【成功者の習慣】潜在意識の書き換えで理想の自分を手に入れよう

「潜在意識」を活用し考え方や発言、行動を理想の状態にコントロールしていくことを潜在意識の書き換えといいます。理想の自分を手に入れ、目標達成や願いを実現する近道として有効な方法です。

 

多くの成功者が習慣化している潜在意識の書き換え。当記事では、書き換え方や注意点について解説していきます。理想の自分になって成功したいという方は今すぐ実践してみましょう!

潜在意識とは?

潜在意識は、文字通り心の奥底に潜むようにある意識のことを指します。普段、私たちが無意識に思ったり、言ったり、動いたりしている時は、潜在意識が働いています。無意識で行ってしまうほど深く意識に刻み込まれているということです。

 

潜在意識と顕在意識

小さな頃から今まで繰り返し思い、やってきたことが、潜在意識として蓄積されていきます。しかし、さまざまな考えや情報に触れ、環境が変わると、潜在意識に違和感を覚えてしまいます。その時に現れるのが「顕在意識」です。

 

たとえば、上司にめんどうな仕事を頼まれた時、「めんどくさいな…… いやいや、そんな風に思っちゃだめだ。完璧に仕上げてスキルアップするぞ!」と思ったとしましょう。

 

この場合、潜在意識は「めんどくさい」です。いわゆる本音ですね。自然と思ってしまったことになります。

 

しかし、「そんな風に思っちゃだめだ」と潜在意識を否定して、「完璧に仕上げてスキルアップするぞ」と意識を変える、これが「顕在意識」です。

 

人間の意識は約95%を潜在意識、約5%を顕在意識が占めるとされています。意識の大部分を占める潜在意識を「模範的な人間であるべき」「空気を読まなきゃ」といった顕在意識がブロックし、思考、発言、行動をコントロールしているのです。

 

潜在意識を書き換えて理想の自分になる

自分が理想とする思考・言動・行動である顕在意識が潜在意識に書き換われば、無意識レベルで理想の自分でいられるということになります。つまり、なりたい自分になるには潜在意識を書き換えればいいのです。

 

「物事をポジティブに捉えられる人になりたい」と顕在的に意識しているだけでは、いつまでたっても「ポジティブに捉えられるよう努力している人」にしかなれません。意識を集中させないとネガティブに考えてしまうようでは、自分の理想とする姿とは言えないですよね。

 

だからこそ、どんな状態でも無意識になりたい自分でいられるよう、潜在意識を書き換えるのです。

 

潜在意識の書き換え方

長い年月をかけ、あるいは強い衝撃を受け心の深い部分に刻み込まれた「潜在意識」を書き換えるには、少々根気が必要です。やみくもに強く意識し続けるだけでは潜在意識は変えられません。

 

ここからは「潜在意識の書き換え方」を解説するので、ぜひ実践してください!自己分析にもなります。

 

(1)課題の自覚

まずは今の自分を客観的に見てみましょう。そして、理想の自分になるには「何が不足しているのか」を洗い出してください。

 

  • いつも三日坊主→根気が足りない
  • ひねくれている→素直になれない
  • 文句が多い→ポジティブに考えられない

 

このように、自分の特徴を挙げていくと足りないものを見つけやすくなります。

(2)パターンを理解する 5W1H

上記の課題を自覚したら、その課題を5W1Hで質問し、どんな人と、どんな場所でなぜ、何によって、どのような行動でそのパターンになっているのかを書き出してみて下さい。

例文「会社の同僚といるときに愚痴を言ってしまっている」

大前研一さんは「人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ」と言っています。

(3)理想の自分をイメージし、言葉にする

次に、細かく具体的に理想の自分をイメージしてください。簡単なのは(1)で出した不足分の反対を文章にして書いてみることです。

 

しっくりくるのであれば、それをアファメーションのようにしましょう。しっくりこないのであれば、しっくりくる文章に修正してみて下さい。それではこちらも書いてみましょう。

 

仕事や恋愛、生活などで目標があれば、達成するところまで想像してみると、明確になりたい自分を想像できます。

 

明るい人柄、仕事をバリバリこなせる人といった抽象的なものではなく、「やると決めたことは◯日間必ず続ける」「仕事を依頼されたら必ず笑顔で引き受ける」など細かくイメージしましょう。

(4)トレーニングしましょう!

自分に足りないことと理想の自分像が明確になったら、どのように潜在意識を書き換えるのかが自然と浮かびあがっているはずです。ここまでできれば、あとは何度も繰り返し潜在意識に働きかけていくのみ。

 

顕在意識を絶えず意識し続けることで、潜在意識として落とし込まれます。根気よく続けましょう。

 

潜在意識の書き換えで注意すべきポイント

潜在意識の書き換えは、「自分にはできないという気持ちを排除する」のがポイントです。

せっかく潜在意識を書き換えるべく繰り返し意識し続けても、「私には無理に決まっている」「人は簡単に変われない」と感じていては、書き換えは困難です。

 

意識するだけでも中々難しいので、言葉にして繰り返しトレーニングをしましょう。イエスキリストは「言葉は神」、お釈迦様は「まず先に言葉ありき」と言っています。

 

もし潜在的に自分に自信がもてなければ、自分の可能性を信じられるよう強く意識することも並行して行いましょう。

潜在意識を書き換えて思い通りの人生を実現しよう!

潜在意識を書き換えて理想の自分になれたら、必然的に求めている人間関係や環境などを手に入れられるようになります。

 

事業を拡大したい人は、ビジネスで成功している人との交友関係が広がるかもしれません。今の会社で楽しく仕事をしたい人は、上司や部下との関係が良好になるかもしれません。最初に場所や環境を変えてしまうという手も紹介させていただきました。

 

潜在意識の書き換えは新たな意識の刷り込みにとどまらず、自分自身の生き方をも変化させられます。一朝一夕でできるものではありませんが、コツコツと取り組めば誰にでもできます。

 

あなたも潜在意識の書き換えで思い通りの人生を実現しませんか?

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

受講者10,000人 突破!