【長所一覧】自分の長所がわからない人のための長所の見つけ方

【長所一覧】自分の長所がわからない人のための長所の見つけ方

長所は企業の面接などで聞かれることも多く、知っていると就職や転職の際に役立ちますよね。また長所を見つけることで、自分を好きになり前向きな気持ちで生きていくことも出来ます。とはいえ自分の長所がわからない方も多いはず。そんな人のために今回は長所についてまとめました。

長所のない人はいない

長所のない人はいない

いざ自分の長所を考えてみると、なかなか出てこない、出てきてもこんな内容で良いのかと不安になると躓いてしまう人も多いでしょう。しかし、長所がない人なんていないということを覚えておいて下さい。見つけられないだけで、誰にでも長所はあります。

長所が見つけられない原因が貴方を邪魔しているのです。

人より優れている部分があっても、それを自分で認められない。強みや良いところは沢山あるのに、それが自分の長所だと気付けない。原因は様々です。

まずは自分を認めて、客観的な視点で見てみましょう。誰にでも長所はあるはずですし、貴方の長所も必ず見つかりますよ。

自分の長所がわからない人向け【長所一覧】

長所一覧表をご紹介します。

●素直
●協調性
●よく笑う
●リーダーシップ
●何事も最後までやりきる
●忍耐力
●他人を尊重する
●ポジティブ
●好奇心旺盛
●変化に柔軟に対応出来る
●おおらか
●自分の意見を伝えられる
●人見知りしない
●真面目
●行動力
●努力家
●気が利く
●正義感
●物を大切にする
●人に優しい

自分の長所が見つからないという方は、こちらの一覧を参考にしてみて下さい。ぴったり当てはまらなくても、自分に近いものがあると思います。

長所は複数必要ありません。1つでも適したものが見つかれば良いです。

長所がわからない場合の見つけ方

長所がわからない場合の見つけ方

自分の長所を見つけるのは難しいですよね。自分ではそう思っていても周りから見れば違うのではないかと、自信が持てないこともあると思います。

そんな人でも、長所を見つけることは出来ます。ここからは長所の見つけ方を一緒に見ていきましょう。

過去を振り返って考えてみる

過去の経験は貴方の大きな強みになります。過去を振り返って長所を見つけてみましょう。

例えば富士山の山頂まで登山をした経験があるという経験は、物事を諦めない、忍耐強いという長所に言い換えられます。他にも学生時代に部活で部長をやった経験があれば、リーダーシップがある、人から慕われると言えますね。

このように過去に経験したことを思い返し、長所を探してみましょう。

他にも人から褒められたことを思い返すのも良いですね。「素直だね」「気が利くね」と褒められたことがあれば、それはそのまま貴方の長所と言って良いでしょう。

自分を客観的に見る

自分の長所に自信が持てない場合、自分を客観的に見てみましょう。

人を見ていると、行動や発言を褒めたくなることがあると思います。そんな風に、自分は周りからどう見えているんだろうと考えてみて下さい。

主観ではなく客観的に見た方が、正しい長所を見つけられます。

得意分野や長年続けていることから見つける

得意なことや長年続けていることはありませんか?

自分では大したことないと思っていても、周りから見ればすごいことや簡単に真似出来ないことは沢山あります。ほんの少し得意と思っていることも、すごい特技や技術だったりするのです。

また何かを長年続けているというのは立派なことです。小学生の頃からずっとサッカーをやっている、毎朝早く起きて走っているなど、長年続けていること自体が長所になります。

短所をリストアップする

よく長所と短所は言い換えられると良いますね。自分の長所はわからないが短所ならわかる、という方は短所を書き出してみましょう。

プレッシャーに弱いという短所は、努力したい気持ちが強い、何事も真面目に頑張れるという長所に言い換えられますし、せっかちという短所は、物事を効率的にこなせる、仕事や決断が早いという長所に言い換えられます。

このように自分の短所を書き出し、長所に言い換えてみましょう。この方法は就職や転職の面接でも良く使われるので、出来るようになると便利です。

思い切って周りに聞く

自分の長所を周りに聞くことは恥ずかしいかもしれませんが、どうしてもわからないという時は最も簡単で正確な方法です。

自分を客観的に見て長所を探すことは難しいですよね。しかし家族や友人など、貴方と普段から深く関わっている人ならば、貴方のことをよく見てくれているはずです。長所もすぐに言ってくれるでしょう。

自分では気づけなかった長所を発見出来るかもしれません。

長所を見つけるのに大切なこと

自分の長所を見つけるには、客観的な視点と自己分析が大切です。また時には、周囲の協力も必要になります。

まず自分を分析してみましょう。しかし自己分析だけでは思い違いも起こります。そのために客観的な視点で自分を見たり、周りの人に意見をもらうことも大切なのです。

難しい場合は、ネットで配信されている強みや長所を診断出来るツールを使って参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

ぜひ今回ご紹介した方法で、自分の長所を見つけ出して下さい。

たった36分間の動画講座で学べる
ゼロから
Zoom起業の仕組み&

電子書籍3つの特典をプレゼント