メルマガスタンドのメリット・デメリット・効果的な使い方を公開!

 ゼロから30〜50万円を
一刻も早く売上たいあなたへ

たった36分間の動画講座で
オンライン起業の仕組みが学べます。

ご登録いただきますと以下の3つの特典
をはじめ
会員サイト丸ごと
プレゼントしております。

特典❶たった1つの動画でマスターできる
「Zoom使い方完全マニュアル
特典❷あなたの人生を好転する
ものがたり起業大百科
特典❸人生逆転!あなたの
シンデレラストーリーテンプレート

プレゼントを受け取る

 




どうも

皆倉です。

いつもみてくださり感謝いたします。

 

 

みなさん、メルマガスタンドって知っていますか?スマートフォンを使っている方なら一度は目にしたことがあるでしょう。

またマーケティング業務やアフィリエイトなどのインターネットビジネスを行なっている人は、使いこなしているかもしれませんね。

メルマガスタンドはメール作業を自動化することのできる、ビジネスを行うにあたって欠かすことのできないほど便利なツールの1つです。

これを使ってメール作業を自動化をすることで業務の効率が向上時間の節約につながります。

今回はインターネットビジネスを行なっている方やこれから始めようとしている方に向けて、メルマガスタンドのメリットやデメリット、おすすめのメルマガスタンドをご紹介していきますね。

 

 

メルマガとは

 

まずメルマガとは自社や個人から複数のクライアント宛に一斉配信できるメールのことです。

ビジネスを行う上で、企業でも個人でも発注や受注、また扱う商品やサービスを問わず、なんからの形でクライアント関わる機会があるでしょう。あなたのビジネスや会社はどうでしょうか。

なんらかの形でクライアントと関わっていますよね。そんな時にメルマガは非常に利便性の高いツールです。

クライアントとの関係を構築する際や新たなクライアントを発見する際に自動化されたメール配信で集客できれば効率的ですよね。

 

 

メルマガスタンドとは

こちらはメールマガジンの配信や発行を行うメール配信システムのことで、別名ASPとも呼ばれています。また手軽に無理で利用できるものから高性能な有料なものまで様々な種類があります。

企業や個人が情報発信する際やアフィリエイト広告の収入のために利用されることが多いシステムです。

最近はインターネットやスマートフォンの普及で個人でもビジネスを行う人が増えてきた関係で、以前よりも注目されているツールの1つになっています。

メール作業が自動化されたら大きな時短に繋がり作業負担も軽減されますよね。

 

 

メルマガ配信を行っている企業は?

では実際にメルマガを配信している企業はどのくらいいるのでしょうか。

総務省から発表されている、企業における情報通信サービス利用状況についてのあらゆる調査結果が記載されている「平成28年通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、インターネット広告を導入している企業は全体の25%を占めています。

つまり4社に1社の割合でインターネット広告を利用していることになります。またそのうちメルマガを利用している企業は9.5%で、インターネット広告を利用している企業の中でもメジャーな手法の1つであるということになるでしょう。

 

 

メルマガスタンドで何ができるのか

メルマガスタンドでできることは大きく分類すると3つあります。

1つ目が商品やサービスの販売促進です。企業や個人の商品やサービスをメールで紹介することで購入や利用をクライアントに対して訴求する効果があります。クライアントが商品やサービスを目につく機会を増やすことで間違いなく購入や利用に繋がります。

2つ目が企業や個人の知識やノウハウを提供して教育や啓蒙活動を行うことです。クライアントは有益な情報を企業や個人から得ることができれば企業や個人の評価は高くなりますよね。

3つ目がメルマガによって自社や個人のファンを獲得・育成商品の再購入やサービスの継続につながることです。自社や自身の商品やサービスに当てはめてみて下さいね。役立ちそうではないでしょうか。

 

 

メルマガスタンドのメリット

多くの企業で、なぜメルマガスタンドが利用されているのでしょうか。また様々なマーケティング手法が存在する中でなぜ10%近い比率でメルマガスタンドを利用するのでしょうか。

それはメルマガスタンドに様々メリットが存在するからです。次はメルマガ配信のメリットについてご紹介していきます。

 

1 能動的なPV(ページビュー)

1つ目が能動的な情報発信が可能なことです。アフィリエイト事業をしていて検索エンジンから自社のウェブサイトにクライアントを集客することを例にしましょう。

クライアント側が検索エンジンを辿り、そこからこちらのサイトに訪れてくれている場合は受動的なPV(ページビュー)ですよね。つまり、これはクライアントを待っている、「プル型」ですね。

それに対し、メルマガスタンドはクライアントにダイレクトなアクションを喚起させることができます。配信したメルマガをクライアントがみてサイトに訪れたことに成功した場合、これは能動的なPV(ページビュー)になりますよね。

つまりこれは「プッシュ型」と言えるでしょう。またサイトに訪れてくれたということはクライアントがサイトに期待感などポジティブな印象をもっているということでしょう。

またはメルマガを見たことによってサイトに期待感を持ったということ捉えることができるでしょう。

「プル型」のサイトやSNSによる情報発信と「プッシュ型」のメルマガスタンドによる情報発信を効果的に活用することが重要になります。これによって見込み客の発見に繋がったりクライアントとの関係性の構築つながります。

 

2 タイムリーな情報発信

クライアントに認知してもらいたい情報をすぐに発信できる点もメリットでしょう。

例えばポジティブな例だと、ウェブサイトにお得な情報を後悔した時や新商品を入荷した際、オススメのサービスを開始した際などです。

例えばネガティブな例だと、ウェブサイトのアクセスエラーや欠陥商品の発見、不正なサービスをお詫びなどです。

ポジティブな面でもネガティブな面でも、直ぐにクライアントに情報発信したい場面は多々ありすよね。そんな時に大きなメリットをもたらすでしょう。

 

3 クライアントとの親和性

ビジネスを行うにあたって、クライアントとの関係構築や関係性の維持は重要ですよね。それを実現させるためにはクライアントとの接点を増やすことが重要です。

接点が多いことでクライアントに認知されたりファンになってもらえることがあるでしょう。メルマガスタンドはメールの配信のみでクライアントと接触するので、この接点を手軽に作りやすいというのもメリットになるでしょう。

自分がクライアント側だった場合、メールをくれない取引先よりも頻繁に情報をくれる相手なら信頼・信用・安心などポジティブなイメージを持つででしょう。

さらに有益な商品やサービスの情報は、それらへの理解や関心をえます。つまりクライアントとの親和性が高まります。

 

4 コスパを抑えた情報発信

ビジネスを行う上で、支出は最低限したいですよね。ウェブ広告を掲載する場合は、その広告によって大きさや表示することのできる有効期限、費用が異なります。

しかしメルマガスタンドのを利用する際にかかるのはほとんど文章の作成にかかる労力のみです。ウェブ広告よりも手軽に広告を打ちたい方にとっては大きなメリットになるでしょう。

また事務作業員のようなメール担当者を置くよりも自動化することでコスト削減に繋がります。

 

 

メルマガスタンドのデメリット

様々なメリットをご紹介してきましたが、その一方でデメリットももちろん存在します。

メルマガスタンドのでマーケティング新規クライアントの開拓や既存のクライアントとの継続的な関係性の構築を行いたいのであれば、デメリットにおいても理解する重要性があります。

 

1 未読の可能性

みなさんは、企業や個人の取引先からのメールは全て目を通していますか?重要そうなものだけチェックするという方も多いのではないでしょうか。同様にクライアントも未読の可能性は大いにあります

メルマガスタンドの活用には様々が必要ですが、特にライティング能力は最も重要でしょう。タイトルや見出し、リード文でクライアントの興味を引くことができなくれば未読になるでしょう。

興味を引けないメルマガが頻繁に配信されると煩わしく感じてしまうこともあるでしょう。みなさんもメルマガが煩わしいと感じたことはあるのではないでしょうか。

さらにそれが続くと、その企業や個人の信頼・信用・安心などの感情もネガティブに変わりクライアントは離れていくでしょう。

 

2 コンテンツは一回きり

サイトに掲載する情報や記事は継続して残るので、念入りにリライトや修正が行われるでしょう。しかしメルマガスタンドはサイトの情報や記事よりもラフに執筆されることが多いのです。

サイトは資産になると言われることが多く削除しない限り半永続的に存在しますが、基本的にメルマガは一度きりの配信で資産として重要視されない傾向が強いからです。

メルマガスタンドは手軽にクライアントに届いてしまう分、送ったクライアント全員に開封される可能性もあり一回のミスが致命的になる可能性もあるので注意しなくはいけません。

企業や個人のビジネス存続の危機や最悪のケースでは負債を抱える可能性もあるでしょう。

 

3 集客が必要

みなさんにメルマガが配信されるのは基本的にメールアドレスを登録したビジネスのみですよね。つまり最初はクライアント側に登録してもらう必要があります。

ある程度の集客がある状況でこそ、メルマガスタンドはメリットになるでしょう。そのため集客ができていない状況でメルマガを配信するのは非効率的な手法になるでしょう。

 

 

メルマガスタンドの効果的な使い方

メルマガスタンドを利用する際はクライアントは「何を求めているのか」こちらは「何を提供するのか」について明確にすることが重要です。

つまりそのビジネスはどのようなコンセプトなのかが重要なってきます。先ほどご紹介したメリットやデメリットを考慮しつつ決めていきましょう。

 

1 ユーザー参加型

メルマガによらず、自身が主体的に物事に参加することができなくれば、人は離れていく傾向が強いです。逆にクライアントが参加型のメルマガスタンドはクライアントが離れにくいでしょう。

アンケート機能やクライアントの意見が反映されるような仕組みにすることでクライアントがそのビジネスに参加しているという主体性を与えることができます。

 

2 データに基づく改善

顧客データの活用はビジネスに欠かすことができません。

メルマガスタンドでは、PVのうち何人が登録してくれたか。配信したメルマガがどのくらい既読か。サイトのPVはどのくらい増えたか。メルマガに記載したリンクはどのくらいクリックされているか。などの顧客データに基づく改善は重要です。

データや実例はクライアントの行動のエビデンスを示す手がかりになるからです。

 

 

まとめ

以上が今回のメルマガスタンドの解説・メリット・デメリット・使い方でした。様々な視点から解説していきましたが、それぞれのポイントを抑え理解することで効果的なマーケティングになることは間違い無いでしょう。

ぜひみなさんもメルマガスタンドを実践してみて下さいね。

 

 

それでは今回も最後までご覧くださり
心より感謝いたします。