女性が起業するきっかけとは?3つのポイントとおすすめ起業方を紹介

女性が起業するきっかけってなんだろう?と気になる方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、3つのポイントを満たす事業を見つけたタイミングがベストです。他人のきっかけは、参考にしかならないことを覚えておきましょう。

そこで今回の記事では、女性が起業するきっかけやおすすめの起業方法についてご紹介します。

きっかけさえ見つければ、起業を順調に進めることが可能です。これから起業を考えている方の参考になれば幸いです。

女性が起業するきっかけは3つのポイントを満たすこと

女性が起業するきっかけは、

  • あなたができること
  • あなたがやりたいこと
  • 収入につながること

の3つを満たしていると判断できた場合です。

できることとは、知識・スキル・資格・ノウハウなどを使うことです。あなたが持つ強みや得意だと感じることを活かします。

やりたいこととは、抱いていた夢や趣味のことです。あなたが関心を抱いて熱中できるものを活かします。

収入になることとは、あなたの事業にお金を払ってくれるユーザーを作ることです。
ります。事業を始める前から、収入を得る段取りを計画しておく必要があります。

これら3つを満たすと判断できたことをきっかけに、起業をするケースが多いです。

たとえば、「収入は安定するが好きなことではないので面白くない」「やりたいこととはいえ収入が安定しない」など、どれかが欠けてしまう場合。

せっかくの起業でも、楽しくないですよね。ゆえに、起業を失敗しやすい状態です。

もし起業のアイディアが固まらない場合、起業経験者や専門家に相談したりWebで情報を集めたりして、起業の準備をしなくてはいけません。

起業するならまずは準備をしっかりとおこないましょう。

あなたにピッタリの事業を見つけて、失敗しない起業を考える必要がありますよ。

資本金が不要のため女性の起業家が増えている

最近では、資本金の準備をせずに起業が可能です。そのため女性の起業家が増えています。

以前までの資本金は、「有限会社を設立:300万円」「株式会社を設立:1000万円」が必要でした。

しかし現在は、株式会社でも0円から起業できるので、女性の起業家が増加したと言えます。

とくに、飲食業や教育関連などの「サービス業」や物販などの「小売業」の人気が高いです。

女性の起業で成功しやすいのは、好きな分野や興味のある分野での起業や自分のスキルや資格を活かす起業を目的にするケースが目立ちます。

つまり起業を成功させるためには、まずあなたのスキルや興味がマッチしている業種を見つける必要がありますね。

女性は起業するのに向いている?

女性は起業するのに向いています。

今までの起業は男性がするイメージが強いですよね。

とはいえ、女性は責任感や事務の処理能力、アイディアの考案などが得意で業務を丁寧にこなす人が多いです。

女性が起業することで、売り上げが伸びやすくなることもありますよ。

 

とはいえ今すぐ起業するのではなく、まずは

  • あなたができること
  • あなたがやりたいこと
  • 収入につながること

を満たす事業を探してみてください。

女性の起業はローリスク起業がおすすめ

女性の起業は「ローリスク起業」がおすすめです。

ローリスク起業とは、ライフスタイルに合わせながら起業すること。

自分の生活にあなたのスキルや知識を少し付け加えて仕事をします。

ローリスク起業は、起業することを目的とせず、やりたいことでお金を稼ぐことを目的に事業を進めます。

そのため、家庭との両立や社会との接点を求める女性でも安心して起業を始めることが可能です。

ローリスク起業のメリットとデメリット

女性におすすめのローリスク起業ですが、メリットとデメリットはあるのでしょうか。詳しくご紹介します。

ローリスク起業における3つのメリット

ローリスク起業のメリットは

  1. 家事や育児の両立ができる
  2. 年齢や実積が関係ない
  3. 専門知識を活かすことができる

の3つです。それぞれ紹介します。

家事や育児の両立ができる

ローリスク起業は、家事や育児の両立ができます。

女性が起業するときに諦める理由は、「家事や育児の両立がむずかしい」ケースが多いです。

ローリスク起業の場合、自分のペースでビジネスを進めることができるので、家庭や育児との両立がしやすいと言えます。

年齢や実積が関係ない

ローリスク起業では、年齢や実積が関係ありません。

自分が考えた発想やアイデアを基に事業を始められます。そのため、キャリアを気にせず起業をすることが可能です。

主婦歴が長く社会との関わりをもたない女性でも、起業してからたくさんの方々と接点を持てますよ。

専門知識を活かすことができる

ローリスク起業では、あなたの専門知識を活かして起業できます。あなたが得意とする業務や職種を活かしつつ、事業を進めることが可能です。

ローリスク起業における3つのデメリット

ローリスク起業のデメリットは、

  1. 公私が混同することがある
  2. 知名度が上がるまで時間がかかる
  3. リスクが0とは限らない

の3つです。それぞれ紹介します。

公私が混同することがある

ローリスク起業は、公私のメリハリがつけにくいです。

とくにあなたの趣味や専門知識に特化した事業の場合。業務に没頭して公私の区別ができないことがあります。

知名度が上がるまで時間がかかる

ローリスク起業の場合、趣味レベルでの起業なので認知度は0からのスタートです。

認知してもらうために時間がかかるのは否めません。

固定の顧客を確保するためにも、PR活動は欠かせませんね。

リスクが0とは限らない

ローリスク起業とはいえ、リスクが0なわけではありません。

たとえば、知名度を上げる活動にお金を使うものの、収入が上がらなければ広告費が無駄になってしまいます。

相談できる相手や専門家に相談しながら、慎重に事業を進めることがポイントです。

起業のきっかけは自分次第!まずはどんな事業が適しているか書き出そう

今回の記事では、女性が起業するきっかけについて解説しました。

女性が起業するきっかけは十人十色。とはいえ、挑戦したい業務が

  • あなたができること
  • あなたがやりたいこと
  • 収入につながること

の3つを満たしていると判断できた場合、起業するチャンスと言えます。

そんな女性におすすめなのが、ローリスク起業。

家事や育児の両立ができ、年齢や実積が関係ないだけでなく専門知識を活かしながら起業することが可能です。

これから起業するか悩まれているのであれば、一度あなたにピッタリな業種を洗い出すことから始めてみてください。

 

私は、女性の起業を全力でサポートしています。

もし、起業についてお困りの際は、私にご相談ください。