コーチ・コンサル・カウンセラーのオンライン集客3つの秘訣

 

 ゼロから30〜50万円を
一刻も早く売上たいあなたへ

たった36分間の動画講座で
オンライン起業の仕組みが学べます。

ご登録いただきますと以下の3つの特典
をはじめ
会員サイト丸ごと
プレゼントしております。

特典❶「Zoom使い方完全マニュアル
特典❷ものがたり起業大百科
特典❸シンデレラストーリーテンプレート

プレゼントを受け取る

 




 

どうも皆倉です。
今回はオンラインで起業して集客をしてゆく仕組みに
ついて完全にマスターしていただきたく思い、
全体像を交えながら解説してゆきます。

はじめに(オンライン集客の仕組み)

まず理解していただきたいのは、コーチ・コンサルタントやカウンセラーが売上をあげる成功の仕組みは
理解していただきたいと願っています。成功の仕組みとは

 

フロントエンド(集客商品)とバックエンド(本命商品)のサービスの流れを作り集客できることです。
どうしてはじめにこのことを伝えるかと言いますと、広告費をかけれない
個人起業家が売上を継続して安定して伸ばし続けるためにはこの仕組みが確実に必須だからです。

 

私を例に出しますと、単価八千円でやっていたセラピスト時代は、常に集客に追われていて、
チラシを毎朝1000枚巻いて一人もこないという状況を繰り返し、最終的にお店を潰して
会社員の頃の貯蓄を全て失いさらに借金を抱えるという状態になってしまいましたし、

 

単価が安いサービスを扱っている
コーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピストの相談にのってきましたが

集客するほど忙しくなり、利益も少なくて、単価をあげることができず、
苦しんでいる人が
ほとんどでした。

 

だからもしも、フロントエンドとバックエンドの仕組みをせずして、個人起業家で成功したいと
願うのであれば、成果が出るほど時間がなくなり、プライベートな時間がなくなり、忙しくて、利益がなくて時間がなくて毎日不安という状態になってしまいます。

 

最初からこうなることがわかっていたとしたら、失敗する道を選択するのはナンセンスですよね。
失敗する仕組みでやったら失敗してしまいます。だからこそ、この記事にきてくださったあなたには、
最初から成功
できるような仕組みでやっていただきたい願いでこのようにして書いております。

 

フロントエンド バックエンドの仕組みは
こちらの動画をご覧になってみてください。

それを理解していただいた上で、
オンラインで売り上げる成功の仕組みを
解説していきますね。

コーチ・コンサル・カウンセラーが集客できない3つの悩み

(1)情報が多すぎて何をどうしたら良いのかがわからない。

答え・・・個別相談やセミナー、勉強会など、直接顧客に接する回数=売上です。あくまでこの回数を増やすことに専念しましょう。この回数を増やすだけで良いにも関わらず、余計な知識ばかり学ばせている起業塾が多いですからその点は注意が必要です。


売上をあげることは起業家にとって生命線です。売上をあげながら学びに投資しましょう。
学んでから、売上をあげていて、資金が尽きてしまっては本末転倒になってしまいます。

(2)それぞれのSNSの使い方を理解していない

下記にて各有効SNSや特性をご確認ください。

(3)売上をあげる方法が明確にわからない

(1)でも言及しました通り個別や顧客に接する数に売上は比例しますが
成果の出る方法や道しるべを最初は知る必要があります。初心者が成果のでる道しるべを
知らない状況で成果を得ることは難しいです。

 

コーチやコンサルタントにとっての本命商品と言えるものは30万円以上となります。

 

ただし、30万円以上の商品を販売するためには30万円以上の商品を販売するための
セッションや
セミナーの型を知り、型から入ることは当たり前のことです。

 

武道にもスポーツにも基本があるようにセールスにも型があるのです。
型、基本を知らずして、オリジナルはできません。ですので是非
信頼できる講師を見つけて、まずは型から学んでみてください。

 

Zoomを使ったフロントエンドに集客する3つのポイント

(1)売れるキャッチコピーを使用する
(2)広告費を使わない場合、広告を使う場合の集客モデルを明確にする
(3)フロント商品の価値をあげる

 

まずは上記3つのポイントを押さえておきましょう。
これから解説してゆきますので、しっかりポイントを押さえてくださいね。

 

(1)売れるキャッチコピーを使用する

まずフロント商品に集客するためにはキャッチコピーが重要です。タイトルの工夫をしてみましょう。
集まるタイトルにしたら自然に集まります。ただし、集めるためには知り合いや紹介を増やす必要があります。
普段からフェイスブックやインスタグラムを使用して価値を提供していたら、

 

いざ売れるキャッチコピーで集客を開始したらすぐに集まりますし、売れるキャッチコピーで
あれば紹介もされやすいです。


ですので信頼関係づくりがとても重要です。

うさぎと亀では最終的には亀がかちますよね、亀のように信頼を積み重ねること。
これはゼロから始める人にとってはもしかしたら、とても面倒な作業に聞こえるかもしれません。


ただし、歯磨きや食事のように毎日の習慣の一部にしてしまえば、
逆にやらなくては気持ちが悪くなります。

 

・売れるキャッチコピーを書くこと
・毎日信頼関係を作るための行動をすること。
・様々な媒体に露出をさせること。

 

この3つをしていたのであれば自然とお客様は集まってくるはずです。
もしも、集客できないのであれば、どれかが欠落しているということでしょう。
まずは、上記3つのどれかが欠落していないか?見直してみてください。

(2)広告費を使わない場合と使う場合の集客モデルを明確にする

◇広告費を使わない場合

集客に使うのは基本的にはメールマガジンやラインに登録してもらうことをここではさします。


オンライン集客ですからね。

 

広告費を使わない場合の集客に関してですが、メールマガジンに登録してもらうために
各SNSを使い分けます。まだ人手を雇うことができない一人起業家の場合、
多くのSNSを使用していると手が回らなくなり、どれも中途半端になってもきついので
メールマガジンか、ライン以外は3つくらいに絞って対応するのをお勧めいたします。

 

SNSにあるものはフェイスブック、インスタグラム、YouTube、ワードプレス、
アメブロ、ツイッター、
ラインライブなどのライブ動画、など数えればきりがありませんが、

 

コーチ・コンサル・カウンセラー・セラピストで成果を出している人が
使用しているなあと感じるのは

フェイスブック、インスタグラム、YouTube、ワードプレス、アメブロ、
といった感じかなと思います。

どれも個性があるので活用の仕方は異なります。

フェイスブック メリット リアルに近い感覚で反応は早い、年代は30代以降が多い
デメリット 今日の投稿は明日見られないので、資産化ができづらい。
インスタグラム メリット 潜在顧客に自然にアクセスできる。
フェイスブックよりも対象は広くなる。
デメリット 一方的な発信になりやすく、フェイスブックに比べるとリアルな
信頼関係を構築するのに時間がかかる。
YouTube メリット 継続するほど力を発揮する。信頼関係を結びやすく、
価値を提供し続けていれば
資産のように活躍する。
メールマガジンなどのリスト取りには非常に効率的。
デメリット 即効性はない。継続力を必要とする。始めるのに
恥ずかしいという人が多い。
ワードプレス
ブログ
メリット SEOを極めることができればブログ・ホームページ
を置いておくだけで自動的に集客することができる。
自動集客には最も効果的、労働力がへる。
デメリット 初心者にはわかりにくい。ある程度の知識に投資したいが、
プロを見分けることが難しい。
アメーバ
ブログ
メリット こちらはアメブロ利用者からのアクセスを期待できる。
ワードプレスよりも即効性が期待できる。
また、セラピストでの使用者が多くつながりをえやすい。
デメリット  ビジネス目的での利用が表向きできない。SEOには上がりづらい。

 

広告費を上記のSNSのうち何個かを使いこなせるようになる必要があります。
お勧めとしてはブログでの自動的な集客は最終的にできるようになりたいところですね。
またYoutubeも長期的に見ると非常に素晴らしい集客媒体です。

 

紹介・口コミ・・・紹介や口コミはものすごく強力な集客法です。これを使わない手はありません。
オンラインでも紹介や口コミを利用することはもちろん可能です。
紹介や口コミの広げかたについてもまた解説してゆきますね。

 

◇広告費を使う場合

広告費を自分で使いこなせることができれば自動化はすぐそこです。
広告を運用しているだけで
売上をあげてゆくことが可能となります。
ただし、まずは広告費なしでやってゆく必要があります。売上が上がるかわからないものを広告かけるのはナンセンスですよね。

 

だからこそまずは広告費なしで満足いくような売上をあげられるようになりましょう。

 

最初はフェイスブック広告を使用することをお勧めいたします。
なぜかと言いますと、フェイスブック広告は1000円とか非常に安い価格から使い始めることができますのでテストで広告を運用できるという非常にありがたい局面があります。

 

フェイスブック広告を使用する際のテスト改善の流れ

 

テスト→改善→繰り替えし→1リスト単価

 

1リスト単価は今コーチやコンサル場合2000円以上とも言われています。
1リスト単価を2000円で計算した場合、
個別相談などに集客できる割合がリストの5%と言われています。

 

ですので、

 

20万円広告費にかけた場合、100リストで個別相談が5人
広告費をかけるためにもフロントエンド、バックエンドの仕組みで売上を確定させる必要があります。
例えばバックエンド商品がコンサルティング50万だったとして、

成約率が5人中2人だったとしたら売上100万円 広告費20万円で80万円の利益です。

 

これならば広告費をふんだんに使用することができますね。
ここまで数値が出るようになんどもなんどもテスト改善を繰り返してゆく必要がありますので、
広告を使うこともなかなか簡単には行きませんね。

 

ただし一旦ヒットする広告を作ってしまえばその時に大量行動したら相当な利益を生み出すことができます。広告を使いこなせるようになれば相当強いですね。

 

ただしリスクとしてはアカウントが停止されたり、未承認にすぐになりやすいので注意が必要です。

(3)フロント商品の価値をあげる

フロント商品に確信を持っていれば、それはそれだけで確実に集客力に
繋がってきますし紹介をもらいやすいです。

 

何故ならば、フロントエンドに商品力があれば、それをみんなにみてもらいたい、体験してもらいたい。
そんな風に思いながら集客をすることができるのでそもそものマインドが良い状態です。

 

フロントに価値があれば、それを体験した人から口コミも生まれる可能性が上がります。
フロント、体験はビジネスに置いて最も重要とも言えます。全てはフロントから始まりますので。
だから、様々なフロント商品を体験する。それもフロントの価値を高めるためにもとても大切な体験となりますのでたくさんのフロント商品をのぞいてみることはお勧めいたします。

 

また、フロントが良いものであれば、対象客も増えます。
ぜひフロント商品には磨きをかけてくださいね。

まとめ

集客できない悩みの解決方法は以下の3つをまず測定し、改善してゆきましょう。

 

(1)売れるキャッチコピーを使用する
(2)広告費を使わない場合と使う場合の集客モデルを明確にする
(3)フロント商品の価値をあげる

これらをなんども繰り返してブラッシュアップすれば
あなたも集客の達人になれますので是非、実践を重ねてみてくださいね。

 

それでは最後までお読みくださり
心より感謝いたします。
ありがとうございました。

 

皆倉