抱えています。しかし現実には「お金への片思い」で終わってしまってしまう人が少なくありません。

 

猛烈アプローチをしているのに、一向にお金に振り向いてもらえない理由はどこにあるのでしょうか。

お金への抵抗感

お金に執着する人を「ケチ」「守銭奴」などと揶揄することがよくあります。しかしお金をジャンジャン引き寄せる成功者は、誰よりもお金を愛し、お金を稼ぐための知識を理解している人物です。

 

日本では、資産運用や節税等「お金の知識」を十分に学べる環境が整っていません。そのため、お金に対しての抵抗感が強い人からは、どんどんお金が離れていってしまいます。

浪費癖がある

当たり前の話かもしれませんが、稼いだお金を際限なく使ってしまう浪費癖は、お金を貯まりにくくします。ブランド品やギャンブルを好む方は要注意。ブランド欲やギャンブル欲は上限がなく、一度ハマってしまうと湯水のようにお金を使ってしまいます。

 

お金を貯めるためには、収入を増やすことはもちろん、出ていくお金を減らすことも大事です。

 

自分に自信がない

心理学では「自分に自信がない人ほど浪費癖がある」と指摘されています。高価なブランド品で身の回りを固め、自信のなさをカバーしようとするわけです。

 

そのため、自分に自信がない人はお金が貯まりにくい傾向があります。

お金を引き寄せるのはマインド

「お金をグングン引き寄せられる人」と「お金にフラれてしまう人」。両者を大きく分けるのは、お金に対するマインドです。お金が貯まらない人の特徴として挙げた「お金への抵抗感」「浪費癖」「自信のなさ」はいずれも自分自身のマインドや考え方の問題だということが分かります。

 

こうしたお金の「非モテマインド」から脱却し、「モテモテマインド」を身に付けることが、即効でお金を引き寄せる方法です。

 

取るに足らない精神論のように聞こえるかもしれません。しかしメンタルやマインドは、現実に大きく影響するものです。

 

例えば、ポジティブで挑戦心や積極性のある人物と、ネガティブで他責性の強い人物。多くの方が「一緒に仕事をしたい!」と思えるのは前者のはずです。結果的にポジティブなマインドをもつ人物は昇進しやすく、人望も厚くなります。メンタルが前向きであれば、仕事のパフォーマンスも向上します。

 

このように、内に秘めた性格やマインドは周囲を巻き込み「お金」や「成功」という形で本人に還元されるようになるわけです。一流の実業家やアスリートがマインドやメンタルを大切にしているのはこのためです。

即効でお金を引き寄せる6つの方法

「お金を引き寄せるためにはマインドが重要であること」を理解いただけたのではないでしょうか。それでは、お金を引き寄せる具体的な方法やマインドについて解説します。

お金に対するイメージを変える

まず一番にすべきことは、お金に対する偏見を取っ払うことです。「お金に執着するのは醜い人間だ」という思い込みは、お金に嫌われる大きな原因になります。

 

お金が好きな事を恥じる必要はありません。過去成功した実業家やビジネスマンの多くは、お金を愛し、お金を引き寄せる努力をし、貪欲にお金の知識を身に付けたからこそ成功しているわけです。

 

まずはお金に対するネガティブなイメージをなくし、お金に対する情報や知識への抵抗をなくしていくことが必要になります。

 

お金の使い方を考える

浪費癖は、お金持ちへの道を閉ざす要因です。しかし、お金を使うこと自体が悪いわけではありません。お金を有意義に使うためには「浪費」と「投資」を分けて考えなければなりません。

 

ギャンブルや不要なブランド品を次々と購入してしまうお金の使い方は、浪費に当たります。浪費をすれば一時の幸福感を得られるかもしれませんが、長期的にみればムダ遣いになってしまいます。

 

一方投資は、払った金額以上のリターンを期待できるお金の使い方です。株や不動産などの資産運用はもちろん、知識を深めるための書籍代や学費、身だしなみを整えるためのサロン代等も考え方によっては投資になり得ます。

 

資産家は浪費に対しては恐ろしくケチですが、投資にはジャンジャンお金を使います。払った以上のお金が、戻ってくることを理解しているからです。

減ったお金より得たものを意識する

大きなお金を使うと、つい「またお金が減っちゃった……」と気に病んでしまうことはありませんか?確かに浪費には注意すべきですが、マインド次第では浪費を投資に変えることも可能です。

 

例えば漫画本を購入したとしましょう。一見浪費に思えますが、登場人物の言葉や行動から教訓を得て、ビジネスの糧にできるのであれば、立派な投資になります。

 

同じように、あらゆる経験は考えようによって投資に変えることができます。お金を使ったら「得たものをどう活かすか」考える癖をつけましょう。

アファメーション

自己暗示の一種である「アファメーション」も時には有効です。理想的な状況や目標を言葉にすることで、潜在意識を書き換える効果があります。

 

例えば「私は成功に向かっている」と毎日口に出すことで、脳が暗示にかかり、実際に成功者のようなメンタルや思考に近づくことができます。

 

プロサッカーの本田圭佑選手も取り入れている方法なので、ぜひお試しください!

感謝と余裕

お金を引き寄せる人に共通しているのが、心の余裕です。焦燥感や不満といった負の感情は、心の中に留まらず、その人の人相や雰囲気に表れます。したがって、常に感謝や満足といったポジティブな感情で己を満たしてあげることが重要です。

 

失ったことを嘆くより、今あることに感謝できるメンタリティを養いましょう。今まで健康に生きてこられたこと、おいしいご飯を食べられること、優しい家族や友達に恵まれていること。こうした「当たり前」への感謝を忘れないようにしましょう。

 

先にお金の使い方を決める

先にお金の使い道を決めておくのも有効です。「なんとなく痩せたい」でダイエットが成功しないのと同じように、「なんとなくお金持ちになりたい」という曖昧な目標ではお金にモテることはありません。

 

最初に具体的な用途や金額を想定しておくことで、稼ぐための方針が明確になり、より目標を達成しやすくなります。「来月までに新しいパソコンを買うために〇〇円貯める」などと設定しておくと良いでしょう。

マインドチェンジこそお金を引き寄せる方法

マインドを変化させることこそ、即効でお金を引き寄せる方法です。お金にモテるマインドを作るためには、今回お伝えした方法を、毎日繰り返して習慣化していくことが重要。どれも今日から実践できる簡単な方法なので、ぜひお試しください!

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

受講者10,000人 突破!