サッカーやテニスコーチの年収はどのくらい?年収アップを叶えるスキルとは

サッカーやテニスコーチの年収はどのくらい?年収アップを叶えるスキルとは

学生時代にやっていたスポーツがまだ好きで行なっている方は多いと思います。また好きなスポーツのコーチでお金を稼ぎたいと思っている人も多いと思います。

そこで今回はコーチ業の実態を紹介していきたいと思います。年収はどれくらいなのか、どんな仕事内容なのかをまとめていきます。そして年収アップには何が必要なのかポイントもあげていきます。主にテニスやサッカーのコーチを例に出して紹介していきたいと思います。

コーチ業とは

まずコーチ業とはどんなものなのか紹介していきたいと思います。

主に選手を育成するのが仕事です。選手の個性やチームコンセプトを理解し、技術や戦術の指導にあたります。そのスポーツの指導だけではなく礼儀やマナーなども指導していきます。また、事務作業や地域貢献の仕事も行うこともあります。

年収はどのくらいなのか

テニスコーチとサッカーコーチを例に挙げて紹介するとテニスコーチの平均年収は320〜560万円になります。トップテニスプレイヤーのコーチのなると1000万円〜1億円もらうことができます。

仕事内容としては、子供から大人まで年齢層は幅広く、レベルも初心者からプロまで様々です。指導方法としては個人レッスンからグループレッスンがあり、フリーで働いている人もいればクラブチームやスポーツクラブに所属して指導を行なっております。フリーで活動する場合は複数のクラブなどと契約していることが多いです。技術を教えるのはもちろんのこと、メンタル面や体の基本的な構造を教えることもあります。プロの方を指導する場合にはより専門的なからどの構造やトレーニングを指導します。

サッカーコーチの年収は年代やチーム、スクールコーチなどで幅は大きく変わりますが大体200〜300万円です。プロのコーチになると平均5000万円になります。このようにサッカーコーチは年収の幅が大きいのです。

仕事内容としては主にチームの戦術指導などの練習メニューを作って練習を行います。試合に勝つために選手のコンディションを見ながら練習強度を決めていきます。また練習で調子の出ない選手やヤル気を失っている選手に声かけなどを行いメンタル面の調整、怪我した選手の応急処置などを行います。

資格は必要なのか

スポーツコーチをやるにあたって資格が必要になるか気になりますよね。もし資格が必要なら、取りに行くために勉強もしなければなりません。この項目でもテニスとサッカーコーチを例に挙げ出て説明していきます。

テニスコーチの場合

まず、最低限の技術が必要になってきます。テニス選手としてある程度の実績を残したあとにテニスコーチとして働くことがほとんどです。特に必要な資格はありませんが日本体育協会公認の資格を持っていれば十分です。

テニススクールなどの採用試験を受けて合格することでコーチになることができます。しかしプロのテニス選手のコーチになるには公共社団法人日本プロテニス協会(JPTA)に所属する必要があります。

サッカーコーチの場合

日本サッカー協会公認のライセンスがあり、指導する内容や年齢によって分かれます。1番簡単に取れるD級ライセンスから順に、C級、B級、A級、そしてJリーグの監督や日本代表の監督ができるS級のライセンスまであります。

まず、地域クラブのコーチをやるのであればD級ライセンスで十分だと思います。しかしもっと上のレベルや年収を上げるには最低限A級は必要になってきます。A級を取るにはコーチとしての実績が必要です。

コーチ業の魅力と注意点

コーチ業の年収は他の仕事と比べて少し低いですか、他の仕事と比べても魅力がたくさんあります。

それは、選手とともに成長することができ喜びを分かち合うことができるところです。

辛い思いや苦しい思いを一緒に経験してきた選手と勝利や目標を達成した瞬間は、何よりも嬉しいものがあります。自分が教えた選手がレベルアップを身近で感じることができ、1番近い距離で選手とともに喜びを分かち合うことができるのがコーチの特権です。

しかし、コーチが勝利に執着しすぎ選手の成長を考えずに戦術を考えてしまうことや、すぐ感情的になり怒鳴ってしまうコーチがたくさんいます。それでは選手は成長しません。またそのスポーツか嫌いになってしまうことがあるので注意が必要です。

年収アップに必要なポイント

スポーツのコーチは最初の年収は低いですが、この年収を上げることができます。これから説明する3つのポイントだけで年収を上げることができます。

それは「実績」、「人脈」、「資格」です。

実績

これが一番難しいのですが、一番年収アップに近道となります。まず選手時代に実績を出していればその信頼もあるのですぐ年収アップにつながるのですがそういうコーチはごく少数だと思います。なのでチームや個人選手に結果を出させることが重要になってきます。

そのためには、選手が成長できるために個性を伸ばすことや戦術で相手チームに勝つことが重要になってきます。このようなことができればプロ選手から声がかかることやプロチームから声がかかる可能性があります。

人脈

スポーツコーチ業界では人脈も重要になってきます。コーチ業というのは非常に閉鎖的でコーチ同士の紹介でそのチームのコーチや選手の知り合いなどでつながるケースが多々あります。

良いチームや良い選手に着くには強い人脈が必要になってきます。

有名コーチが行なっている勉強会や講習会に行くことやSNSなどで、自分でコンタクトを取りつながるということが重要です。自分で動くことでつながることができます。「自分は何も実績がないから」や「どうせ会ってくれないから」など勝手に思い込み行動を起こさないのが一番勿体無いです。熱意が伝われば必ず会ってくれます。自分はどうなりたいと伝えることが大事です。

資格

これを持っているだけでどのくらいの実力を持っているか把握することができます。たとえ実績がなくても難易度の高い資格を持っていれば指導者として高い能力を持っているということを証明することができます。

資格がなくても指導できるスポーツもありますが、持っていた方が年収アップにつながりやすいです。

確かに資格を取るには勉強が必要になってきます。もしこのコーチ業で年収アップをしたのであれば頑張らなければならないです。

スキルを獲得し、年収をどんどんあげよう

ここでは年収アップに必要なポイントをまとめてきました。大変なことや我慢強く行わなければならないこともあります。しかし説明したことは年収を上げるために近道になることです。

またここで説明したことを「行動し、継続し続ける」ということが大事です。これがとても難しいことなのですが、できれば年収アップ間違えないので自分のために頑張ってみましょう。

Webとコーチングをかけ合わせれば更にあなたの可能性は高まります。興味がある方は、無料講座をぜひ受講してみてください。

電子書籍3つの特典をプレゼント