意外と簡単!ネガティブ思考を変える方法

意外と簡単!ネガティブ思考を変える方法

ネガティブ思考を変えたいと考えている方、その方法は意外と簡単です。あなたの解釈の次第で、物事が明るくも暗くも見えるのです。思いの方向が自分の未来を映しているとしたらどうしますか?今回は、意外と簡単にできるネガティブ思考を変える方法をご紹介します。

ネガティブ思考とは

ネガティブ思考とは、物事を否定的にそして悲観的に考えてしまうことを言います。ちなみに、よく私達が耳にするマイナス思考は、こちらもネガティブ思考と同じ意味です。この表現は日本特有です。

ネガティブな思考をする人は世界中にいると思うと、私だけではないんだと安心感さえ感じませんか?けれど、ネガティブ思考は自分の人生に暗い影を落としてしまうことがあります。

自身の人生をより豊かに明るい方向に変えて行きたいと思うのであれば、これがチャンスです。
是非ネガティブ思考のスパイラルから抜け出しましょう!

ネガティブ思考をする人の特徴

では実際にネガィテブ思考をする人の特徴はどんな人なのでしょうか。あなたはこの特徴に当てはまるものはありますか?

マイナスのビジョンを想像する

いざ目標を立てて、問題を遂行していこうという時に「どうせ失敗するし・・」と悲観的に考えてはいませんか?

失敗するイメージをしてしまうと物事が良からぬ方向に進んでしまいます。でがなぜ悲観的になるのでしょうか。ネガティブ思考の人は、成功体験が少ないからとも考えられます。

何かをする前からリスクばかり気にしていませんか?そして結局、挑戦することさえ止めてしまっていませんか?

チャンスを逃すことは勿体ないです。どうせイメージをするなら明るいイメージをし、成功回数を増やしていきましょう。

自分の考えに固執しすぎて柔軟に対応ができない

よく見るネガティブ思考の方の特徴です。マイナス思考に陥っている時は、人はマイナスの方向にしか物事を捉えられなくなっています。

例えば、自分の発言で相手が怒っているのではないかと悩んだ経験はありますか?その時に、相手にメールをして既読スルーが起きたらどうでしょう?

マイナス思考の人はこの既読スルーで一喜一憂してしまいす。相手が「忙しかったのかもしれない・・・」という概念はありません。自分の考えありきで、相手の状況は見えていないのです。

メールに限らず、現在ご自身でマイナス思考になっているな・・と感じたら、いったん考えるのをやめて落ち着きを取り戻してみましょう。

言い訳や否定からはじまる

言い訳や否定から始まるタイプです。このタイプの人の口癖ですが、「でも・だって・忙しいし・・」という3大ワードを使っていることが多いです。

聞いている相手の方からするとこの3大ワードが飛び出すと聞き苦しくて、その人から距離を置きたいな・・と感じてしまうこともあります。

自分を守る為に使っている言葉ですが、多用をすると相手からの信頼関係を損ねてしまう結果になりかねませんので気を付けましょう。

自己肯定感が低い

自分のことを必要以上に過少評価していませんか?

自己肯定感が低いと自信が持てず、マイナス思考に陥ってしまいます。自分を労い大切にする気持ちを持ちましょう。

自分のことを認めることで、心にも余裕がもてます。そして周りにおのずと優しくできるはずです。

ネガティブ思考の改善策

人には思い癖というものがあります。それがネガティブ思考であると自分自身も疲れ、周囲にもよくない影響を与えてしまうことさえあります。そのネガティブ思考をちょっとした工夫で改善できます。

気分転換は重要

自分の考えが良からぬ方向に向かっている事に気が付いた時、いったんその場から離れてみることは重要です。

その場に執着することで、煮詰まってどんどん負の状況を作り出してしまうからです。

こんな時趣味がある人は強いです。趣味に没頭したり、運動をしてみるのもいいでしょう。
今悩んでいることからいったん離れて考えない時間が重要なのです。

現在にフォーカスする

よく友人や同僚と話を聞いているとそんな先々の事まで考えているんだ。すごいなぁ・・と感心させられることはありませんか。

けれども、未来の事を考えすぎても取り越し苦労になることさえあります。ネガティブ思考は、ベースが心配や恐怖感だったりします。未来の事は誰にも分かりません。ですが、未来は自分の力で創造するこができるのです。

先々の事で悩み、現在を蔑ろにしてしまっていませんか?そんな考えても答えのでないことに時間をついやすより、今を大切にしましょう。

現在を大切に過ごすことで、未来にもいい結果が残せるのです。

開き直りが大切

人間ですから失敗する事も当然あります。そんなとき必用以上に自分を責めず、開き直ってみてください。

「失敗は成功のもと」です。失敗してもそこから何か学習すれば、次に生かせます。現にそうして有名なスポーツ選手や、発明家たちは偉業をなしとげているのです。

ネガティブ思考を改善して明るい未来へ

人には思い癖というものがあり、その思考を変えようとするときは大変労力が必要になります。

ですが、ネガティブ思考とうまく付き合えたら今の現状がより明るくそして、未来が豊かなると思いませんか?

そのため、悩んだ時はいったん自分がネガティブ思考になっていないかを確認して、是非、改善策を試してみてください。

意外と簡単にネガティブ思考を変えることができます。そして自分の思い描く未来を作り出していって下さい!

電子書籍3つの特典をプレゼント