その悩みの原因「インナーチャイルドの傷」かも?7つのサイン

内なる子供の傷に苦しんでいるサインとして、以下の7つが挙げられます:

  • 過剰な反応や反応性:自分を抑制する方法が見当たらず、周囲の人々に対して攻撃的である場合。反応と対応の違いを理解することが難しい。
  • 依存症:現実逃避のために飲酒や薬物などの物質を使用し、過度に依存している。
  • つながりの問題:子ども時代の関係で傷つき、同じパターンを繰り返してしまい、健全な関係を築くことが難しい。
  • 自傷行為:感情を言葉で表現することが難しいため、自傷行為を行うことで感情を押し込める。
  • 未処理のトラウマ:虐待や心のケアがなかった場合、過去の痛みが未処理のまま残っている。
  • 食事障害:食べ物をコントロールすることで自己コントロールを取り戻そうとする。
  • 関係の問題:過去の関係の影響から、健全な関係を築くことが難しくなっている。

これらのサインがある場合、内なる子供の傷を癒す必要があることを示しています。

 

その悩みの原因「インナーチャイルドの傷」かも?7つのサイン

 

今日は、その悩みの根源、「インナーチャイルドの傷」かもしれない
7つのサインについて話します。

実はあなたが今悩んでいる課題がずっと解決しない理由は「インナーチャイルドの傷」

にあって、そこから何度も発生してしまうのかもしれません。。。

それでは、それではさっそく始めましょう。

 

1つ目のサイン 摂食障害

 

  • コントロール:インナーチャイルドの傷は、子ども時代に経験したトラウマや心の傷から生じる場合があります。食べ物をコントロールすることは、自分自身をコントロールできる唯一の方法と感じることがあります。
  • 自己価値:が低くなったり、自分を嫌いになったりすることがありますが、食べ物の摂取や体重管理を通じて、自分に対する否定的な感情を抑えようとする場合があります。

 

過去の痛みや感情に向き合うことが難しい場合があり、食べ物や体重に執着することで、感情を抑え込もうとする行動が生じるかもしれません。

  • 自己罰的な行動:というものもあります。自分に対して罪悪感や罰を与える傾向がある場合があります。食べ物の制限や自己嘔吐などの自己罰的な行動が摂食障害として表れることがあります。
  • 安全な場所の欠如:子ども時代に安全でサポートのある環境に恵まれなかった場合、食べ物や体重に執着することで、一時的に安心感を得ようとすることがあります。

 

これらの理由により、インナーチャイルドの傷が摂食障害の発症や維持に影響を及ぼすことがあります。摂食障害の治療においては、過去のトラウマや傷を理解し、それに対処することが重要となります。専門家のサポートを受けることで、過去の傷を癒し、健康的な食事行動と自己イメージを築くことができるでしょう。

 

2つ目のサイン  過剰反応

「過剰反応」とは何か?ですが 何かが私たちの人生で起こったとき、 判断して対応する余地がないということです。対応するのではなく反応してしまう。そしてそのような機会が多いということ。

反応と対応の間には大きな違いがあります。

例えば、誰かが私に質問をしてきたとします。 私が反応的に「なんでそんなことを聞くの?」と言ってしまったら、それは反応です。 私は感情的になっています。質問を受けた瞬間から 言葉を発するまでの間に何の余地もありません。

 

 対応なら、「それについて考える時間が必要です。後で連絡します」とか、 少し休憩して考えてから「実はそれは私は好きではないです。他の方法を教えてください」と言ったりしますね。しっかり判断すること、空間を与えることで、 反応ではなくなります。 私たちが過剰に反応的でこれが頻繁に起こる場合、すべてがうまくいかず、誰もが私たちをイライラさせる日々だ、、、 と考えることがあります。

そんなことを感じることが多くある場合は要注意です。

 

 例えば、通勤中に誰かが急に前に割り込んできたり、 レストランで注文したコーヒーが間違っていたりする日です。 

 

内なる子供の癒しをしてあげる必要がある時、 

 

このような気持ちになっているケースが多い場合です。 

あなたはいかがでしょうか?

 

3つ目のサイン、自傷行為

自傷行為も私たちが言葉にできない何かを表現するために行うことがありますし、無感覚にするために行うこともあります。私は実際に、自傷行為を経験している人々から、それが自分が感じている感情の痛みを物理的に感じる手段であったり。また、自分自身をケアする手段として使っているという方もいます。

 

例えば、親が無関心だった場合、私たちが泣いて親に頼ったとしても、抱き上げてくれなかったり、傷を手当してくれなかったりした場合、多くの人はそのケアと愛情を必要とするでしょう。だから私たちは自分を傷つけて、それからその傷を清潔にし、自分が望むような方法でケアすることがあります。

それが、子どもの頃に感情的な無視を受けた人々が自傷行為に走ることが非常に一般的な理由です。なぜなら、その感情を持つことや表現することが許されなかったかもしれないからです。

 

これらは他の問題に対する対処スキルであり、本当の問題を隠すために使われます。

4つ目のサイン、「過剰な愛」「孤立的愛」

初めて誰かに会ったときに、私たちは情報を過剰に共有してしまい、 彼らを親友だとか、人生の愛だと思ってしまうことがある場合です。

 

また反対もそうです、逆に愛着がうまくできない場合もあります。 孤立し、人々を遠ざけてしまうのです。 「彼らが近づきすぎると、私を傷つけるかもしれないから」と思ってしまうのです。 これらの愛着の問題は、内なる子供の癒しをする必要がある明確なサインです。 

 

内なる子供の癒しを考えて見ましょう、

 

もしかしたら私たちの両親を信頼できなかったのかもしれません。 もしくは、彼らがヘリコプターペアレント(過干渉な親)だったかもしれません。 どちらの極端も、私たちが後の人生で愛着の問題を抱える原因になります。 ですから、私たちは過去に戻り、その若い時期の自分に耳を傾ける必要があるのです。 これは少しオカルト的な感じがするかもしれませんが、理解できるはずです。 これについて進めていきます。何か質問があれば、コメントにお書きください。

5つ目のサイン 人間関係の苦労の多さ

関係の難しさ 私たちがこれらの早期の関係から癒されないとき、 通常は親との関係ですね。 もしくは祖母や主な保護者との関係です。 それらの関係から癒されないとき、 同じパターンや物語で行動し続けることがあります。 

 

次は違う結果になると期待しているのですが、 残念ながら違う結果にはなりません。 パターンやストーリーは、この作業の非常に重要な部分です。

同じパターン。この場合。

 

昔の関係を振り返ることが大切です。 これは親や身近な家族との関係についてかもしれませんが、 それはトリガーになりやすいかもしれません。 

 

終わった友情や上手くいかなかった恋愛などを振り返ると良いでしょう。 それらの関係で何かパターンが見えてきたかどうかを見ることができます。 

 

例えば、

 

家族の誰もが決して正直な思いを表現しないというもので、 それを深く心の奥に押し込め、 非積極的な方法で振る舞いながら対処している、とします。 

 

それなら、過去の関係を振り返ってみて、 同じようなことが起こっているか見てみると良いですね。 自分が非積極的な方法で行動しているか、 自分の気持ちを伝えるのが苦手かを見てみてください。 過去の関係のパターンを振り返ることで、 それを認識し、繰り返さないようにすることができます。

 

これに加えて、関係において次のような問題が生じることもあります。 例えば、過剰に「人を喜ばせようとしてしまう」ことですね。

 

 内なる子供の傷がある場合や虐待的な家庭で育った場合、 私たちは自分を守るためにぺこぺこすることがあります。 たとえ今は虐待的な関係にはないかもしれませんが、 他の人々との関係で簡単に喜ばせようとしてしまうことがあります。 それが私たちにとって唯一の安全な方法だからなのです。 だから、自分がそうしているかどうかに注意してください。 

 

また、愛を得る唯一の方法が「他の人を助けないと、自分は愛される資格がない」と感じててしまったり、「自分をきちんと扱ってもらう資格がない」と考えることもあります。 

 

虐待的な家庭で育った多くの人が後にまた虐待的な結婚や関係に陥ります。
「なぜそうなるんだろう?虐待されるのが好きだから?なぜこれが何度も繰り返されるんだろう?」と思うことがあります。 それは、心の奥底では、自分にきちんと扱ってもらう資格がないと信じているからかもしれません。 

 

「待てよ、これは信じられない。不思議だ。彼らは私を安心させておいて、後で傷つけるつもりだ」と思ってしまうかもしれません。

このように思っていることが実現してしまう。

 

 自分がただ存在するだけで十分でないという信念を抱えているためです。 

 

この信念はとても重要なポイントです。

もちろん、過去の関係がどのように自分に影響を与えているかについて考えてみてください。 そして、それが現在の関係にどのように影響しているかに気づいてみてください。

6つ目のサイン 依存症

 

自分の思考が嫌いだったり、自分がどう感じているか、または思い出が浮かんでくるのも嫌だったりするからお酒や薬に依存してしまうという傾向です。過去の痛みや経験から無感覚にするために使うことがあります。無感覚にしたい理由はさまざまですし、過去に何があったかによっても異なります。

 

ただ、現実を変えたり意識を失わせるような物質を使うことは、私たちが経験したことを感じることや処理することを助けるわけではありません。むしろ、私たちにさらなる問題を引き起こし、痛みをさらに押し込めてしまい、後で爆発させる可能性があります。

 

感情を押し込めて気づいていないつもりでも、体はそれを押し込めたり、逃げたりすることはありません。体は「もう我慢できない!」と言って、押し込めたり逃げたりしていた感情が一気に出てきてしまいます。

 

7つ目のサイン、虐待の記憶。

 

過去の虐待の記憶は依然として虐待となり得ます。例えば、誰かが言葉で私たちを怒鳴ったり、侮辱したりする場合、親が私たちにケアを示さなかった場合や、泣いて親に頼っても「邪魔だ、そんなに大げさにするな。うるさい」と言われたり、私たちが自分らしくいることは許されなかった場合、私たちは支援されていないと現在でも感じてしまうでしょう。もしも私たちがそのような経験によってフラッシュバックや記憶、行動がある場合、それは内なる子供の傷から苦しんでいるサインになるでしょう。

 

内なる子供の傷を癒す方法

 

それでは、どうやって癒すのでしょうか?内なる子供のワークに関するさまざまな本を手に入れて、若い自分と再びつながることが大切です。それは、その若い自分に気づいて、聞いて、理解し、何よりもケアをすることを目指すものです。過去を変えることはできませんが、過去を現在として受け入れないようにし、自分の行動を変えて、そのパターンから抜け出す努力をすることができます。

 

失敗した関係や望まない結果となった状況を振り返る時間を持つことも大切です。私たち自身がその中で果たしている役割に気づくことができれば、「何度も同じことをして、結果が悪くなる要因となっていることは何か?」と考えることができるでしょう。それに気づくことができれば、それを変えることができるでしょう。

 

トレーニングは非常に不快で、練習と努力が必要ですが、しっかりとトレーニングしていくことで以前の行動を継続することはないかもしれませんし、まだやりたい部分もあるかもしれませんが、その少しのコミュニケーションは重要です。

 

それによって、新しくて健康的な行動への橋がゆっくりと築かれていくのです。また、自分が特に厳しい状況だった時期の自分の写真を手に入れることも役立ちます。

 

大人になった今、私たちは子どものころにどれだけ選択肢が少なかったかを忘れがちです。私たちは子ども時代の自分を振り返り、自分自身を判断したり、怒りを感じることがありますが、それもかまいません。それはプロセスの一部です。

 

しかし、時にはそれらの写真やビデオを見ることで、自分がその時にどんな気持ちだったかを思い出す手助けになります。また、ジャーナルを書いたり、大人の私自身から子どもの自分への手紙を書いたりすることも、内なる子供の傷から癒されるのに役立つ方法です。

 

あなたの商品の最もコア、セミナーを制作いたします。
是非こちらから詳細を確認ください。

詳細はこちら