Zoomの使い方ガイド|今さら聞けないZoomの使い方を徹底解説!

オンラインでいろいろな人とコンタクトを取りたいけれど、アカウントを作ったり管理するのは少し面倒だなぁ。と感じている方はとても多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、Zoomというオンライン会議ができるサービス。

今回の記事では、Zoomの概要や初めての人でも簡単に利用できる手順を3ステップでご紹介します。また主催者として利用する場合の手順も合わせて解説しますよ!これからオンライン会議を始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

Zoomの使い方や活用方法その他の記事はこちら

Zoomを使って起業するには?0から始めるZoom起業の手順を解説!

Zoomを使って在宅で稼ぐには?今からでも始められるおすすめ在宅ワーク

Zoomを活かす!おすすめビジネスはこちら

コーチングを学ぶ、知るーコーチングの種類や流派とは?

コーチングって怪しいの?

コーチ・コンサル・カウンセラーのオンライン集客3つの秘訣

ズームコーチング

オンラインコーチング

Zoomとは?

Zoomとは、ネット回線を利用してWebで会議やコンタクトを取れるソフトになります。パソコンやスマホを持っていれば、誰でも利用できます。Zoomを初めて利用する方でも面倒な登録作業はありませんし、参加用のURLをクリックすれば簡単に会議に出席可能です。

つまり業務を進めるにあたり、コストを抑えたり日程調整をしやすくなるのが、ZoomでのWeb会議ということになります。

ZoomとSkypeの違いと使い分け方

オンラインで会話をするときに、Skypeを利用している方がとても多いです。そもそも、ZoomとSkypeの違いは一体どんな事が挙げられるのでしょうか?

簡潔に説明すると、ZoomはWeb会議、Skypeはオンライン版のテレビ電話です。

Skypeは電話と同じで、相手の番号を知らなければ通話できません。ここでいう番号とはアカウントのことです。すなわち、Skypeのアカウントを作り、相手のIDを教えてもらうことではじめて通話できるということになります。さらにアプリ中に主催者と参加者の違いがなく、利用できる機能は同じになります。

一方、ZoomはWeb会議サービスなので、セミナーやミーティングを開催用のアプリです。アカウントという概念はなく、参加するかしないかのどちらかしか選択肢がありません。また主催者にのみ使える機能があり、セミナーなどに適した環境が整っています。

そのためSkypeは友達との連絡手段に、Zoomは企業や仕事仲間との連絡手段として使われるといった違いがあるのです。

Zoomを使うのに必要なもの

Zoomを使うのに必要なものは、以下の3つになります。

  • Webカメラ:自分の映像を写す
  • マイク:自分の声を届ける
  • スピーカー・イヤホン:相手の声を聞く

これらは利用できる製品に制限はありません。たとえば、一般的なスマホやノートパソコンであれば、すべて内蔵されているものたくさんありますよ。

では実際に、Zoomを使う手順について次で解説しますね。

Zoomを使う手順

Zoomを利用するには、「主催者」と「参加者」で手順がかわります。それぞれの手順を順番にご紹介します。

主催者:初めてZoomでの配信を行う場合

初めてZoomでの配信を行う場合の手順は、以下のとおりです。

  • ステップ1.Zoomをダウンロード
  • ステップ2.「新規ミーティング」をクリック
  • ステップ3.「電話で参加」もしくは「コンピュータのオーディオ」を選択
  • ステップ4.「招待」→「URLのコピー」
  • ステップ5.コピーしたURLを送る

説明が遅れましたが、「電話で参加」の場合は音声のみの会議、「コンピュータのオーディオ」はパソコンに接続されたカメラを使ってビデオ会議をすることになります。基本的には「コンピュータのオーディオ」を選択するケースが多いですね。

また主催者はパスワードを設定して参加者に制限をかけることもできるので、セキュリティもバッチリです!また招待URLはメールはもちろん、ChatWorkやLINEから送ることも可能です。

参加者:初めてZoomでの配信に参加する場合

初めてZoomでの配信に参加する場合の手順は、以下になります。

  • ステップ1.Zoomをダウンロード
  • ステップ2.主催者から送られた招待URLをクリック
  • ステップ3.「コンピュータでオーディオに参加」をクリック

これだけでオンライン会議に参加できます。とても簡単ですよね。また2回目以降の参加は、招待されたURLをクリックするだけで大丈夫なので、より楽に利用できますよ。

Zoomの注意点

Zoomを利用する際に注意する点は、URLを知っている相手なら誰でも参加できてしまうこと。仮に会議のURLが流出してしまうと、情報が漏れてしまう可能性があります。

Zoomでは、だれでも利用できるようユーザー登録を不要としました。しかしながら、URLを知っていれば入室できますし、参加させる人を制限できません。

ですのでセキュリティを保つためにも、URLの管理を徹底したり開催前にパスワードを設定して、参加者が揃った時点で会議室をロックしたりする工夫が必要です。

ZoomはURLをしっかり管理して楽に会議ができる

今回の記事では、Zoomの使い方について解説しました。Zoomを使う場合は、ソフトをダウンロードする必要があります。しかしダウンロードするのは初めて利用するときのみで、2回目以降はURLをクリックするだけで大丈夫なんです!面倒なアカウント登録はありませんし、パスワードを管理する必要もありません!

またZoomに初めて参加する方は3つのステップ、初めて主催者側で利用する方でも5つのステップと、とても簡単に利用できますよ。ただし、会議URLの管理は慎重に行いましょう。パスワードを設定したり、参加者を確認できたらロックしたりするなど、細かいところに気を配りながら利用することも忘れないでくださいね。

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

たった20分でオンライン起業の仕組みが全てわかる!

初回重要メールを受け取る
(gmail以外がオススメ)


登録後すぐ届く初回メールに無料講座や特典内容など重要情報がございますので必ずご確認ください。特にGmailは届かない場合がございますのでこちらで迷惑メール対策をお手数ですがお願いします。※本メール講座およびセミナーは利益を保証するものではありません。効果には個人差があります。メールアドレスは個人情報の観点より管理しプライバシーを遵守しております。