20日間断食について

どうも
皆倉です。

 

今回私は
体調管理、
トランスフォーム、
集中力向上の為、

 

断食を20日間することに
決めました。

 

まず最初の10日間は
準備食として
夜だけ
お味噌汁(大根おろしとわかめ)
にしました。

 

そのあとの10日間は
基本的に水だけです。
塩を少しと
レモンを少しかじりました。

 

そして20日の断食の後
桐生断食道場で
回復食を食べました。

 

準備食10日
断食 10日
回復食20日

 

という流れです。

 

以下がその写真です。

 

回復食は
最初の二日間は

 

昼食
夕食と
葛湯が出ました。

 

3日目
4日目は
昼食夕食と
玄米のおかゆが出ました。

 

5日目から
自宅で
自分で回復食を
用意して
食べていきます。

 

体調の変化。
私自身
もともと痩せているのも
あるのですが

 

58キロあった体重が
47、2キロまで下がりました。

 

体温も35度4分まで下がります。
断食は体に良いのは確かなのですが
負担もかかるので
慣れない人には
オススメはしません。

 

きちんとした指導のもと
行うようにしてください。

 

体力も尋常じゃないほど
使いますからね。

 

自分の場合は
インドでヨガの修行や
断食道場も今回が3度目だったので
ある種
チャレンジしたい思いで
トライしてみました。

 

これからの回復食が
非常に重要なポイントとなってきます。
みなさまとの食事は
しばらくできませんが

 

きちっと今回は
実施して
内側から
トランスフォームしようと
思っています。

 

ここにあるのは
感謝でした。

 

私は少ないおかゆでも
全てスプーン一口に対して
200回噛みました。

 

それを繰り返して行くうちに
目を閉じながら
少量の葛や玄米を噛み締めているうちに
その先には

 

やはり感謝しかありませんでした。
そして
200回毎回噛むことを
繰り返すことは

 

今まで
食べ物を飲み込んでいた
私にはとても最初難しかったのですが
どんどんできるようになりました。

 

この感覚は
日常に戻ると忘れてしまいがちです。

 

この感覚を
思い出すことは
とても大事だと
心から思っています。

 

 

もう少し回復食が
続きます。
どうかしばらくの間
少しお許しくださいませ。

 

葛湯

朝ごはん

梅醤番茶

玄米がゆ

お散歩コース

なぜか桐生には遊園地が。。。

可愛い古民家も

 

2日目の玄米がゆは少しだけ量が増えました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

49800円相当の教材が無料プレゼント!

自分発明研究所にいいねを押してください。

プロフィール


10年以上10万人以上の一般顧客にセールスを経験してきました。電話営業では全国約4000人の社員含めたアポインターの中でアルバイトながらも10位以内にランクイン、その後外資系コンサル、25000人の一般顧客と向き合いトップセールスとして表彰もされました。

そんな私でしたが、起業家としては全くうまくいきませんでした。。。
起業して5年。男ながらも起業1年目はヨガの500Hの講師の資格を取得しアーユルヴェーダと言うインドの施術でセラピストとして数年間、さらに2店舗経営するも破綻。

お店も潰し、貯金はなくなり更に人生初の引きこもりでのネットビジネスで失敗、人生で初めてお金に困るという生活をするほど転落しました。

◇さて、どうして営業時代うまくいっていたのに
起業してダメだったのでしょう?

そんな会社員に戻ろうと思っていた矢先、一生物の大切なマインドセットそして出会いがありました。

その時に培ったマインドセットと
世界ナンバーワンのコーチングスキル
この二つの大切さを身にしみて確信

更に元々のセールス力を磨きあげ翌月月収154万を達成、
そこで得た学びを元に
現在は起業家やセラピストの支援をしている。

今現在自身のビジネスでは月商630万
(収入550万以上)を達成

【主なクライアントの成果】

・0歳、2歳、5歳の3児のママが月商100万円達成
https://youtu.be/Ej3IxCYevvo

・双子のシングルマザーが2週間で30万円の本命商品を販売
https://youtu.be/oXuoTPLn4Js

・5カ月間一度も成約できなかった女性起業家が
セッション後すぐ30万以上の商品を成約成功
https://youtu.be/5tnGH0YZB8E

とクライアントの成果に真摯に向き合いながら日々励んでいる。

30年来のアトピー性皮膚炎を克服
ドラえもんの大ファンでのび太を愛してやまない。

PAGE TOP