今知っておきたい「無形商材」の意味と可能性

今回は、「無形商材」の意味と可能性についてお伝えします。

「無形商材」は、形がないものやサービスを売っていかないといけないので「商材」をしっかりアピールして魅力を伝えていかなければいけません。

最初は、難しく感じるかもしれませんが、コツがあり、顧客に対してのアピールと提案力をしっかり持ち、納得をしてもうらことが重要といえます。

そのためには相手のニーズを把握しておくことも大切です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

無形商材の意味と可能性

無形商材とは、サービスや情報、知識など形の無い商材のことを言います。

業界で言えば、広告やコンサルティングがイメージしやすいところでしょう。

具体的には以下のとおりです。

  •  生命保険
  • コーチング
  •  オンラインサロン
  •  情報商材

などがあります。

形の無い商品を売り、仕事にする。コストがかからない分、利益は高く人気はありますが、その反面、難易度も高く、軌道に乗るまでは難しい分野のため、将来的な可能性はあるのでしょうか。

順番に解説していきます。

無形商材~コーチング

コーチングとは自発的行動を促進するコミュニケーションのことをいいます。

現在では組織のマネジメントにおける人材開発手法として、多くの企業・組織が、人材開発、リーダー育成、組織開発のためにコーチングを導入しています。

コンサルティングでは、コンサルタントがクライアントにヒアリングした情報をもとに、目標を達成するための戦略を考え、行動プランを考え、その答えをクライアントに与えます。

一方、コーチングでは、コーチング・カンバセーション(対話)と呼ばれるコミュニケーションのプロセスを通じて、クライアント本人に目標を達成するための戦略を考えさせ、自分自身で答えを見つけることを促すアプローチをとります。

コーチングとは相手の話に耳を傾け、観察や質問、ときに提案などをして相手の内面にある答えを引き出す目標達成の手法のこと。

  •  自分自身で答えを導き出す能力
  • 主体的、自主的に物事に取り組んだり考えたりする姿勢
  • 新しい価値観や新しい答えにたどり着こうとする前向きな気持ち

これらがコーチングでは、大切になってきます。

無形商材~オンラインサロン

「オンラインサロン」とは、ウェブサービスやSNSなどを使った会員制コミュニティのことです。オンラインサロンは、月額会員制のオンラインコミュニティのこと。参加者以外にしか見ることのできないチャットグループのようなもの……と考えるとわかりやすいかもしれません。

サロン内では、主催者が投稿する限定コンテンツを閲覧できるほか、参加者どうしで感想や意見交換を行う。また、オンラインサロンの特徴として、ノウハウを提供することができます。

投資、ビジネス、料理、ヨガなどの健康法……といった、実際に役立つ知識を定期的にコンテンツとして提供していくパターンがこれにあたります。メルマガなどにも似ていますが、動画の投稿があり、主催者がオンライン上でフィードバックをしてくれるといった違いがあります。

ネットビジネスで集客の実績がある(収益を上げている)人はそんなに悩まずに集客できているはずです。集客するには、まず自分をブランディングしなければなりません。SNS上や社会的な実績など、人を集めるにはある程度有名でないと集まりません。

  • しっかりとしたコンセプトのオンラインサロンを作る
  • 自分のオンラインサロンに関連するような内容で共感される、シェアされるような優良記事を書く

以上を頑張ると可能性が見えてきます。

無形商材~情報商材

初めて情報商材を作る人は「どうやって作ったらいいのか」全くわからないかと思います。

最も簡単な作り方はワードソフトやテキストエディタで書いたものをPDF化することでしょう。

これだけで簡単に情報商材を作ることができるので、初心者の方はこの方法で作成すれば問題ありません。

無形商材ビジネスで重要なのは始め方

無形商材で自分の思う通りの数字が出ない人や、集客したいと思っている人は、人の力に頼ることも必要です。

無形商材などの商品は、形が無い分、個人の能力や実績などが強く出てしまうものなので、

たとえば、オンラインサロンなどは、作り方から集客まで全部自分で行わなくてはなりません。

独学でできる人は良いですが、すべての人がスムーズに成功できるわけはないですよね。

オンラインサロンを始める段階でつまずき、また集客できない、など思っていたのと違うと諦めてしまう人も多いでしょう。

しかし、やり方次第では成功できる可能性があります。

物事は最初が肝心。

それは人のアドバイスを最初から聞いてしまうことです。

人にとって何よりも大切なのは時間。

その時間を独学で勉強することでムダにしてしまう可能性もある得るわけです。

時間をムダにしないためには、最適なアドバイザーと最適な指針、あとは環境が重要です。

  • 起業したいけど一人でできるか不安
  • 一人では集客するにも限度がある
  • 全然稼げない

以上のような人で、「今より現状を変えたい・・!」そんな思いがある人は、皆倉慶彰の「ひき寄せル★ものがたり起業」を一度見てみてはいかがでしょうか。自動集客の仕組みとコツをロードマップ形式で見やすく展開しています。

さらに皆倉氏のメルマガを登録すると、無料で電子書籍やプレゼントを受け取れます。また、集客やセールス、商品開発など詳細なセッションを知りたい場合は、こちらを。オンラインの仕組みを理解し、集客の自動化を目指す人にはぜひ見てほしいです。

無形商材はやり方次第

いかがでしたでしょうか。今回は、「無形商材」の意味と可能性について解説させて頂きました。「無形商材」のメリットを知っておくことで、営業のスキルも変わってきます。

やり方次第でヒアリング力や提案力の能力が身に付き、次に繋げられます。気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料