自宅にワークスペースを作る3のアイデアとおすすめグッズ

自宅にワークスペースを作る3のアイデアとおすすめグッズ

あなたは、ワークスペースというのを知っていますか。最近、リモートワークが注目されてきており、ワークスペースが必要な人が増えてきました。そこで今回は、ワークスペースを作る5つのアイデアとおすすめグッズを紹介していきます。

 

いいワークスペースを作ることができれば、いい仕事できること間違えなしなので参考にしてみてください。

 

ワークスペースとは

先ほども説明したように、リモートワークというものが注目されてきておりワークスペースという言葉をよく耳にするようになりました。しかし、ワークスペースと聞いてもどんなものかわからない人が多いです。なので、まずワークスペースとはどのようなものなのかを説明していきます。

 

ワークスペースとは、仕事や作業をするときに使用する部屋のことです。そこで仕事を行ったり、ちょっとした家事をなどをするため使用することができる使いやすい部屋のことです。仕事以外にも、本を読んだりするときにも使用し個室でワークスペースがある場合は書斎とも言います。

 

別に、仕事や家事なんかはリビングでやればいいと思う人もいるかもしれません。しかし、使いたいときに散らかったりしていて片付けなどに手間がかかって大変ということや、仕事とプライベートを完全に分けることができ、メリハリをしっかりとつけることができます。

 

ワークスペースのメリット

ワークスペースは、仕事やちょっとしたことをやるときに使うために部屋です。先ほども少し説明しましたが、ワークスペースがあると、仕事にメリハリがつけやすくない仕事がはかどります。でも、私は場所関係なくメリハリをつけれるという人もいるかもしれません。では、これ以外にどんなメリットがあるのでしょうか。

 

仕事に集中できる

リビングだと、誘惑や雑音であふれています。なので、仕事に集中するのが難しくなってきます。ワークスペースがあれば、しっかり気持ちも切り替えることができ、仕事に集中することができます。

 

資料や仕事で使うものをそのまま置いておける

家族やみんなで使う場所で仕事をすると、仕事に使う資料などをそのまま置いておくことができません。子供がいる家などで物を置きっぱなしにしてしまうと、書類に落書きをされてしまったり、なにかをこぼされてしまったりなど大変なことがいっぱいです。

 

しかし、ワークスペースがあれば物を置いたままにしても自分の場所なので、片付ける必要がないので、一回仕事を中断してまた取り掛かるときもすぐに仕事を始めることができます。

 

家事と仕事を切り替えることができる

一番最初に説明した、仕事に集中することができると似たようなことなのですが、家事と仕事の切り替えをすることができます。同じ場所で仕事をすると仕事中に家事のことを考えてしまい、仕事に集中できなくなってしまうこともあります。

 

しかし、ワークスペースがあればそこは仕事をするところなので家事のことをいったん忘れて仕事に集中することができます。

 

仕事中に書類を広げることができる

みんなが使う場所で書類を広げてしまうと、後片付けするのがとても大変です。また、散らかってしまうとどこに物が言ってしまったなどなくなってしまうこともあります。しかし、ワークスペースなら、広げても書類などを片付ける必要がないので物がなくなりにくいし、すぐ仕事を始められます。

 

このようにワークスペースがあると、メリットがたくさんあります。しかし、本当はまだまだメリットはたくさんあります。小さいスペースでもいいので、ワークスペースを持っておくととても便利で仕事もはかどります。

 

ワークスペースを作る3つのアイデア

ワークスペースを作ると、様々なメリットがあります。しかし、ワークスペースを作るなら仕事に集中できより良いワークスペースを作りたいですよね。次に、ワークスペースを作るときの5つのアイデアを紹介していきます。

 

レイアウト

ワークスペースを個室ではないところに作るときのレイアウトは、2つあります。それは、壁側と窓際です。まず壁側にワークスペースを作ると、前が壁なので余計なものなどがないので仕事に集中することができます。

 

また、壁側だと収納するところを作成することができたり、自分がすくなものを飾りやる気を起こしたり自分だけの仕事場を作ることができます。また、仕事に使う道具や資料を取り出しやすくしていればスムーズに仕事を進めることができます。

 

窓側にワークスペースを作る場合は、晴れているときは窓から入ってくる光で照らしてくれてとても作業がしやすいです。また、窓側は壁側と違い外を見ることができ開放感があります。そのため、疲れた時などに外を眺めれば疲れをいやすこともできます。自然の力で力がみなぎって仕事に集中できます。

 

ワークスペースを作る場所

おすすめのワークスペースの場所は2つあり、リビング、寝室があります。家族とコミュニケーションをしながら仕事をしたい方は、リビングがおすすめです。リビングにワークスペースを作れば、家事や料理の合間にも作業をすることが可能です。

 

また、子供のいる家庭の場合は子供の勉強を見ながら仕事をすることもできるので、効率よくやることができます。また、最初に述べたように家族ともコミュニケーションをとるりながら仕事を行うこともできます。子供が小さい場合は、目が届くところで仕事ができるので安心ができます。

 

寝室にワークスペースを作る場合は、作業にとても集中することができます。寝室独特の落ち着いた雰囲気で集中力を高めさせてくれます。

 

ワークスペースでもインテリアでアクセントをつけて仕事に集中する

せっかく家に作るワークスペースなのに何もないとなんかさみしいですよね。なので、インテリアでアクセントをつけるのも仕事の効率を上げるのによいことです。仕事の使うものが漠然と置かれていると散らかっている部屋に見えてしまいます。ワークスペースですが、乱雑にものを置きすぎず、きれいな空間を保っておくとよいです。

 

そのためには、収納棚を作ってあげるのがおすすめです。そこに書類と同じように空間になじむ雑貨を置いてあげるのもかわいらしい印象になります。また、資料などは、ファイルボックスなどを使うとすっきりとした印象になります。

 

また、壁側にワークスペースを作った人は壁にアートなどを作るのもおすすめです。自分の好きなアートなどを小さくても飾るだけで、自分らしい空間を作り上げることができます。

 

ワークスペースにおすすめグッズ

ワークスペースを作り、仕事をするときに何か便利なものがあったらいいですよね。次にワークスペースにおすすめグッズを紹介していきます。

 

Webカメラ

会社と会議するときなどに非常に重要なものになってきます。最近のパソコンには、代替内蔵カメラなどがついていますが、画質があまりよくありません。なので、きれいに映りたいという方にお勧めなものです。

 

PCスタンド

リモートワークだとパソコンを触っている時間がほとんどで首の痛みや肩こりなどにつながってきます。そこで、PCスタンドを使うと目線や首の位置が自然と上がり、目の疲れや首の痛み、肩こりがとても軽減してくれます。

 

チェアクッション

リモートワークでは、立ち上がって歩くということが少なく座っている状態が多いです。なので、腰やお尻に痛みなどが生じてきます。そこで、チェアクッションがおすすめです。やわらかいクッションなら腰やお尻に痛みがくることもなく、姿勢もいい状態で作業をすることができます。

 

いいワークスペースを作り、効率よく仕事をやろう

ここまで、ワークスペースについて紹介してきました。自分に合いそうなワークスペースのイメージはできたでしょうか。自分のだけのワークスペースを作り、素晴らしい仕事を行えるようにしましょう。

コロナでも売り上げる塾生さん続出!

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

たった20分でオンライン起業の仕組みが全てわかる!

初回重要メールを受け取る
(gmail以外がオススメ)


登録後すぐ届く初回メールに無料講座や特典内容など重要情報がございますので必ずご確認ください。特にGmailは届かない場合がございますのでこちらで迷惑メール対策をお手数ですがお願いします。※本メール講座およびセミナーは利益を保証するものではありません。効果には個人差があります。メールアドレスは個人情報の観点より管理しプライバシーを遵守しております。