目標設定のコツと目標設定の書き方

目標設定のコツと目標設定の書き方

ビジネスを行う際に、目標設定をすることはとても大事になってきます。この目標設定にも、いい書き方、悪い書き方があります。そこで今回は、うまく目標設定ができる書き方のコツについて紹介していきます。

なぜ目標設定が大事なのか

何か物事を始める際に、目標設定がとても大事ということはたくさん聞いたことがあると思います。でも、なぜ大事かわからないけど言われたからなんとなく目標設定をしてしまっているという方がたくさんいると思います。それでは、あまり意味がありません。

では、なぜあなたは目標設定をするのですか?人に言われたから目標設定をしたという方もいると思いますが、言われたからといっても自分で目標を立てているのです。そのたてた目標を、達成したいからですよね。しかし、その目標を達成するには行動をしなければなりません。

なぜ目標設定をするのかというと、自分が立てた目標を達成するための行動計画なのです。よく、年末や新年に目標を立てると思います。しかし、忘れていていつのまにかに次の年を迎えてしまっているということがあります。それでは意味がないのです。

なので、目標設定をするときはその目標に対する期限や状態が具体的である目標を立てる必要があります。

目標と抱負を間違えないようにしよう

よく、目標を立てるときに抱負と勘違いして目標設定をしてしまう人がいます。割と理解していない人が多いのですが、目標と抱負というには全く違うものなのです。先ほども説明した通り、目標には期限などが必要です。簡単にいうと具体性です。目標と抱負の違いは、具体性があるかないかなのです。

例えば、「目標は、ビジネスで成功することです」という目標を立てたとします。しかし、これでは目標ではなく抱負になってしまっています。目標というのは、「目標は、今年の8月までに500万稼ぐことです」これがしっかりとした目標なのです。

この2つの違いというのは、目標には期限が決まっていてどのようになるといった状態が詳しく決められています。しかし、抱負にはどうなりたいという状態が不明確で具体性がわかりません。

抱負というのは、簡単にいうと願望になります。目標は、具体性をしっかりと持たせると目標になるのです。この2つは、間違えやすいので注意しましょう。

目標設定の書き方のコツ

ここまで目標設定の大事さや、間違えやすいポイントなどを説明してきました。ここからは大事になってくる。目標設定の書き方のコツについて紹介していきます。

1、 逆算すること

まず、1つ目の書き方のコツは逆算することです。自分は本当に、どんな未来を得たいのかというところから逆算して、今自分は何をするのかということを考えて目標設定をします。これを、逆算式目標設定といいます。この逆算式目標設定は、細分化すればするほど良いです。

 

逆算式目標設定とはどういうものなのかというと、先に自分が同ん履帯かという目標を設定します。そのゴールから逆算して必要なものを計画し、その計画どおりに行動することで最短距離で目標を達成できるというものです。

例えば、今月は100万稼ぐという目標を立てたとします。この目標のゴールは、100万を稼ぐことなので、何人に売る必要があるのかやどのような価格設定なら買ってくれるかなど常にゴールを見ながら逆算していきます。これが、逆算式目標設定の書き方です。

ビジネスには、準備がとても大切です。どうしたら売ることができるのか、儲かることができるのか、常に自分がどうなりたいかを意識して目標を立てて見ましょう。

2、細分化した目標を倍にする

自分が考えてる目標よりも倍にするということです。例えば1ヶ月で100万稼ぐという目標にしようとしているのなら、200万にするということです。売り上げが50万になったときに、50万しかいってないと考えると思います。もし目標が100万だとしたら、50万円きたと考えると思います。

50万しかきてないと考えるか50万円きたと考えるかで、その先の行動というのは変わってきます。なので、先に2倍の目標を立てるということはとても有効です。言葉が変わってきます。目標を達成できるかできないか、まずは言葉ありきです。さきに、言葉を作るというのはすごく大事です。100万を目指すのか200万を目指すのかで全然違ってきてしまします。

なので、目標を倍にして言葉から変えていきましょう。

 

3、目標を紙に書く

自分で目標を立てたら、紙に書き、いつでも見えるところに貼っておくと良いです。なぜ紙に書き貼っておくのがいいかというと、常に目標を意識して行動することができます。また、今自分に何が足りてなく、どのような行動をとったほうが良いのかなどを意識しながら行動することができます。

また、紙に書くという行為自体が潜在能力に刷り込む効果があります。そして、なんどもその目標を目にすることによって目標を忘れることがないのです。人間というのは、忘れやすいものなので紙に書かないとすぐに忘れてしまいます。

常に自分の中に目標があれば、それのための行動が取れます。なので、しっかりと紙に書き目標を忘れないようにしましょう。

しっかりとした目標設定をし、目標を達成させよう

今回は、目標設定の書き方のコツについて紹介してきました。しっかりと目標設定の書き方を知っていれば、目標に到達しやすくなります。なので、今回紹介したものを実践して見てはいかがでしょうか。

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

たった20分でオンライン起業の仕組みが全てわかる!

初回重要メールを受け取る
(gmail以外がオススメ)


登録後すぐ届く初回メールに無料講座や特典内容など重要情報がございますので必ずご確認ください。特にGmailは届かない場合がございますのでこちらで迷惑メール対策をお手数ですがお願いします。※本メール講座およびセミナーは利益を保証するものではありません。効果には個人差があります。メールアドレスは個人情報の観点より管理しプライバシーを遵守しております。