コーチング コンサルティング 集客3つのポイント!

どうも
皆倉です。
本日もご覧いただき、感謝いたします。

 

 ゼロから30〜50万円を
一刻も早く売上たいあなたへ

ご登録いただきますと以下の3つの特典
をはじめ
会員サイト丸ごと
プレゼントしております。

特典❶たった1つの動画でマスターできる
「Zoom使い方完全マニュアル
特典❷あなたの人生を好転する
ものがたり起業大百科
特典❸人生逆転!あなたの
シンデレラストーリーテンプレート

 




 

 

今回は、コーチングビジネスやコンサルティングビジネスの集客に悩む方に向けて、効果的な集客法についてご紹介していきます。

コーチングやコンサルティングを行なっている方の集客方法は、ブログやSNSからの集客が一般的ですよね。

しかし毎日更新しているけどなかなか集客には繋がらない…

広告を掲載しても、効果的に集客できずコストばかりがかかって売り上げが不安定…

稼ぎたい!自由に働きたい!と思って独立したはずなのに結局集客がうまくいかず、何から手をつけて良いのかわからない…

そんな悩みを抱えているという声を頻繁に聞きます。そこでコーチングやコンサルティングの集客でお悩みの方はぜひ今回の記事を参考に実践してみてくださいね。

コーチング・コンサルティング・集客のための3つのポイント

コーチングビジネスやコンサルティングビジネスの集客におけるポイントは3つです。

1 クライアントのニーズをつかむ

2 ニーズに合わせた集客を行う

3 アクセスを確保する

当たり前に聞こえることでしょう。しかしこの3つのポイントを改めていくことで、集客さらに収益向上につながります。

集客とはメールマガジンやライン@に登録してもらうこと

これがどういうことかと言いますと
私の場合もそうなのですが、成果を圧倒的に、そして自動的に出している人は
みんなメールマガジンやライン@という 顧客管理ができて、能動的にセールスをかけることができる
媒体を使用している。

という事実があります。

メールマガジンを使うことで、伝えたいメッセージや、価値提供をすることができます。
セールスはその価値提供の後にするのがもっとも有効になります。

 

成約への流れは以下の流れになります。
非常にシンプルです。

 

先に価値を与える→無料セッションなどのオファーをかける→商品説明をする→成約

 

で、先に価値を与えるための媒体としてメールマガジンやライン@がものすごく有効ですし、
メールマガジンの読者さんの成約率がもっとも高いですので、
まずはメールマガジンに登録してもらうことが長期的にも非常に大切だと言えます。

 

集客においてツールやノウハウよりも大切なこと

 

集客にブログやSNSを活用することは一般的になりましたが、最近はメルマガスタンドを活用したステップメール、SNSならFacebookやTwitterはもちろんInstagramやLINE@などで集客している方も多くなってきています。しかしそのツールはあなたのビジネスの集客法にあっていますか?

実際たくさんの集客ツールがある中で、コーチングビジネスやコンサルティングビジネスを行なっている方から
「どれを選んで良いのかわからない。」「いろいろ試したけれど、効果が出ない。」という声を頻繁に耳にします。
あなたはいかがですか?

現在は、個人でコーチングビジネスやコンサルティングビジネスを行う人が増えています。
これはインターネットの普及が背景にありますが、その普及に伴い様々なツールやノウハウが登場し、
インターネット上では沢山のツールやノウハウといった情報で溢れかえっています。

それによってコーチングビジネスやコンサルティングビジネスの在り方も、クライアントのニーズも多様化しているのです。
つまりこれはお客様の求めることが幅広くなっているが、あなたの提供できることも増えているということです。

そこで、最もよく考えてほしいポイントがクライアントのニーズです。クライアントには数ある同業者の中からコーチやコンサルタントを選択する自由があるにも関わらずあなたを選んだのです。さらにあなたのサービスの対価にお金を払うのです。

当たり前のことと思うかもしれませんが、あなたがお金をいただくことは、
数ある同業者の中からあなたを選択してくれたありがたいことと言えますね。

しかし相談を受けるコーチやコンサルタントの方々には、最も大切にするべきクライアントのことよりも金銭的なことやノウハウに
フォーカスする方が多い傾向にあります。まさに「灯台下暗し」の状態です。

クライアントがいてこそコーチングやコンサルタントビジネスは成り立っているのです。

ここで、再度あなたのサービスはクライアントへ向けて最良のサービスが提供できているのか
について考えてみましょう。

本来大切にすべきこの姿勢が欠如していては、どれほど素晴らしいツールやノウハウを使っても
それはクライアントのためになるサービスではないでしょう。

 

 

1 クライアントのニーズをつかむ

クライアントや見込み客が求めているのはどのようなサービスでしょうか?
それらの状態を把握し求めていることを認知して宣伝していくことが重要です。

一旦、例を4つ挙げてみます。

①以前に利用したことがあり、再度検討しているクライアント

②急ぎでそのサービスを求めているクライアント

③興味はあるけれど、今すぐではなくてもいいクライアント

④知らない・興味がないクラアント

などクライアントの状態はもちろん個人によって全く異なりますね。

あなたはコーチングやコンサルティングをどのような状態のクライアントに向けて提供するべきか
あなたの優先するポイントによって変わってきますね。

自身のスキルや収益性などクライアントのニーズをつかむためには、
あなたが何を提供でき、クライアントは何を求めているのかをつかむ必要があります。

挙げた4つの事例に基づいて解説していきますので、ご自身のビジネスと当てはめて考えてみでくださいね。

 

①以前に利用したことがあり、再度検討しているクライアント

このクライアントはリピーターです。この方にこちら側からアクションを起こすことができる環境が必要です。
当たり前のことですが、
あなたはメールアドレスや電話番号などのクライアントの情報をしっかり保有しているでしょうか。

つまりあなたはリピーターに対して再度アクションを起こす手段は持っているでしょうか?

 

顧客情報を管理する。
これはビジネスにおいて当たり前のことであり
クライアントを思うのであれば確実にやっていることですね。

 

1度目の利用の際にメールアドレスや電話番語を獲得しておくことで、
こちらから宣伝や近状確認を行うことができるようになるので能動的な集客が可能になります。

このように、こちらから働きかけることので切る環境を構築しておくことは重要です。
他の状況のクライアントにおいても最終的にはこのようなこちらからアクションできる状況に持ち込めれば望ましいです。

 

②急ぎでそのサービスを求めているクライアント

このクライアントは見込み客となります。急ぎでサービスを探している方はまずどうするでしょうか。
大多数の方がネット検索で調べます。

そうした方をターゲットにするためには、ネットの検索で上位に上がってくるような
ホームページやブログを構築していく必要があります。

現在は何か悩み事や気になることを調べる際にはネット検索が当たり前になっていますね。
ここであなたのビジネスを売り込むことができれば集客につながります。

と考えると、

まず最低限の条件として

・どのような文章を書くべきなのか?
・サイトのコンセプトはなんなのか?
・見込み客にどのような未来を提供しているのか?

ここを明確にしておく必要があります。

 

次にSEOですね。
検索エンジンで上に表示されなければみてもらうことができません。
ですので、SEOも勉強する必要性が多いにありますね。

 

③興味はあるけれど、今すぐではなくてもいいクライアント

こちらは潜在的な見込み客です。このようなクライアントは潜在的なニーズは持ち合わせているので、
さらにい訴求していく必要があります。

また直接ホームページやSNSアカウントにアクセスしてくることは、基本的にまだ少ない段階なので
検索エンジンやSNS広告で、この人々の目に止まるような広告を打っていく必要があります。

そして潜在的な見込み客から見込み客、クライアントへと訴求を通し現状のステージからあなたのビジネスへ誘導していきます。

ここでは幾らかの戦術を寝る必要がありますね。

④知らない・興味がないクラアント

こちらは認知されていないのでネガティブなイメージかもしれませんね。
しかし効果的に宣伝できれば、あなたのビジネスを認知した途端にクライアントになる可能性もあるのです。

こちらも広告からの訴求が効果的でしょう。当人の問題意識や課題発見に寄与していく必要があります。

そして、このようなクライアント、見込み客に対して
購入してもらうことができれば分母が圧倒的に増えてゆきますね。

 

2 ニーズに合わせた集客を行う

自身のホームページやSNSにアクセスしてもらうには、先ほど挙げたようなクライアントのニーズに合わせた集客法
を活用する必要があります。集客の方法も様々な種類がありますが、こちらでも4種類あげて解説していきます。

①短期で集中的に集客

②長期的に時間をかけ集客

③低単価で集客

④高単価で集客

このように集客といっても様々な狙いを持って集客する方法がありますので、それぞれが解説していきます。

 

①短期で集中的に集客

こちらは起業初心者におすすめです。
起業初心者の状態で広告は非常に危ないですからまずは無料媒体を安定させることから初めてゆきましょう。

すぐに集客することができればビジネスを行う上では効率的ですが、実際にはそれほど簡単にはいきませんね。
もちろんコストをかけることができる資金力のあるのであれば広告をたくさん出すことで短期的な集客は可能です。

しかしコストはなるべくかけたくないという意見が多いのが現状です。
またなんども言いますが、起業初心者にはかなりのリスクとなります。

→そんな時に有効なのはSNSによる集客です。
特にフェイスブックはSNSの中でも短期的な成果に繋がりやすいです。

 

それはフェイスブックがリアルに近い感覚でつながることができる
という特徴があります。
しっかりその活用方法を理解したら、フェイスブックで集客することは可能です。

SNSは基本的に無料で運用できますし、他のユーザーとのつながりによっては個人の投稿が拡散されるので
比較的低単価で効果的に集客することが可能です。

 

②長期的に時間をかけ集客

こちらは時間をかけて集客していくので、コツコツ継続的にブログやSNSでの発信ができることが重要です。
やはりこれができる人は根強いファンを獲得することに成功する方が多のでおすすめです。

しかし個人で長期的に発信することは、かなりの忍耐力が必要になります。効率的にこちらを行うにはクラウドソーシングなどで外注してコンテンツのストックを確保しておくと効率的に継続することが可能です。

もちろんコストにはなりますがブログやSNSの購読者にとって継続的な発信があることでファンにつながりやすいのでオススメです。

有効なSNSとして、ブログやユーチューブが挙げられます。
また電子書籍を使用することも有効です。

これらの媒体での発信を長期的に積み重ねてゆきメールマガジンのリストを増やしてゆくことができたならば
不動の集客の仕組みが出来上がってゆきます。

実は無料媒体こそがもっとも有効であり、長期的な資産に繋がってゆくとも言えるでしょう。

③低単価で集客

コーチングやコンサルティングでは基本的に稀ですが安い単価で集客したい場合もあるでしょう。
ビジネスを興したてのタイミングや薄利多売で行う際、または副業から起業を狙うには効果的ですね。

こちらの方法で集客する際には、様々なターゲット層に訴求する必要があります。つまり言葉だったらわかりやすい言葉。
視覚的な訴求でも伝わりやすいということが重要です。

それによって集客する際のターゲットに幅広く訴求する効果が見込めます。
ある程度の集客が見込めるようになってきたら単価を上げていく。
または事業を拡大して従業員を雇ったり外注していく必要性もあります。

 

④高単価で集客

 

こちらは基本的に単価に応じて収益性が高くなるので最終的にはこちらを目指したいですよね。
しかしクライアントがコーチングやコンサルティングに高単価の報酬を払うことは珍しくありません。

コーチングやコンサルティングは売り上げやデータに直結することが多いので、過去の実績によって高単価もビジネスになり得ます。
しかし実績を作るにはそれだけの時間やコストがかかる場合が多い傾向にあります。

圧倒的な自社のブランディングが構築できれば
このステージのクリアは近づいてゆきますね。
そのケースの場合は、価格が高単価でも「買いたい」という人が買ってくれる状態になり得るでしょう。

 

3 アクセスを確保する

 

ニーズに合わせた集客やその方法には様々な方法がありましたね。そしてこちらで自分にあった集客ツールを活用していくことでそれが育っていけば半自動的に集客することができるようになっていきます。では実際にどのように集客していけば良いのか解説していきます。

 

主に3種類です。

①ホームページ

②メールマガジン

③SNS

大きく分けるとこの③種類になります。自分のスタイルに合わせて検討してみてくださいね。

 

①ホームページ

ウェブの集客においてホームページは欠かせないですよね。集客というと真っ先にホームページを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

メールマガジンやSNSも最終的にホームページへ誘導していくことがベターなのでホームページで自分のビジネスの詳細をまとめて位おくことは非常に重要ですね。

またホームページ上からコーチングやコンサルティングの申請ができるようにしておくと良いです。すると24時間あなたの代わりに半自動で契約を行ってくれます。

さらにアクセスしてくれた人へ向けてメールマガジンやSNSへの誘導を行うことも重要です。

 

②メールマガジン

集客にメールマガジンを活用する事例は豊富でインターネットの集客では長い歴史があります。同梱の激しいインターネットの世界で歴史があるということはそれだけ効果的な集客ツールだということです。

最近は似たツールとしてライン@も普及し始めているのでそれぞれの特徴やターゲットに合わせて選択していくと良いでしょう。こちらから興味をひかせ、ホームページへの誘導につなげることで効果的な集客につながります。

先述の通りですが、ここに集客することが長期的、短期的にももっとも有効な手段です。

 

③SNS

こちらは現在、最も熱い集客法で、FacebookやTwitter、Instagramが挙げられますね。
これらは無料で運用できることが強みですが、他にも拡散の力に優れています。
また、長期的な資産構築のためにも無料媒体こそがもっとも有効とも言えますので
是非無料媒体の構築はコツコツ継続して欲しいものですね。

また他の媒体よりも手軽に広告を使うことも可能なので是非おすすめしたい方法です。

 

まとめ

今回は、コーチングビジネスやコンサルティングビジネスにおける集客についてご紹介していきました。

クライアントのニーズをつかむ。ニーズに合わせた集客を行う。アクセスを確保する。
といった3つのポイントをベースにそれぞれについて解説していきました。

しかしそのノウハウに加え最も大切のなはクライアントへ自身の最良のパフォーマンスを提供することです。
以上を踏まえあなたのコーチングやコンサルティングがたくさんのクライアントへ提供できれば幸いです。

 

それでは本日も最後まで、ご覧いただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!