在宅ワークには資格が必要?資格の有無別でおすすめの業種を紹介!

特別な資格を持っていないけど、在宅ワークに挑戦してみたい……。そう考える人が増えてきました。

確かに、自宅で仕事ができること自体、とても魅力を感じますよね。そもそも在宅ワークをするのには、どのような資格が必要なのでしょうか?

今回の記事では、在宅ワークにおける必要な資格についてご紹介します。また、これから在宅ワークを始めるのにおすすめの業種をあわせて解説!

今と違った働き方を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

在宅ワークに資格は不要!


在宅ワークでは、基本的に必要な資格はありません。

パソコンとネット環境さえ整っていれば、どなたでも始めることができます。

在宅ワークなら通勤時間がかからないので、家事や育児、介護、スキルアップといったことが可能です。

また仕事をする時間を自分で決められますし、転勤はありませんから今後の業務環境はストレスフリーといえるでしょう。

その一方で、人と接する時間が減って孤独を感じたり、タスクやスケジュールを自分で細かく管理したりといった負担がかかるのも事実です。

これらを踏まえて、自分が在宅ワークに向いているのかをもう一度確認してみましょう。

在宅ワークが向いているのは、主に以下のような人です。

  • 孤独を耐えられる
  • 体調・時間の管理ができる
  • 業務の進捗がモチベーションに左右されない

これらの特徴に当てはまる人であれば、率先して在宅ワークを目指すことをおすすめします。

でも、「まず何から始めればいいの?」と悩んでしまいませんか?

在宅ワークに向いているにもかかわらず、特別な資格を持っていないことで諦めてしまう人はとても多いです。

資格を持っていないものの、これから在宅ワークを始める人におすすめの業種を次で解説しますね。

資格がなくても在宅ワークができる職業


資格がなくても在宅ワークができる職業は、

  • アンケートモニター
  • ポイントサイト
  • Webライター
  • 翻訳
  • イラストレーター
  • 動画編集者
  • Web制作

などが挙げられます。

資格がないとはいえ、それぞれ難易度が違うので挑戦できるものをがないかチェックしてみましょう。

初心者向け:アンケートモニター

アンケートモニターとは、指示された簡単な質問に回答することで、報酬がもらえる仕事です。

具体的には、無料のアンケートサイトに登録し、案件を選択して回答する流れになります。

1件のアンケートに答えると、いくら分の報酬がもらえるかが決まっている場合がほとんど。

ただ案件によっては、どれだけ鮮明に答えられるか、回答内容が充実しているかなどで報酬額が変わるケースもあります。

報酬額はそこまで高いわけではないですが、空き時間やスマホだけで稼げるのはメリットといえるでしょう。

いきなり本業として挑戦するのではなく、まずは副業やお小遣い稼ぎの感覚で取り組むことをおすすめします。

初心者向け:ポイントサイト

ポイントサイトとは、指定のサイトにある広告をチェックしたり無料アプリをダウンロードしたりすることで、報酬がもらえる仕事です。

アンケートモニターと似ている部分が多いものの、複数のスマホやパソコンがあると効率的に仕事を進められます。

報酬は基本的にポイントとして受け取り、現金やギフトカードに交換する場合がほとんどです。

こちらも本業というよりは、副業やお小遣い稼ぎの感覚で挑戦することをおすすめします。

中級者向け:Webライター

Webライターとは、ネットに掲載される記事を書く仕事です。

今あなたが見ているこの記事のことだと考えてもらうと、わかりやすいのではないでしょうか。

Webライターには、「ブログ」「シナリオ」「ネットニュース」など、さまざまな媒体で執筆する機会があります。

そのため、ある程度ネットに詳しいことが望ましいですね。

とはいえ、どれが書きやすい媒体かはチャレンジしてみないとわかりませんから、まずは一通りチャレンジしてみることをおすすめします。

中級者向け:翻訳

翻訳は、外国語を翻訳する仕事です。翻訳した文字数や資料のページ数に応じた報酬がもらえます。

翻訳サービスを扱うサイトに登録して仕事を探し、翻訳をする流れが一般的です。

語学を勉強していた人なら、取り組みやすい仕事といえますね。

中級者向け:イラストレーター

イラストレーターとは、キャラクターやロゴを作る仕事です。企業から個人まで、さまざななニーズがあります。

たとえば、オリンピックのキャラクターやLINEスタンプのイラストを書いて、それを商品として販売するのです。

一定のスキルが必要になるものの資格は不要なので、絵を書くのが得意な人には向いている仕事でしょう。

上級者向け:動画編集者

動画編集者は、その名の通り動画を編集する仕事です。

担当範囲は、企画・撮影・編集・サイトUPと案件によって違います。

動画の内容によって編集の方針が変わりますが、基本的には一定のユーザーを集められる編集力が求められます。

そのため、視聴者目線で編集するスキルが必要になるでしょう。

普段からYou TubeやTik Tokを見ている人なら、視聴者の目線を意識した編集がしやすいですね。

上級者向け:Web制作

Web制作とは、サイトのデザインを考えたり実際にコーディングしてサイトを作り上げたりする仕事です。

Web制作にも必要な資格はありませんが、専門知識が必要となります。

スキルを身につけるには、3ヶ月以上はかかるでしょう。

知識0の状態からチャレンジできる仕事とはいいにくいですが、未経験でも在宅ワークにて採用する企業がありますよ。

資格があると有利な職業


一方、資格があると有利な職業は、

  • MOS
  • 日商簿記
  • FP

などがあります。それぞれ紹介しますね。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOSとは、マイクロソフト社の製品であるWordやExcelといった、オフィスソフトのスキルを証明する資格のことです。

普段からPCを使っている人なら、聞いたことがあるのではないでしょうか。

オフィスソフトは、在宅ワークに欠かせないソフト。MOSを持っていれば、パソコンの操作が得意である証明になります。

そのため、在宅ワークでも有利に働く可能性が高いです。

MOSを持っていれば、

  • 資料の作成
  • データ入力
  • リストの作成

といった業務を在宅で行うことができます。

担当する業務の幅が広がれば、その分報酬が上がりやすくなりますよ。

日商簿記

日商簿記は、会計や記帳といったお金に関係する記録・計算ができることを証明する資格です。

経理に関連する仕事を在宅ワークで行いたい人に有効的な資格といえるでしょう。

日商簿記を持っていれば、経理・会計の事務作業や記帳代行といった在宅ワークが可能です。

自社ですべて管理するのは大変なので、お金に関することをまるっと依頼しようと考えている企業も少なくありません。

ファイナンシャルプランナー(FP)

FPとは、家計に関わるさまざな知識から理想のライフプランを提案できることを証明する資格です。

主に、保険料や年金、税金、資産運用といった内容のライフプランを提案します。

お客さまは企業から個人までいるため、在宅ワークには最適でしょう。

FPを持っていると、ライフプランの提案やWebライターなど、幅広いお仕事に活かせます。

取得する難易度は低くありませんが、持っているだけで他者との差別化を図ることが可能です。

得意なことがあるならそれを事業にすることも可能!


ここまで在宅ワークにおける資格について紹介しましたが、すでに得意なことがあるならそれを事業として考えてみるのもおすすめです。

たとえば、Webライターの実績となるポートフォリオを作り、企業に営業すれば個人で仕事ができます。

その結果、場所や時間にとらわれることなく、理想的な在宅ワークに近づけるでしょう。

わかりやすくいえば、フリーランスとして働くイメージです。

特定の資格がないものの在宅ワークをすることを目標にするなら、1つの業種に絞ってスキルを磨いて事業化することも有効的ですよ。

まずはできることをみつけてチャレンジしよう

今回の記事では、在宅ワークにおける資格についてご紹介しました。

在宅ワークには、必要となる資格はありません。どなたでもすぐに始めることができる働き方です。

まずはできそうな仕事を見つけて、チャレンジしてみましょう。

また、すでにスキルが身についているなら、事業化することを検討してみてくださいね。

コロナでも売り上げる塾生さん続出!

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

たった20分でオンライン起業の仕組みが全てわかる!

初回重要メールを受け取る
(gmail以外がオススメ)


登録後すぐ届く初回メールに無料講座や特典内容など重要情報がございますので必ずご確認ください。特にGmailは届かない場合がございますのでこちらで迷惑メール対策をお手数ですがお願いします。※本メール講座およびセミナーは利益を保証するものではありません。効果には個人差があります。メールアドレスは個人情報の観点より管理しプライバシーを遵守しております。