HSPを活かす仕事とは?繊細さを強みにするおすすめの5つの職業

HSPを活かす仕事とは?繊細さを強みにするおすすめの5つの職業

HSPは、人一倍繊細な性格をもっています。5人に1人の割合と少数派であることから、他人と違う部分を気にしてしまい、生きづらさを感じることも多いです。

仕事となると、業務だけでなく人とのコミュニケーションも重要です。自分に合った仕事について理解し、強みを活かした働き方をしなければ、ストレスが溜まってしまいます。HSPの人は、適職に就くと、ずば抜けた理解能力や処理能力を発揮します。

今回は、HSPに適した職業について紹介します。HSPに適した仕事について知り、仕事をする際の参考にしてくださいね。

HSPは長所を活かせる仕事をしよう

HSPの人は、長所に目を向けて強みを活かす職業に就くことで仕事でのストレスを減らし、のびのびと業務に取り組めます。

HSPと言っても、性格やタイプはそれぞれ異なります。そのため、HSPの適職であっても、実際に自分に合わない仕事もあります。自分自身の得意業務やスキルを理解した上で、興味のある仕事をしましょう。

では、HSPの長所を活かす仕事と具体的な仕事内容について5つ紹介します。

動物や植物と関わる仕事

動物や植物と関わる仕事が適職です。察知能力が高く物事の変化に気づきやすいので、動物や植物の些細な変化を感じ取ります。
対人関係で気を使いすぎるHSPにとって、疲れを感じず、癒しを感じられる動物や植物と関わる仕事はおすすめです。

例:トリマー、ペットシッター、植物園の職員、水族館・動物園職員、花屋の店員など

正確さが求められる仕事

物事を丁寧かつ正確にこなすことが得意なので、正確さが求められる仕事がおすすめ。とくにIT系は、黙々と作業をおこない人間関係のストレスも少ないです。

周囲の人が気付かない些細な部分に気づき、正確な判断で物事を処理する能力を活かして働けます。

例:システムエンジニア、プログラマー、自動車整備士、経営コンサルタント、データ入力、製造業など

クリエイティブな仕事

想像力が豊かで深い思考で物事を考えられる強みを活かした、クリエイティブな仕事もおすすめ。クリエイティブな仕事は、コツコツと地道に作業する場合が多く、人との関わりも少ないのでストレスなく仕事を進めていくことが可能です。

例:デザイナー、ハンドメイド作家、編集・制作、カメラマンなど

人と関わる機会が少ない仕事

人間関係で気疲れしやすいHSPにとって、人と関わる機会の少ない仕事は適職です。黙々と作業に集中する仕事は、1つの物事に取り組むことが得意なHSPにとって働きやすい環境です。

人と関わる機会の少ない仕事は、静かな環境で働ける点もおすすめです。

例:ドライバー、配達員、在宅での仕事など

自分のペースで取り組める仕事

自分のペースで1つずつ取り組める仕事もおすすめです。マルチタスクが苦手なHSPですが、自分のペースで打ち込める仕事はとても得意。自分のペースやコツを掴むと仕事で大きく飛躍することが可能です。

例:図書館司書、家事代行、新聞配達など

HSPが避けるべき3つの仕事

HSPは、人との関わりが多い仕事、競争が激しい仕事、勤務形態が変動する仕事はなるべく避けることが大切です。長所を活かした仕事に就けない際も、この3つの仕事を避けると、ストレスを少しでも抑えた仕事に就くことができます。

では、HSPが避けるべき3つの仕事について詳しく見ていきましょう。

人との関わりが多い仕事

HSPは、深い人間関係を必要とする仕事はおすすめできません。洞察力があり、相手が必要なものを理解する能力に優れていますが、気疲れする場合も多いです。完全に人間関係のない仕事に就くことは難しいですが、接客業や大人数の人と関わる仕事を避けるのは可能です。

ノルマや競争が激しい仕事

ノルマや競争が激しい仕事に就くと、常に焦りを感じてしまい仕事に集中できなくなります。HSPは平和主義な性格で、競うことが苦手です。不動産や金融系などの、目標数字を追い続ける営業職は避けましょう。

勤務形態が変動し体力を使う仕事

HSPは、環境の変化が苦手で、慣れるまでに時間がかかります。大きな環境の変化は無意識のうちにストレスで疲労を感じるので、夜勤や残業の多い仕事は不向きです。自分のペースで休憩がとれる仕事がおすすめです。

HSPが仕事を快適におこなう方法

HSPは、自分自身の強みを理解し、苦手な業務のある仕事を避けることで力を発揮します。HSPが無理なく快適に働く際、必要なポイントは2つ。「働きやすい環境でストレスを感じない」、「客観的に仕事の振り返りをおこなう」ことです。

この2つのポイントを意識することで、HSPにしかできない、繊細さを活かした働き方を実現できます。

働きやすい環境とストレス解消法を身につける

繊細で些細なことに敏感に反応するHSPは、ストレスを感じやすいです。こまめにストレスを発散し、働きやすい環境作りをおこないましょう。

苦手な人がいる場合は、物理的に物を置き境界線を作ったり、過ごしやすい位置にデスクの配置をするなど工夫が大切です。働きやすい環境作りのために、周囲にHSPであることを伝えることもおすすめです。

客観的な振り返りが大切

HSPは、深い思考能力でさまざまなことを考えるので、気にしすぎる特徴があります。周囲の人が気にしない部分までも気になってしまうため、仕事での不安や悩みがある場合は周囲に相談してみましょう。大したことでないとすぐに解決するかもしれません。

1度立ち止まって他人に相談し、客観的に理解することで不安が減りストレスを減らすことができます。

HSPは長所を活かせる仕事をしよう

HSPは、特徴を理解し、長所を活かした興味のある仕事に就くことで力を発揮します。また、HSPは仕事でストレスを多く感じ、鬱になるケースも。心が疲弊する前に、無理をせず自分に合った仕事に変える勇気も必要です。

HSPの繊細さを強みにできる仕事はたくさんあります。今回紹介した仕事で、働きやすい環境を手に入れてくださいね。

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料