コーチングとティーチングの違いは何?コーチングを学ぶメリットは?

コーチングとティーチングの違いは何?コーチングを学ぶメリットは?

コーチングとティーチング、教育や指導の場でよく耳にする2つの言葉ですが、違いはご存じですか?コーチングとティーチングそれぞれの意味や違い、コーチングを学ぶメリットについて、今回は解説したいと思います。 

 コーチングとティーチングの違い

コーチングとは 

 

相手の中にある答えを引き出してあげることを言います。 

 

答えややり方を教えるのではなく、自分の中にある答えを自発的に引き出してあげるのです。 

 

コーチングは馬車を意味する「コーチ(coach)」が語源とされており、馬車が人を目的地まで届ける役割を果たすところから、目標達成に向けて導く意味を込められ使われるようになりました。スポーツ選手のサポートや企業等の人材育成を行う人を、コーチと呼びますよね。 

 

コーチングは、相手に答えを引き出させ、目標達成を支援することです。一方的に答えや問題解決策を教え与えることは、コーチングと言いません。 

 

「頭でわかっていても行動に出来ない」

それを解決するために支援を行うのがコーチングです。 

ティーチングとは 

 

答えややり方を相手に教えてあげることを言います。 

 

目標達成に向かって導くことはコーチングと同じです。ティーチングは教えるを意味する「ティーチ(teach)」が語源で、学校で先生が生徒に教育をする、職場で会社のルールを教える、知識を教える等、答えややり方を一方的に教えることがティーチングです。 

 

相手が自分の中にある答えややり方を導き出すためのコーチングと違い、学校教育や指導のように、ティーチングする側が持っている知識や考えを相手に教えます。 

 

コーチングとティーチングの違い 

 

コーチングとティーチングの大きな違い、それは答えを相手に導かせるか、一方的に答えを教えるか、です。 

 

コーチングは、結果を出したい、挑戦したいという気持ちを持つ人に効果的です。コーチング側と相手で互いにコミュニケーションを取り、相手が持っている考えや価値観の視野を広げることが出来ます。結果自分の持っている能力や可能性を信じ、自発的に挑戦していく人に成長します。 

 

答えを導き出すプロセスを学習させたいとき、自発的に考え行動してもらいたいときにコーチングを使います。 

 

一方ティーチングは、知識や技術を学ぶときに効果的です。学校の教育のように、ティーチング側が持っている知識やノウハウを教えるだけで、一方的なコミュニケーションになりがちです。 

 

例えば、企業等で会社のルールを教える、学校で勉強や物事を教える際等に使われるのがティーチングです。 

 

答えを教え、受動的なコミュニケーションを取るのがティーチングに対し、コーチングは答えを自発的に引き出させ、自律した行動をとりモチベーションまでを上げていきます。 

 

コーチングを学ぶメリット 

 

相手はどう成長していくことが出来るのか、コーチングを学ぶメリットを解説していきます。 

 

考える力が育ち、自発性や応用力を身に付けることが出来る 

コーチングを受けた相手は、教えられた答えや考えで動くのではなく、自らどうしてこうなったのか、どうすればいいのかと、答えや解決策を考えるようになります。結果、考える力が育っていきます。 

 

また、一方的なコミュニケーションだと、相手は受け身な姿勢になってしまいます。コーチングの様に、お互いにコミュニケーションを取りあうことで、その中で「気付き」が生まれます。周りからの影響や教えではなく、自ら考え行動する、自発性が身に付きます。 

 

自分で考え、行動するようになると、変化や問題に柔軟に対応出来る応用力も身に付くことになります。 

 

相手が自発的に行動していくことで、最終的な答えが与えられたものなのか、自分の中から導き出されたものなのかによって、本人の取り組み方も変わっていきます。 

相手の可能性や個性を引き出せる 

答えややり方を一方的に教えられると、模範解答を欲するようになってしまいます。正しい答え、正しいやり方を求めることで自分を制限してしまい、考えや価値観を広げていくことが出来ないだけでなく、可能性や個性までを潰してしまいます。 

 

自発的に考え、行動することは、自分自身の可能性や個性を引き出すことに繋がります。 

 

どうすれば問題を解決できるのか、自分はどう動くべきなのか、その答えを導き出すための考え方や価値観を広げていくことが出来るのです。 

 

自分自身を客観的に見ることが出来るようになる  

コーチングを受けると、問題にぶつかっても物事や当事者である自分を客観的に見ることが出来るようになります。 

 

模範的な答えを探すのではなく、どうしてこうなってしまったのか、どうすれば解決することが出来るのか、自分の中にある答えを導き出そうとします。 

 

常に答えややり方を与えられると、自分で考え行動することをせず、人から教えを請うことに依存してしまいます。 

 

しかしコーチングを受けることで、自分自身のコーチとなり、考えや価値観を広げ物事を解決していこうと考えられるようになるのです。 

 

自分自身の可能性を信じて、自ら挑戦していける人へと成長することが出来ます。