【閲覧注意】わたしとアトピー「地獄でした。。。」

どうも
皆倉です。

地獄を見た事ありますか?

朝起きて、ちりとり一杯の体から剥がれ落ちた皮を
膝裏の皮膚が引きちぎれる痛みのため
びっこをひきながら

177センチ48キロのゾンビのような体で
掃いてかき集めて
1日が始まりました。

夜は凄まじい痒みで眠れず
「私は愛と光と忍耐です。」
と唱え続け、

 

自分の皮を集めながら
「私は前世で誰かに大火傷を負わせたのかもしれないな」
と思いながら

人生ではじめて「死にたい」と
心の中で叫びながら
毎日を過ごしていました。。。

 

2018年4月15日からのことです。
この時期は約3週間で少し落ち着きましたが
私のアトピー性皮膚炎に対する

 

ある治療法を実践して
起きたことです。

 

こんな私と一緒にいてくれている
奥さんに
そして、協力してくれた家族

 

また、お誘いを断り続けても
なおいまだに私にお誘いを続けてくださる
ご縁のある方々へ

 

感謝を込めて

 

この記事はアップしようか
しないか

とても迷いました。

 

迷った挙句、
ぶっちゃけ怖いな・・・

 

思った挙句、

 

怖いことこそアウトプットすべきだと
知っているので、ここは私の人生。。。自分自身の成長のため
アップしてみます。

 

自分のために。

よくわかりませんがアウトプットしたほうが良い
と感じるのです。

 

私自身のために。

 

アップしてみなきゃわかりませんから。

 

自分自身の枠ごえのため

 

この記事はわたしの中で
チャレンジです。
枠を超える。

 

そしてこれをみた誰かしらに
何かを与えることができれば。
そんな思いも感じています。

 

わたしはこの状況
最大限活用しました。
そんなことも最後に書いています。

 

途中で読むのをやめるか?
最後まで読んでみるか?

 

選択してみてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
ものがたりから
全ては生まれます。
困ったときは大チャンス
━━━━━━━━━━━━━━━━

知っている方も多いと思いますが
私はアトピー性皮膚炎です。
そして、見た目にはそんなにわからないらしく

 

アトピーだったんですか?
と言われることも多かったです。

 

しかしながら今回伺った鍼灸の先生には
「今まででベスト3に入るくらいの症状だね」
と言われるほどでした。

 

私は私のアトピーを「そんなに重いものではない」
と感じていたので、びっくりしました。

 

こんなに私の中にアトピーが潜んでいたなんて。
これから私とアトピーについて
ここに記していきます。

 

書こうか書くまいか迷いましたが
書くことにしました。
私の世界、私の人生、私のブログですから

なんと思われようが構いません。

 

私とアトピー性皮膚炎

言った通り私はアトピーなのですが
アトピーと言われて30年以上になります。
起業してからもアップダウンを繰り返してきました。

足に症状が出始めてから、
ちょっと足はまずいなあと
歩けなくなったらちょっと仕事にも支障がでるので

 

それからは自分の体と向き合ってきました。

 

体調は常に30%くらいの状態で
仕事に対して集中できる時間は減ってゆき
今までの人生でもかなり悪い状態が続いていました。

 

ですのでいきたいイベントも
かなり多くにわたり
断り続けてきました。

 

健康はとても大切ですよね。
健康が最も大事とも言えるかもしれません。

2年前、8年間脱ステしていたにも関わらず
ステロイドを使用し始める

 

8年ほど脱ステロイドをしていましたが
2年前に手にアトピーが
出てしまいセラピストとしてやっていく上で

 

手はどうしても必要なので
泣く泣くステロイドを使い始めました。

 

一般的な説ですがステロイド剤を使うと
どんどん量を増やさざるを得なくなり
次第にその後はどんどん効かなくなっていく。

 

なんとなく覚せい剤にも似ていますね。

 

でその通りになってゆくわけです。

 

わたしは去年末くらいから
朝数時間準備の時間がないと
普通に動けるようにならない。

 

限界値がどんどん狭くなっていく

 

そんな状況をずっと繰り返してきました。
だからこそ自分のできる仕事だけに集中してやっていました。
でも、30日あったとしたら10日くらい働いたら限界

 

くらいの体でした。
1日のイベントとかは無理なので
大概断り続けました。

 

クライアントさんと自分の仕事だけに
集中していました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
困ったなあ・・・
今を最大限活用できるならば
どんな行動ができるだろう?
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今の仕事、私の思い

 

私は今の仕事が大好きです。
クライアントさんがみるみる変化してゆくのを
みているとこちらがワクワクしています。

 

できればずっと元気に健康的に
エネルギッシュに仕事をしたかったのですが

 

体調に関しては30点でした。

 

だから半端な状態で悶々と仕事をしていて
これはなんとかしないとな
と情報を探りました。

 

アトピーやめたい。
と心から願ったわけです。

 

そしたら初めて手にした情報がありました。

 

ある治療法との出会い

 

私は全てにおいて実験くんであり実践くんです。
実践でしか学びはないと確信して生きています。

 

ですので今までトライしたことのなかった
ある治療法を知り、
そしてもちろん試してみたのです・・・

 

が・・・

 

***

 

そのある治療法とは
脱保湿という治療法です。
この脱保湿ですが

 

どのような治療法かというと

1、保湿をしない
2、風呂に入らない

というこの二つを徹底して実践するという
治療法です。

私は脱保湿は知っていたのですが
毎日風呂に入らないということまでは知らず
風呂には入るけどそのあとに保湿しないと勘違いしていたのです。

 

先生の言う脱保湿は
風呂にも入らない。もちろん保湿しない。

と言うものでした。

「かなりきついから
やらないなら来なくてもいいよ
と言われましたが

 

この体験は今までの人生でなかったので

最後の掛け
みたいな思いで
実践し始めました。

 

すると。。。

 

今までのアトピーの人生の中で
最も最も厳しい体験となりました。

 

さて、先述したように
20代後半からステロイド剤を絶って
8年絶ってはいたのですが

 

2年前からセラピストとして活動していた時期
手にアトピーが出るようになり
ステロイドの再使用を余儀なくなりました。

 

手が使えないと仕事ができませんからね。

 

そしてステロイドを塗ると
大概の人が陥りがちなのですが
どんどん体のあちこちに広がっていきます

 

結局私も2年めになると
常にどこかしらきつい

 

という状態になってしまいました。

 

私は今まで
いろんな療法を試してきました。

 

玄米菜食
サプリメント
EMX
酵素ドリンク
断食
海水
脱ステロイド

 

様々な療法を試してきましたが
中途半端な私の性格も
あるでしょう。

 

なかなかどれを試してみても
よくなりませんでした。

 

そうであるがゆえからか
私の思考は自分で勝手に
制限をかけていくループのなかに入っていました。

 

あれはしないほうがいい
あれはやっちゃダメ
あれは食べちゃだめこれもダメ

ダメばかりの思考になっていました。

 

ダメダメ思考で・・・

 

自分が自分で勝手にそのループの中に身を置いて
そのループをどんどん狭めているだけなのに

 

肉は食べないほうがいい
甘いものは食べないほうがいい
食べ過ぎないほうがいい
あ、今日はよく噛まずに食べちゃった
運動しなきゃダメ

 

そんな風に自分から
病になってゆくような
思考回路に自覚症状なしでなっていたことに気づきました。

 

図にすると以下のような感じです。
ダメダメと自分ができることを
どんどん少なくしていきました。

そんな自分であるにも関わらず

 

奥さんの行動に対して
「どうして分かってくれないのだろう」
と不満を抱える自分もいたのです。
(今考えるとかなりお恥ずかしいですね)

 

勝手に自分が選んで
自分勝手にやっているにも
関わらずです。

 

客観的にみても当時の私の食生活に
普通の人が付き合うのは難しい
と思います。

 

私自身が難しいのですから。
(奥さんには本当に感謝ですよね
こんな私とずっと一緒にいてくれている。
それだけで本当にありがたいことです)

 

そして、わたし自身の体の症状に
向き合ってきて改めて気づいたのですが

 

私はみんなと美味しく
楽しく食事をしながらお話するのが大好き

 

私はずっとアトピーを改善したいという願いから
食事制限をしてきました。
この期間徹底的にやりたいと思い

 

カウンセリングも受講してみて心の声を感じてみたら

 

食事制限などもともと
別にしたくないのです。

 

玄米菜食をしたい
と思っていませんし、
お肉も甘いものが大好きで

 

本心では食べたいと思っていました。

 

奥さんや
家族、そして仲間、みんなと一緒に
楽しく食事を一緒にして
パーティーとかBBQとかお酒を一緒に飲んで、
イベントを楽しむ時間

 

そんな時間が大好きなのです。

 

その大好きなことが
できない。できなかった。
ずっと我慢してきた。(勝手に自分がです)

 

というよりもそのようなことが
大好きだったことすら
わからない状況になっていました・・・

 

そしてその反動で何かイベントがあるごとに
自分を苦しめてきました。
過食嘔吐もしたことがあります。

 

私の気持ちは『みんなと楽しい時間を
過ごしたい』それだけなんですが、
私の体はそれを許してくれませんでした。
(と思い込んでいました)

 

自分からあれはダメこれはダメとやっているうちに
大丈夫なことが減っていったのです。
そして、本当に

 

肉だったりパンだったり
甘いものだったりお酒だったりを
口にするとそれが出てしまうような

 

敏感な体に変わってしまっていました。

 

イメージとしては

こんな感じのイメージでした。

 

そして大好きなクライアントさんと
向き合うことのできる時間が
アトピー性皮膚炎のために減っていきました。

 

集中力が続く時間が減っていきました。
それを徐々に感じていました。

 

プライベートだけではなく
仕事までも蝕んでいく
アトピー性皮膚炎。

 

私は、

 

「このままじゃまずいな」と感じると同時に
疲れも感じました。

 

 

4度目の断食道場

そしてなんとかしたいと
再び断食道場にいきました。
行っても対してよくならないくらいの

 

2泊3日の軽い半断食コースでした。

 

本音を今もう一度言えば私は奥さんと一緒に
食事を一緒に楽しみたいのです。

 

断食とかしたくないのです。
その自分の気持ちすらわからない
状況になっていました。

 

そしてふとそんなことを思いながら
断食道場でアトピーについてもう一度調べました。

 

アトピー・鍼灸と検索してみました。
そしたら良さそうな鍼灸師がいましたので

 

すぐに予約してみました。
そして行ってみて最初
先生に追っ払われそうになりました。

 

「できないなら帰ってください」

 

こちらの治療院で推奨されているのが
脱保湿でした。

 

先生は脱保湿をしながら鍼灸で調整して治してゆくという手法をとっていました。
私は脱保湿のきつさを知っていましたので、
「えー脱保湿なんですか!!」と聞きました。

 

先生の脱保湿できないならば帰ってくださいのスタンスは
変わりませんでした。

しかしながら脱保湿は治療人生最悪の地獄

 

脱保湿をすると風呂に入った後ものすごい乾燥が遅い
皮膚が白くなり非常に辛い状態になります。

 

ただ今回の脱保湿はずっと、
可能な限りの期間
風呂に入らない

 

というものでした。

 

実践してみると以上なほどきつかったです。
乾燥を通り越して皮が白くなり
ズルムケになり痒くなります。

 

過酷な道のりの峠では

 

またまた「死にたい」と思うほどの
私の人生における最大のインパクトでした。

 

朝起きて、ちりとり一杯の体から剥がれ落ちた皮を
膝裏の皮膚が引きちぎれる痛みのため
びっこをひきながら

 

177センチ48キロのゾンビのような体で
掃いてかき集めて
1日が始まりました。

 

「私は愛と光と忍耐です。」
と唱え続け、

 

自分の皮を集めながら
「私は前世で誰かに大火傷を負わせたのかもしれないな」
と思いながら

 

人生ではじめて「死にたい」と
心の中で叫びながら
毎日を過ごしていました。。。

 

すでに自分の顔はしかばねのような状態でした。
乾燥によるフケだらけで
目の周りやアゴからは白い粉が
ふいていました。

客観的な意見ですが
普通に考えて自宅でこんなことできる人は
なかなかいないかと思います。

 

どんな症状になるかは下の写真をみてみてください。

 

死のうかなという感情

 

地獄のような日々に

「どうして俺だけこんなに苦しまなきゃいけないんだろう?」

と思うことがありました。
親への恨みの感情も湧いてきました。

 

「死のうかな」と考える時間がまさか出てきました。
今までの人生で「死にたい」と思ったことはありませんでした。
自分でもびっくりしていましたが。

 

「死にたい」とたまに思うようになりました。
でも同時に「こんな私だからこそ、成功しなければならない」
「私は成功するべき人間だ」とも感じていました。

 

両方の気持ちを同時に感じながら
日々を送っていました。

脱保湿後のアトピー症状の変化

 

脱保湿に関しては
私は40日間風呂に入らない
生活を続けました。

 

この期間私はありとあらゆることをしました。
全部やろうと思い

鍼灸
糖鎖というサプリメント
A社のサプリメント
そしてカウンセリング

 

お金もたくさんかけました。
自分という存在に
たくさん投資しました。

 

さて、ここでカウンセリングを受けはじめてからですが
カウンセリングを受けてから
自分の我慢していたものに気づきました。

 

我慢こそよくないものだということに気づきました。

 

「波乗りしたい」

 

という自分の気持ちを大事にしました。

 

そしてよくよく考えました。
お風呂のあとはものすごい乾燥して
保湿剤を必要とするのに

 

波乗りのあとは
海水だからか
大丈夫だったようなことを思い出していました。

 

波乗りして
風呂には入らずに
保湿もせずにやってみよう

 

それを脱風呂40日目から
実践することに決めました。

 

その後波乗りは毎日のようにして
風呂には入らない
は貫いて実験中です。

 

ここからはちょっと勇気ある人にしか見れないかなと
思いますのでグロテスクな映像が無理な人はみないでください

 

わたしは動けない状態にまでなりました。
だからこそそんなわたしだからこそ
できることはないか??そんなことを考えていました。

 

閲覧注意してください

 

これは4月15日初めて治療院を訪れた時の
私の肌の状態です。

さらに先生の行っていることは
風呂に入らない。

 

この風呂に毎日入らない。。。に関しては
今までの人生でやったことがない選択でした。
でしたので、これはもしかしたら非常に効能がありそうだな

 

と感じました。

 

皮膚がせっかく良くなろうとしても
風呂に入ることでその皮脂を落としたら
菌を落としたりしてしまう。

 

それでは回復するものもしなくなってしまう。

 

これが先生の考え方でした。
私は風呂に入って1日乾燥に絶えるのを我慢するを
繰り返すのが脱保湿だと思っていましたので

 

この新しいチャレンジは
私はすべきだな

 

と感じました。

 

そして風呂に入らないならば
そんなに乾燥もきつくないんじゃないかな
と勘違いをしてはじめました。

 

そして、蓋を開けてみたら
地獄のような日々が始まりました。
まさかこんなことになろうとは

 

想像もしていなかったので
相当辛かったです泣

 

4月16日

17日

18日

19日

20日以降

IMG_5483

IMG_5486

IMG_5492

 

 

いかがでしょう?
ご覧になってみて。。。

わたしは
親しい人にだけまずは見てもらいました。

 

 

「わたしには耐えられない」
と父親は言っていました。
という人がほとんどでした。

わたしもこんな状態で
全力を出すことが
精神的にもできませんでした。

でもそのような症状は
耐えられる人にしか
訪れないんだそうです。

 

わたしはその耐えられる人に
選ばれて
そしてこれを受け取って進化してゆくべき
人間なのだと受け取りました。

 

こんな経験はわたしにしかできないでしょう。
現に先生にも

 

「ベスト3には入るね」

 

と言われました。
保湿していて
そんなに悪いとは思っていませんでしたが

 

蓋を開けてみたら
ここまで潜んでいるとは
本当にわかりませんでした。

ここまで公開したのは
これからわたしが
この症状と向き合っていく上で

必要なことだと感じたからです。

 

この情けないかもしれない
わたしの弱さをシェアすることで
誰かしらに力を与えることができたならば

それはありがたいことだと

感じます。

 

わたしは7月16日付でアトピーをやめます。

そのためにもアウトプットが必要だと感じましたので
ここで記させていただきました。

 

アトピー対策の変化

断食してヨガより


よく食ってサーフィン

 

がわたしには断然あう。

1、なんでも食べたいものを好きに食べる

「誰がなんと言おうとわたしはわたしのものがたりの
ヒーローであり主人公である
ならば何を食べるであろうか?」

ここを意識すると良いものを入れたいと
感じます。

常に実験を心がけています。
自分の体はどんな食べ物を欲しているだろう?
そしていつどのように何を食べるのが

私の体にとって良いだろう?
私は、私の体は喜ぶだろう?
そんなことを意識しています。

アトピーだから玄米菜食ではないといけないとか
アトピーだから食べ過ぎてはいけないとか
アトピーだからお肉も食べたいけど食べちゃダメとかは

我慢になります。
「私は玄米菜食を欲しているから食べる」ならば
オーケーです。

今日の私は何を食べたいか?
その時に玄米菜食を食べたければ
それで良いと感じます。

現時点で私の食事は

朝 ミックスナッツ バナナなど
昼 好きなもの 欲しているものをなんでも食べる
夜 野菜中心、玄米大麦のチャーハン 白米 お魚かお肉を少々

このような形で毎日を過ごしています。

ビフォー・・・食べ過ぎない・できるだけ玄米菜食・お肉や甘いものを避ける
食べた時に「食べちゃった」と後悔している自分

 

アフター・・・好きに食べるが夜は主体的に少なめでヘルシーと感じるもの
食べた時に「幸せ」「私の良いエネルギーに変わる」と感じながら食べる

2、よく噛む(最低30回)

「わたしはわたしのものがたりの主人公である
ならばなんか行かんで食べ物を食べる?どんな風に食べる?」

ビフォー・・・日常生活ではなかなか意識できないことが多く食べるスピードも早くなってします。
アフター・・・噛んでいる回数や、食べ物の味を噛むことで堪能している

3、風呂に入らない

40日間はスポーツもできなかったのでかゆみが出るとのこともあり
食事も腹6分を意識して徐々に腹6分まで減らしてゆきました。
41日目から毎朝のようにサーフィンをし始めました。

ビフォー・・・毎日風呂 常に保湿 サーフィン2週に1
アフター・・・風呂に入らない サーフィンをほぼ毎日しまくる 保湿もしない

4、サーフィンをしまくる

41日目からサーフィンを毎朝のようにしています。
わたしのメンターは
エウリピデス、ヒポクラテス、アンリ3世、ルネカントンです。

 

断食してヨガよりも
よく食ってサーフィン

 

の方が

 

わたしにはずっと相性がよかったのです。

 

※これまで確認されている海水療法効果
↓引用元
http://aquin.hamazo.tv/e3605316.html

ルネ・カントン(フランス人生物学者)の実験
1904年発表
実験目的:海水と動物の血液・っvリンパ液の成分組成は同じである。
実験内容:犬の血漿を全量の2/3抜き取り同濃度の海水を注入
実験結果:直後に瀕死状態になり、数時間後回復、1週間後に全快。ヘモクロビンの再生。
結果波及:生理食塩水点滴。タラソテラピー

海水療法の歴史
古代エジプト:海水療法が認知
480B.C.:詩人エウリピデス「海は人間の病気を治療する。」
420B.C.:西洋医学の祖・ヒポクラテスが海水温浴法を提唱。プラトンらが治療を受ける。
16世紀:フランス人医師アンブロワーズ・バレ、海水療法を推薦
1578:フランス国王アンリ3世、海水浴で皮膚病治療
1697:イギリス人医師W・フロイヤー、「イギリスにおける温冷海水風呂の利用について」
の論文発表
1750:イギリス人医師リチャード・ラッセル、海水飲用効果に関する論文発表。胃腸障害、
関節障害には海水浴と海水飲用が必要であることを提唱。
1867:ラ・ボナディエール博士、海水療法をタラソテラピーと名づける。

海水療法の治療効果
循環器系 動脈硬化、高血圧、脳卒中、糖尿病、心筋梗塞
呼吸器系 気管支炎、喘息、肺ガン、肺胸膜硬化症などの慢性呼吸器疾患
脊椎 脊椎側湾症、脊椎後湾症、硬直性脊椎関節炎
外傷性障害の後遺症 損傷、骨折、挫傷、筋肉硬化、筋萎縮、関節硬直症
こどもの障害 発育不全、成長障害、栄養障害、小児麻痺、食欲不振、精神障害
皮膚病 アトピー性皮膚炎、湿疹、汗疹、乾燥肌、さめ肌、過敏症、疥癬、
角化症、魚鱗症
その他 慢性リューマチ、神経性疾患、無力症、リンパ系疾患、更年期障害、甲
状腺障害、腸炎、くる病、目の疾患、記憶障害、栄養不良、老化、ガン

5、鍼灸治療

鍼灸整骨院に通っています。
とてもオススメの良い整骨院ですので
気になる方にはお教えいたします。

ビフォー・・・経験なし
アフター・・・自分で灸を据えるようになる

6、カウンセリング

カウンセリングを受けています。
自分のことほどよくわからないとは
カウンセリングを受講していると本当によくわかります。

 

困った時にプロにこころについてお願いすることも
必要ですね。
本当にありがたいことです。

 

ここで大切なことは
報酬と苦痛を理解することでした。

常に主体的に

これは私の体が喜ぶから食べる
私自身が欲しているから食べる

 

主体的に自分で決める
人の意見は関係ない

 

アトピーだから食べたいけど我慢
アトピーなのに食べちゃった大丈夫かな

という思考はよくない。

 

わたし自身の変化

 

ビフォー・・・あれはやらないほうがいい。
やらないほうがいいのにやってしまった
食べないほうがいいのに食べてしまった
あの人にああ言われたからそうしよう
という考え方が多かった

アフター・・・食べたいから食べる
食べたくないから食べない
あの人はああ言っているけど、
今自分はこうしたいからこうする

 

あくまで主体的に考えるようにする

 

で、よくよく考えて
今までは断食してヨガでしたが
わたし自身の人生は

 

よく食ってサーフィン!!

 

の方が断然楽しいので
そっちを主体的に選択しました。

 

そしたら人生が全く違うものになりました。

 

あれもだもこれもだめから

 

これがいいあれがいい

 

美味しい素晴らしい食事を楽しみ

 

サーフィンをしまくる人生。

 

そのようにトランスフォームしました。

 

7、糖鎖とサプリメント

糖鎖というサプリメントともう一つ別にサプリメントを飲んでいます。

 

 

8、仕事面

仕事は私の人生における
最も大切なこと
生きがいです。

 

しかしながらその生きがいの
時間がアトピー性皮膚炎のために
やりたいようにできない

という状況になりました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
だからこそそんなわたしだからこそ
できることはないか??
そんなことを考えていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━

私にできること。
それは広告について研究することでした。
広告についての研究ならば

体が動かない今でも
できる!「不動所得」ですね

 

この期間はひたすら広告を研究していました。
動けないからこそわたしにしかできないこと。
それは「不動所得」を生み出す方法。

 

アトピーで動きたいように動けない
体力が願うようにはもたない
そんな状況だからこそ研究したこと

 

それは広告でした。
広告について徹底して研究すること。
これしかありませんでした。

 

そして半年間広告と向き合ってきました。
待ったくリストが取れない時もありました。
最初は1リストとるのに1万円以上かかっていました。

でも必ずできるようになると
信じていましたので
諦めませんでした。

 

そしたら。。。
助けも入りました。
いろんな情報をくださる方が現れました。

 

そして、今成果は完全に数値として
出てきました。

 

これはわたしが動けなくなりそうな
予感がしたおかげです。
わたしの持病のおかげなのです。

 

さて、いかがでしょうか?
何も問題がない方というのは
存在しますでしょうか。

 

もしもあなたが問題を抱え、
それと向き合ったのならば
それはあなたがもっともっとあなたらしく

 

進化するための

 

何かしらのメッセージであり
ギフトかもしれません。

 

その状況を活用できるとしたら
私にしかできないことがあるとしたら
どんな行動ができるだろう?

 

この出来事の肯定的なメッセージはなんだろう?

 

いかがでしょうか?
よく考えてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━
もしも過去に辛かったことがあったとしたら
もう一度どうしてその出来事があなたの人生にあったのか?
考えてみてください。
その時に得られるものがあなたの
ものがたりの宝物になるかもしれません
━━━━━━━━━━━━━━━━

2ヶ月での変化

自分にあうライフスタイル

わたしはわたしが行きたいと生きたいと
生きている。それでいい。

不完全でいい。

わたしのやりたいように行動する。

そこで出会う出来事が

そこで出会う人々が

わたしにとっての大切な人たちであるから。

 

わたしのなかの過去のそれはすでに金色のエネルギーとして
変換している。

 

わたしは愛であり慶です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のIQUEST
━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなあなたにだからできる行動がある。

断食してヨガよりも
よく食ってサーフィン

_____________________________________
メール講座では、あなたのものがたりの作成方法や
セールス技法など様々なコンテンツを提供しています。

 

[自分発明研究所]
____________________________

ミッション
____________________________

自分発明研究所のミッションは

『愛と感動の冒険をしながら
あなたと私の願望を実現してゆくこと』です。

 

私の場合は母の鬱、
女性へのトラウマ、いじめ
アトピー、大好きな仲間、

私にとってそこから苦痛と愛情の両方が生まれました。
そしてそれこそが私にとってずっと冒険であり、愛でした。

そこに向き合った時にこのミッションが生まれました。

 

その先にあるもの

自分の才能が花開き、好きなことを仕事にし、やりたいことを
全て叶えながら、全ての人たちと健康で、豊かに、幸せでいられる
世界最高のサービスを提供します。

____________________________
ビジョン
____________________________

『全ての人たちがそれぞれの使命に出会い、人生を全うすることで
愛と感動を分かち合いながら、皆が豊かで、喜びに満ち溢れた世界へ』

 

私の今までの人生がこのビジョンをくれました。

・最高の自分を発明する今最善の方法を常に与え続けます。
・より自分について精通することで、相互理解を生み出します。
・自分らしくチャレンジする事で豊かになれるような環境を作ります。


____________________________
理念
____________________________

自分発明研究所は、
愛と自己理解を通じて全ての人々の共存共栄を実現し
社会の発展に貢献します。

 

自分発明研究所 代表 皆倉 慶彰

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メール講座登録でプレゼント!!

☑ものがたりの作り方
☑ものがたりセールステンプレート
☑ものがたりからの仕組み構築法

自分発明研究所にいいねを押してください。

プロフィール


10年以上10万人以上の一般顧客にセールスを経験してきました。電話営業では全国約4000人の社員含めたアポインターの中でアルバイトながらも10位以内にランクイン、その後外資系コンサル、25000人の一般顧客と向き合いトップセールスとして表彰もされました


そんな私でしたが、起業家としては全くうまくいきませんでした。。。
起業して5年。男ながらも起業1年目は
アーユルヴェーダと言うインドの施術でセラピストとして数年間、さらに2店舗経営するも破綻。

 

お店も潰し、貯金はなくなり
、更にネットビジネスで失敗、
人生で初めてお金に困るという生活をするほど転落しました。

さて、どうして営業時代うまくいっていたのに
起業してダメだったのでしょう?

 

そんな会社員に戻ろうと思っていた矢先、
一生物の大切なマインドセット
そして出会いがありました。


その時に培ったマインドセットと
世界ナンバーワンのコーチングスキル
この二つの大切さを身にしみて確信


更に元々のセールス力を磨きあげ、
その翌月月収154万を達成、そこで得た学びを元に
現在は起業家やセラピストの支援をしている。

 

主な成果

・5カ月間一度も成約できなかった女性起業家が
セッション後すぐ30万以上の商品を成約成功

・はじめて起業した3人子持ちの忙しいママセラピストの自宅サロンを3カ月後まで予約で埋めることに成功

とクライアントの成果に真摯に向き合いながら日々励んでいる。

ドラえもんの大ファンでのび太を愛してやまない。

PAGE TOP