話すのが苦手を克服する方法

メンターとは?メンターの必要性や自分に合うメンターを見つける方法

メンターは、個人にコミットして問題解決をしたりサポートをしたりします。

しかし、

  • メンターって実際にどんな役割なの?
  • コーチとの違いって?
  • どうやって自分に合ったメンターを見つければいいの?

と悩んでいる方も少なくありません。

そこで今回の記事では、メンターについて徹底解説します。メンターについて気になっている方は、是非参考にしてみてくださいね。

メンターとは?「指導」や「助言」をする人


メンターとは、仕事や人生においての指導者や助言者のことです。

一方、メンターから指導を指導を受ける人のことを「メンティー」といいます。

仕事でのメンターの場合、実務経験がある方に業務やメンタル面のサポートをすることが多いです。

人生でのメンターでは、日々の生活で悩んでいることや不安なことを解決するサポートをします。

メンターは、ある程度の業務経験や独自の考えを持っている方が多いです。

たとえば、新入社員がいる場合。広い視野からアドバイスできる余裕があり、年齢的にも離れすぎていない入社4〜5年の人がベストです。

またメンターにとっても、人材を育成する経験を得られるため、効率良くスキルアップできます。

メンターが付くことで、成長のサポートや人生を楽しくするための助言を受けることが可能です。

メンター制度を取り入れる必要性:交流しやすい環境作り


メンター制度を取り入れることで、共に働く相手をサポートしたり仲間を助けることが可能です。

少し前までは、悩みを抱える新入社員と飲みニケーションしたりプライベートでもお世話をしたりして、交流を深めていましたよね。

しかし最近では、価値観が多様化し交流することにさえ気を使わなくてはいけません。

それでは溝が深まる一方ですし、問題解決がなかなか見込めないのも事実です。

さらに企業での先輩社員は、交流に時間が割けないほど忙しいケースも考えられます。

顔色を伺いながら交流をするのは、気を使いますしそれこそが悩みの種になりますよね。

こういった交流の過疎化を防ぐためにも、メンター制度を取り入れて意見を発言しやすい環境つくりをしたり、悩みを減らしやすしたりする企業が増えています。

メンター制度で成長できるのはメンティーだけではない

メンター制度を導入した企業では、「新入育成を目的にしていたが、自身の成長の方が大きかった」という声も上がっています。

一見、手間がかかりそうなメンター制度ですが、メンティーだけではなくメンターの成長にもつながることも大きな特徴ですね。

メンターに求められること


活躍分野にもよりますが、メンターの役割としてはメンティ一が抱える課題を解決に導くサポートをします。

たとえば、

  • 目標やゴールまでの道筋を明確にする
  • 高いコミュニケーション能力
  • 客観的な考えができる心の余裕
  • 成長を支援したいという思い

などが挙げられます。それぞれ詳しく紹介しますね。

目標やゴールまでの道筋を明確にする

目標やゴールまでの道筋を明確にすることは、メンターにとって最も重要な役割といえます。

メンティーの目標やゴールまでの道筋をはっきりさせることで、進むべき道が見えます。

進む方向が決まっているので、安心してタスクをこなすことができるのです。

また、メンティーによっては「目標」と「現状」に大きいギャップがあるケースも考えられます。

そういった状況でも、メンティーの心が折れないよう最新の注意を払いながら、今後の道筋とスケジュールを提案するのです。

メンターは、メンティーのロールモデルとなるよう、成功体験だけではなく失敗体験も含めて支援します。

高いコミュニケーション能力

メンターにとって、コミュニケーション能力は必須といえます。

コミュニケーション能力が高いと、メンティーは気軽に相談しやすいですし、スキルやテクニックをわかりやすく伝えることが可能です。

ほかにも、落ち込んでいるメンティーに対して、悩みを聞き出してカウンセリングする能力も必要です。

モチベーションやメンタル面のサポートも欠かせません。

客観的な考えができる心の余裕

客観的な考えができる心の余裕は、メンターに必要な要素の1つ。

人は悩んでいるときや焦っているときに、感情的になりやすいですし、視野が狭くなってしまいます。

これでは、メンティーに的確なサポートができません。

最適な助言は、広い視野で物事を捉え、問題点の整理や正確なアドバイスから生まれます。

どんなときも心の余裕を持てる人こそ、頼れるメンターとして活躍しやすいです。

成長を支援したいという思い

メンティーの成長をしっかりと支援したい気持ちも、メンターには必要です。

メンターが指導したりアドバイスしたりする場合、おのずと上から目線で言葉を発してしまうことも少なくありません。

しかし、これではただ自身の気持ちを押し付けているのと変わりませんよね。

メンターは、メンティーが自分で物事を考えて、行動できるサポートをします。

ゆえに、メンティーの成長を支援したい思いを持つことで、寄り添った指導やアドバイスをすることが可能です。

メンターとコーチの違い

初めてメンターという言葉を聞くと「コーチとの違いは?」と感じる人も少なくありません。

ざっくりと違いや共通点を説明するならば、以下のようになります。

【違い】

・支援期間:メンターは中長期、コーチは短期

・目標:メンターは一緒に設定、コーチは既に決まっている

・サポート:メンターはまで、コーチは行動のみ

【共通点】

対象者の考えを尊重し、自発的に行動できるように後方から支援する

あなたに合うメンターと探し方


あなたに合うメンターの条件は、自分の理想の人物であることです。

もしあなたがメンターを求めていて、探そうとしているのなら、まずは自分の理想をはっきりさせてみてください。

メンター像が明確になったら、それに合った人物を探すのです。

ただし、メンター像が決まったとはいえ、すぐに決める必要はありませんよ。

メンターとは長い付き合いになるケースも多いです。

長い付き合いができるかまでチェックすることも忘れないでくださいね。

またメンターを探すなら、以下の方法を試してみましょう。

人と会ったり話したりする

自分のなりたい姿を人に話すと、身近な人からアドバイスやヒントをもらえるケースがあります。

またそういった人から、メンター向きの人を紹介してもらえるかもしれません。

少しずつ交友関係をを広げることで、メンターを見つけやすくすることが可能です。

さらに、メンターになってほしい人に直接会うのも効果的ですよ。

セミナーや講演会を開いているのなら参加して、コンタクトを取ってみましょう。

読書をする

本を通じて筆者の考えに共感できれば、メンター候補として考えることも悪くありませんね。

どんなポイントに共感したのかを事前に洗い出しておきましょう。

ブログやSNSからコンタクトを取れば、実際に会うことも可能です。

1人で悩みを抱えず信頼できるメンターを見つけよう


今回の記事では、メンターについて詳しく解説しました。

メンターは、仕事や人生においての指導者や助言者のことです。

一方、メンターから指導を指導を受ける人のことを「メンティー」といいましたね。

メンターに求められるのは、

  • 目標やゴールまでの道筋を明確にする
  • 高いコミュニケーション能力
  • 客観的な考えができる心の余裕
  • 成長を支援したいという思い

といった要素です。

もしあなたに合うメンターを探したいのであれば、人と会ったり話したり書籍を読んだりして見つけてみてください。

また私は女性の「起業家をサポートする活動」をしています。

これから起業を考えているものの悩みを抱えているのであれば、全力でサポートさせていただきます。

ぜひ、お話を聞かせていただければと思います。

メルマガ登録者限定!魔法の動画&会員サイト無料

たった20分でオンライン起業の仕組みが全てわかる!

初回重要メールを受け取る
(gmail以外がオススメ)


登録後すぐ届く初回メールに無料講座や特典内容など重要情報がございますので必ずご確認ください。特にGmailは届かない場合がございますのでこちらで迷惑メール対策をお手数ですがお願いします。※本メール講座およびセミナーは利益を保証するものではありません。効果には個人差があります。メールアドレスは個人情報の観点より管理しプライバシーを遵守しております。