女性起業家の成功例はある?知っておくべき事例と成功する起業の特徴

「女性でも起業できるの?」

「女性が起業して成功するの?」

と気になってはいませんか?

 

結論から言えば、事業の内容によっては女性の方が起業に向いているケースがあります。

 

ただ「起業したい」という気持だけで事業を始めるのはおすすめできません。

まずは、起業が成功した事例を見てみましょう。

 

今回の記事では、女性が起業して成功した事例や特徴について紹介します。

起業を成功させる女性には特徴がありますし、失敗する方にも共通点があります。

これから起業しようと考えている方の参考になれば幸いです。

女性起業家の3つの成功例

女性起業家の成功例は、

  • コストを抑えて売上アップにつなげたネット販売
  • 内職から事業を拡大
  • 女性目線を追求した住まいを提供

の3つがあります。それぞれ詳しく紹介します。

コストを抑えて売上アップにつなげたネット販売:株式会社アロンジェ

株式会社アロンジェは、ネット販売におけるコストを抑えることで、売上アップにつなげました。

 

ネット販売では、商品の見せ方によって売上が変わります。

たとえば、飲食店のメニューに写真を使う場合。どうせなら、美味しそうに見える写真を使おうと考えるのが一般的ですよね。

そのため、プロのカメラマンに頼むことを考えるケースが多いです。しかし、プロのカメラマンに依頼するのにはお金がかかります。

そこで、株式会社アロンジェは創立者がスキルを身につける方法を取り、コスト削減を図りました。

さらに、そこで身につけたスキルを活用して写真をホームページにも採用することで、コストを抑えてホームページを作ることに成功します。

その結果、Webシステムを開発しながらネット販売で月商1000万を目標に活動を続けています。

内職から事業を拡大:マイクロテスト株式会社

マイクロテスト株式会社は、内職から事業を拡大することに成功しました。

会社の創立者は、午前中は子育てを、午後は電子部品の検査の内職をしていました。

電子部品の検査が軌道に乗ると、今度は仲間に仕事の紹介する役として活動します。

その結果、個人事業主として開業することになりました。

その後は、勉強会を実施して社員の能力アップを図ったり、業務の効率化を図ったりする活動を積極的に取り入れます。

そして、15年後には有限会社、その9年後には株式会社へと成長させます。

家事や育児などをこなしつつも、時間をかけながら自身や社員の成長を促すことで、事業拡大に成功しました。

女性目線を追求した住まいを提供:株式会社ミセスリビング

株式会社ミセスリビングでは、女性目線を追求した住まいを提供しています。

とくに「主婦に使いやすい家」をモットーに建築活動しています。

建築と聞くと、男性が担当するイメージが強いです。

とはいえ、女性にとっては男性の目線だけに頼った家作りだと問題が起きやすいです。

そこで、女性目線にこだわった住まいを提供するために、子育てや家事に追われながらも専門学校に通って資格を取ります。

その後、知人の会社で経験を積んで会社を設立します。

ここまで頑張れたのは、なにかを成し遂げたいという強い気持ちがあったからです。

強い気持ちは、事業を成功させるために必要なものですからね。

成功しやすい女性起業家の特徴:未経験の分野でも勉強できる

成功しやすい女性起業家の特徴は、未経験の分野でも勉強できること。未経験の分野でも勉強できる人は、企業に成功しやすいです。

市場の変化に対応するためには、あなたも変化する必要があります。そのため、未経験の分野を勉強しなくてはいけません。

成功するには、1つの意見にとらわれずに新しい知識を取り入れることが大切です。

もちろん、キャッシュフローなどの数字の強さも関係します。

経営が不安定になったとき、立て直すための対策を打てるようになるためにも、まずは数字に慣れることから始めてみましょう。

失敗しやすい女性起業家の特徴:準備不足で判断力が低い

失敗しやすい女性起業家の特徴は、準備不足で判断力が低いこと。

準備不足や判断力が低いと、経営の方針がブレたときに対処できません。

起業では、適切なときに最適な判断をすることが大切です。

 

たとえば、起業してから資金が足りなくなった場合。事業の計画がなくては、対策が立てられません。

また、あなたの動きも社員の人の動きも、決めるのは社長です。判断力が足りないと、動きが遅れてしまいます。

その結果、失敗につながる可能性が高いです。

 

これから起業することを考えているのであれば、まずは起業までの準備をしましょう。

そして日頃から判断力を鍛えるために、「物事を判断した後をイメージする」「判断によって何が変化したのか」などを細かくチェックしたり分析したりするクセを付けておきましょう。

女性が起業に成功しやすい4つの職種

女性が起業に成功しやすい職種は

  1. オークション型EC
  2. ECサイト
  3. コンサルタント業
  4. 語学を活かした輸入代理業

の4つです。それぞれ詳しく解説します。

1.オークション型EC

オークション型ECとは、ホームページを使わずにヤフオクやメルカリなどを使って商売する方法です。

商品の買取は店舗やネットから、販売はオークション型ECを使います。

初期の費用は現金のみなので、初めてでも利用しやすいです。

とくにおすすめなのが、ジュエリー関係。

ジュエリー関係は、未経験の方でも商品価値や相場などを理解しやすいです。

ジュエリー関係は女性が好んでおり、市場の変化が激しいですが調査がしやすいもの。そのため、女性が初めて起業するにはおすすめです。

2.ECサイト

ECサイトとは、あなたの商品やサービスを独自のWebサイトで販売することです。

たとえば、ハンドメイドで作ったオリジナルアクセサリーなどをネットショップで販売して利益を出します。

ほかにも、ネイルを施術する予約などにも使われることがあります。

ECサイトは、媒体さえできれば資金の投資は少ないのでリスクが回避しやすいです。

3.コンサルタント業

コンサルタント業も女性の起業におすすめです。

とくに、国家資格を持っている場合は、すぐにでもコンサルティング業を始められます。

ただ民間資格は取得しても起業には役に立たないケースが多いため、注意が必要です。

とはいえ国家資格を持っていなくても、あなたの経験を活かしたコンサルティングはできます。

あなたの経験を洗い出して、独自の知識を提供しましょう。

たとえば、携帯販売ショップに勤めた経験がある場合。

最適な月額料金を算出したりおすすめの通信機器を紹介したりすることができます。

つまり、専門知識をもっているだけで他社と差別化することが可能です。

 

国家資格を活かせばすぐに事業を始められますし、専門知識を活かすことでコンサルティングできます。

まずは、あなたの知識を洗い出すことから始めることをおすすめします。

4.語学を活かした輸入代理業

女性の起業は、語学を活かせる輸入代理業もおすすめです。

輸入代理業とは、商品を卸業から購入する業務を代行する仕事です。

あなたが店舗を開くわけではなく、別の企業の輸入を代行します。

とくに外国人との交流がメインとなるため、語学力が必要です。

逆を言えば、バイヤーとの交渉をする代行業は語学力があればリスクを抑えて起業できます。

輸入代理業は、語学力に自信があるけど起業を失敗するリスクを抑えたい人におすすめです。

あなたに合った事業を探そう!まずは経験者に相談するのがおすすめ

今回の記事では、女性起業家の成功例について紹介しました。

起業と聞くと男性がするものとイメージする方が多いですよね。

ですが近年、女性の起業家がどんどん増えています。

成功する女性起業家の特徴は、未経験の分野でも我慢強く勉強できる忍耐力があることでしたね。

最低限必要な能力を身につけたり不得意の分野を無くしたりすることで、起業を成功させやすくすることができます。

 

一方、起業が失敗しやすい女性起業家の特徴は、準備不足で判断力が低いことでした。

社長になるなら、市場や事業の変化にいち早く気づき、最適な判断をしなくてはいけません。

そのためにも、日頃から「物事を判断した後をイメージする」「判断によって何が変化したのか」などを細かくチェックしたり分析したりしましょう。

加えて、起業までの準備をすることをおすすめします。

 

そこでまずは、あなたの事業について経験者に相談してみましょう。経験者の意見を聞くことで、失敗談やアドバイスなどを聞いて、起業の参考にできますよ。

私は、女性の起業をサポートしています。いままでも起業を考える女性の悩みをたくさん聞いてきました。

まずはあなたの悩みを私に聞かせていただけませんか?

少しでもあなたの悩みが解決できるよう、サポートさせていただきます。