自分に自信を持つ方法  メタ認知 その他方法

自分発明研究所にいいねを押してください。

自分発明研究所
皆倉慶彰です。

今日もお読みいただきありがとうございます。
コメントとかいただけるととても喜びます。

自分に自信を持つ方法

結論を言ってしまいますと。。。「みんな自信なんかありませんよ」
あなたは自分に自信があると言えますか?
これから自分に自信を保つためのテクニックを

 

たくさん共有してゆきますので
是非お役に立ててみてくださいね。

正義が勝つ

最後に正義が勝つ
この世は正義が勝つようにできています。
この世では悪ははびこることが絶対にできません。
どんなことがあろうとも悪はいつか滅びることになります。

 

他人を中傷する人たち、
陰口を叩く人たち、
誤った事を行う人たちも、
ときおり成功を手にしたかのように見えることがあります。

 

しかし正義の法則はその機能を絶対に停止する事がありません。
彼らはやがてその法則に従い敗北する運命にあります。
引用〜原因と結果の法則〜

 

必ず最後に正義が勝ちます。

 

私たちはどうしたら心を正し、
正義として生きられるか
これを学ぶ必要があります。

 

 

学んでも学んでも
ここにたどり着くのはとても難しいと言えます。
大人になればなるほど

 

シンプルな正義として生きることは
実は難しくなってゆきます。
正義でいることはとてもシンプルですがそれがとても難しい。

 

正義でいるためのコツとして
瞑想することをお勧めします。
でも瞑想って難しそうですよね?

 

簡単な瞑想方法として、
3つのポイントがあります。

 

1、姿勢を正す

2、目と閉じる

3、吐く息を長めに取り呼吸に集中する

 

そして吐く息とともに
雑念を出してゆくようなイメージです。

 

よりシンプルな
シンプルで良いことだけにフォーカスをして行って見ましょう。
瞑想とは雑念を出す。

 

出すことで自分自身を浄化するイメージです。
自分自身が綺麗な方が良い成果が出る。
当たり前ですが。

というのが原因と結果の法則です。

メタ認知

 

タモリさんは、
ナインティナインの岡村隆史さんに対して、このように語っています↓

「余裕というのは、オーバーに言うと、
幽体離脱したみたいに自分をちょっとズレた
視点から見られるということだね。
それはどんどんできてくると思うよ。」

『パピルス』2008年10月号より
この発言には自信へのヒントが隠されています。

 

先日ある人に聞いてみたら
「みんな自信なんかありませんよ」

 

今日お話しした人も
「私自分に自信がないんです」
と言っていました。

 

これから自分に自信を持つ方法について
記してゆきます。

「自分は所詮この程度だから」

「自分だからこの程度の選択で十分だろう」

こんな風に自分の持っている
力未満の選択をしがちになる。
このような解釈を自分にしていると

チャレンジできなくなってしまうことがあります。

 

 

ですので自己評価が低いのはどう考えても
成果につながりづらいと言えるでしょう。
ではどのように解決したら良いでしょうか?

 

この問題を解決するひとつの手段が、
「メタ認知能力」を高めることです。

 

メタ認知能力とは

自分の能力を客観的に評価することで、
自分の持っている力やポテンシャルを、
適正に評価することができるようになる。

 

なので、
自己評価の低い人がその陥りやすい状況を
回避することができます。
私も自分に自信を持てていないときは正直
「仕事」もなかなか上手くいきません。

自信を持てていない状態で
「恋愛」や「人間関係」は
うまくいくでしょうか?

 

自分に自信がある人に比べたらうまくいくはずがありません。
(自分に自信がありすぎる人も問題だという話もありますが、
私個人的には自信ありすぎるくらいの方がいいかなと思います。)

 

そこで自分に自信を持つことができる方法=メタ認知能力を高める

これ実は「タモリ」や「イチロー」も使っている実践的な方法です。

 

 

「自分と会話する」
セルフトークが上手くなること。

 

これはアメリカの研究でも結果が出ているそうです。
セルフトークとは
「今、緊張してるけど大丈夫だよ」

 

「よく頑張ったよね、お疲れさん」

 

「偉いよなあ。そこまで考えた自分」

 

このような会話を自分自身とする。ということです。

 

 

 

 

これは「独り言」とは少し違います。
ではどういうことかと申しますと
「もう一人の自分」が「(私に)自分」に話しかけることです。

 

 

もう一人の自分を乖離させた状態で
私に話しかけるという状態です。
この「メタ認知」回数が多いほど、

 

自分に自信が持てるのです。

 

 

なぜ自信が持てるのか?

 

 

なぜかはありません。
すでに成功者と言われている人たちが
実践していることだからです。

「釈迦」

「タモリ」

「イチロー」

も実践しています。

 

 

「お坊さん」なども実践されています。
お坊さんから不安を感じてしまっては
お坊さんにはなりえませんよね?

 

私もそんなお坊さんは嫌です。。。
お坊さんは修行で「メタ認知」をされているのです。

 

 

怒り、憎しみ、悲しみ、苛立ち、不安
これらの感情は自信をなくしますね。
こんな自分をもう一人の自分が見る。

 

 

常に見ている。

これが自分に自信や落ち着きをくれます。

 

 

イチローを見ていると何のブレも感じません。
そして成果を出し続ける。
これって「メタ認知」が関係しているのだそうです。

こちらはイチローの発言です。

「自分のナナメ上にはもう一人の自分がいて、
その目で自分がしっかりと地に足がついているかどうか、
ちゃんと見ていなければならない」

 

 

ノンスタイルの井上さんも
「メタ認知」を活用しています。

メタ認知能力が低い人は、
「自分が感じているように他人も感じるだろう」
と思ってしまうクセがあります。

 

 

しかしながら井上さんの場合

 

数々の暴言や皮肉に対し、批判・否定するのでなく、
ポジティブに返せるテクニックを持っています。
逃げるのでなくさらっと受け止めてポジティブな言葉で返せます。

これは自己を客観視しているからこそ
できる技でしょう。

心理学者 植木理恵さんも元々のパニック障害を
「メタ認知」を繰り返すことで克服できたそうです。

 

 

【メタ認知の利点】

☑一方向からしか物事をみられない人が色々な角度からみられる人になる。

☑頑固で思い込みの激しかった自分でも柔軟性を持って判断することができる。

☑一度○○だと思ってしまうと、そこに囚われてしまうタイプの人が

☑考えや行動を修正できるようになる

☑不適切な考えや行動があっても、場の空気を読んで修正する、ということができる。

☑相手の立場からも物事を捉えることができる

要は自分でフィードバックしながら、修正することができるのです。

【初心者にオススメのメタ認知のトレーニング法】

鏡の中の自分に話しかける

「いい笑顔」

「今日は疲れてるけどよく頑張ってるね」

「よくやってるよ大丈夫上手くいくよ」

「寝坊しちゃったけど大丈夫。今日も頑張っていこう」

これらはどこでもやってオーケーです。

回数が大事だそうです。

【ただし、注意点】

継続です。
成果は徐々に現れてくるそうです。

まずは
しかし、効果は徐々に現れてきます。
まずは毎日自分に話しかける!

やってみましょう!!

自分のパートナーを3人決める。

 そのパートナーであれば
今の自分に
「何と声をかけてくれるか」

を決める。

 

それではサポーターって言ってもいないよ!!
とか思うかもしれません。
そんな時はあなたが好きなアニメキャラでも良いでしょう。

 

例えば私の場合は

 

はじめの一歩の鷹村が好きなんですが、
鷹村はどんなにボロボロになっても
必ず勝ちます。

 

自分が苦しい時に
鷹村なら私になんと言うだろう?とか
スラムダンクの桜木花道とか安西先生とかも
イメージしやすいです。

 

「今の自分に言ってくれるとしたら
どんなメッセージを伝えてくれるだろう?」

 

例えば羽生結弦くんが側で声をかけてくれるとしたら
どんな風に声をかけてくれるだろう?

 

とうようにイメージしてみましょう。

 

なんだか勇気をもらえる気がしませんか?
さらに良いのは書き出してみることです。
困った時は実践してみると良いですよ。

 

「あきらめたら試合終了ですよ」

 

感情を理解する

 

1、感情を書く

2、私の価値観は何か?と問いながら瞑想をする

3、ネガティブな感情をシフトする

「まあいいか。」「ありがとう。」「オーケー。」
「そんな風に考えている自分って偉いよなあ」を
語尾につけてみましょう。

・音楽を聴く
・旅行に出る
・スポーツをする
・カラオケボックスで叫ぶ
・ルーティーン(習慣動作)を作る。
・信頼できる人に話す。

4、ネガティブな感情には必ず肯定的な価値観が隠れている。

それでは私を例に見てゆきましょう。

私は以前に司会をやった時に
非常に見苦しいほどの棒読み司会になってしまい。

「棒読みだー」

と言われたことがあります。
もう10年以上前のことです。

 

それで私は本当に嫌な気分になり、
「こんなのは絶対に味わいたくない。
もう2度と司会はやらない」

 

という自分になったわけです。
このマイナスの感情の奥底にあったものは
「本当はうまくやってきちんとみんなを
満足させるような司会者でありたかった。」

 

という気持ちです。
奥底にはそんな気持ちがあるにもかかわらず、

無知な当時の私は
それ以降2度と司会をやろうとはせず
人前で話すこともしようとしませんでした。

 

今では
「最初からうまくいったらすごいこと」
「最初からうまく行くわけない」
「最初にそれが失敗だったならばそれは
第一関門突破だ。」

という信念がありますし、

 

ネガティブな感情の底には
肯定的価値観が隠れている。
と信じていますので、

 

現在での私の行動はかなり違っています。
ネガティブな感情に隠れている
肯定的な価値観を特定する方法

 

以下の質問をその時にする。
「どうしてこの感情を描いたのだろう」
「この感情の奥にある肯定的な価値観はなんだろう」

 

例えば私は奥さんに
歯磨き粉を違う場所に置きっ放しにして
怒られて、

イラっとするときがあります。

 

そのイライラの奥の感情はなんでしょうか?

 

そんなできないところもある自分を認めて欲しい。
もっと仲良くなりたい。わかりあいたい。

 

というような感情があります。
イラっとしたその奥には必ず、
肯定的な価値観が存在します。

 

その肯定的な価値観があることをわかっていれば
相手がいくら怒っていても
こちらはそれを受け止めることができるかもしれませんね。

 

だって相手のその怒りの中には
必ず肯定的な価値観が入っているわけですから。

 

感情を描く6ステップ
イラっとしたことから分析をする。

自己認識 わかりあいたい
価値観 できないところもある自分を認めて欲しい
思考 なんで歯磨き粉を移動させたくらいで怒るんだろう
感情(考察の始点) また歯磨き粉どこにやったの??と何回も言われイラっとした
行動 歯磨き粉を元の位置に戻さなかった。奥さんが小言を言った
環境  朝の準備の時

 

5、後悔は存在しない。

 

あの時ああすればよかった。は
存在しない。

 

今の自分はあの時の自分より成長しているから
「あの時ああすればよかった」と思うだけで
その時の自分はそれがベストを尽くした状態だったということ。

 

その時のベストが
その状態だった。

 

「人はいつも一生懸命に生きている」
という信念を持ちましょう。

 

いかがでしょうか?
感情少し理解できましたか?

 

価値観を理解する

価値観はとても重要なポイントです。
ここは行動するときに
常に行動に響いてきますので

是非理解したいところですね。
以下の質問を自分になんどもしてみてください。

 

私にとって人生とはなんだろう

私にとって成功とはなんだろう

私にとって人間とはなんだろう

私にとって家族とはなんだろう

私にとって自由とはなんだろう

私にとっての才能とは何だろう

 

例えば私にとって家族とは

どんな自分であったとしても
受け入れてくれる場所であり、
味方でいてくれる場所です。

そんな場所が私の人生にあること。
それだけでもかなり心強いし、
とてもありがたい。

こんな場所が私にはある。

それだけで本当に幸せな気持ちになってきます。
このような質問にしっかりと答えていただくことで
自分の価値観を明確に再認識することができます。

このように自分の価値観をしっかりと
認識しておくことが
自信にも繋がってきます。

 

長所をたくさんあげてみる

・自分の長所や素晴らしい点

・短所だが実は長所にもなる点

ポイントとしては数を出すこととじっくり時間を取ることです。
自分の良さをできるだけ数多くリストアップしてみましょう。
奥さんや仲良しの友人、両親などに聞いてみても良いでしょう。

 

特に悩みのある時にやってみると良いです。
基本的に悩みのある時に
やることが決まっていると

 

悩みが全て逆に自分のエネルギーに変わります。

思い込みを外す

誰にでも「思い込み(ビリーフ)」があります。
思い込んでいるので、
その思い込みに気づくことができないのが人間です。

 

幼少の頃に気づかぬうちに思い込みとはできるものです。

 

しかしながら大抵の否定的な思い込みは
外すことができます。

 

例えば以下のような思い込みは簡単に外すことができます。

 

・セラピストに月収100万は無理だ。
→月収100万円を達成している人は何をしているだろうか?

・私には彼氏ができない。
→彼氏ができている人は何をしているだろう
→私は彼氏ができるための行動をしているだろうか?

・合コンに行くのは恥ずかしいことだ。
→みんな合コンに行っているからまあ行っちゃってみてから考えてみよう

・私は人前で話すことが苦手だ。
→最初は苦手なのが当たり前だ

これらは全て思い込みであり
外すことができます。

これらには的確な外し方があります。

潜在意識の傾向

潜在意識の傾向としてネガティブです。
人間は怠惰で、マイナス思考な生き物です。
ですからその元々の潜在意識を理解していれば

 

それをコントロールすることも可能です。

 

潜在意識は以下のように言ってきます。

「お前そんな能力や知識はないだろ。」

「どうせ失敗するよ。」

 

これらの思いは何か
変化を起こそうとする時に、
自分に自分で言いやすいメッセージです。

進化したい!
目標を達成したい!

そんな時に出てくるのがこの強力な潜在意識の傾向です。
潜在意識はどうしてもマイナスにいきがちなんです。

 

これらのメッセージを受けた時に
どうするか?
これがとても大事になってきます。

 

これらの退治の仕方は一体どうすれば良いでしょうか?
そこで有効なのが
マインドセットということを知ることです。

 

マインドセットを知ること。
学ぶことで、

 

そのような時にどんな風に対処するのが
自分に合っているのか?
そのような時に成功者はどんな風に

 

対処してきたのか?

 

すでに例があるわけです。
それらのマインドセットを知ること。
ここが非常に大事になってきます。

 

対応策として

体の動かし方
自分への質問
言葉の使い方

など様々なテクニックがあります。

例えば私はマイナス思考が出てきたときは
無理やり筋トレをしたりします。

よく考えて欲しいのですが、
筋トレをしながら
マイナス思考ができる人っていますか?

難しいんです。

 

そんな風にマイナス思考にならない体の使い方をすると
マイナス思考が全部エネルギーだったり筋肉に変換します。
そのやり方を知っていればマイナス思考万歳ですね笑

 

それらのテクニックを知ることは非常に有効な手段です。
自信を持つ方法は存在するのです。

モヤモヤしたとき

今日は「モヤモヤ」を感じたときどうするか?
という話をします。

 

「モヤモヤ」を「モヤモヤ」したまま自然解消するよりも
有効な手段をお伝えします。

 

それは「モヤモヤ」を把握し分類し観察するということです。
「モヤモヤ」は結局は

 

欲か怒りか妄想に分類されます。ブッダは
「正しい理解は、人間を苦悩から自由にさせてくれる」
ということをで「モヤモヤ」は欲か怒りか妄想

 

これら3つのどれかに分類されると説いていたそうです。

 

ちなみに私は今日無性にやる気が途中からですがでませんでした。
こんな感覚は久しぶりでした。
そして何か「モヤモヤ」していました。

 

で、なぜかな?と思ったのですが、
それは私に対する怒りでした。

 

とある人とセッションをしていたのですが、
あまりうまくいかなかったのです。

 

それは私自身の状態が悪かったのと、
私自身が全力でやった感がなく、
あとは相手を理解する器が足りていなかった。

 

そんな感覚を受けたので、
全力でやることができていなかった自分に怒りを感じて
疲れを感じたのだろうと思います。

 

そんな自分は

 

もっと相手を理解したかった。
もっと一生懸命な自分でありたかった。

 

わけです。

 

まあその時はそれが限界だったんですけどね。

 

そんな感じで、
「モヤモヤ」は観察することによって、
理解、分類することができます。

 

この「モヤモヤ」の原因はなんだろう?

 

そうすることで自己理解が深まります。
次はこうしよう。
ここを理解するにはどんな知識を得たら良いだろう。

 

そんな風に自己理解を深める練習をすると

 

「モヤモヤ」も次のエネルギーに変わります。
もっと大きな自分へのエネルギーですね。

 

 

【「モヤモヤ」解消ステップ】

 

「モヤモヤ」を把握する。
「モヤモヤ」を分類する。
「モヤモヤ」を観察し肯定的感覚を探る。

 

 

まあそんな自分の「モヤモヤ」を話すことができる相手がいることも
大事かもしれません。

 

 

日本人

【嘘は悪くない 日本人サイキョー】

 

例文「ごめんなさいあなたに対して
私は嘘をついていたんです。
ずっと自分に嘘をついて
あなたに対して本音で向き合ってこなかったんです。
本当にごめんなさい。
今はその自分に気づいたんです。」

 

でですね。

嘘って悪いですかね?

この方は相手のために必死になって考えていて
自分の意見がわからずにずっと葛藤してきていて、
それを認識するまでは
嘘をつくしかなかったわけです。

 

一生懸命に生きてその時は「嘘をつくしかなかった」んです。

 

それはむしろ真実ではないでしょうか?
「嘘をつくしかなかった私」
一生懸命に生きて嘘をつくしかなかったのですから、

 

そこには悪いという概念は存在しないかなと思います。

 

 

むしろそんなに反省して
葛藤しているわけだから
もう「愛」なわけです。

 

目の前の人が
嘘ついている時だって、
(やばいとっさに嘘をついてしまったなんてやつだ私は
って反省しているあなたは素晴らしい)

文句言っている時だって、
(なんで俺のことをもっと認めてくれないんだよと心で
訴えているあなたは愛らしい)

怒っている時だって、
(もっと私のことをみてよって思っているあなたは素敵すぎる)

全てはその時の一生懸命ですから、
何も悪くないと思います。

 

 

そんな風に考えると良し悪しを判定するというのは
馬鹿げているかなと感じます。良し悪しを判断するから
問題が起こるのかなと。

 

良し悪しを判断している自分が
問題を起こしているわけですね。
全ては愛です。

 

で、話は逸れますが
日本人て世界最高のパスポートを持っているんですよね。
世界中のどこでもいける信頼される民族 日本人

 

本当に日本のパスポートがあればいけない国はないってくらいに
何処へでもいける。(北朝鮮と北方領土以外)

天皇家は現存する最古の王朝、
世界でもっとも長く続いているらしいのです。
2677年もだったっけかな?

最近日本ってすごいなあって思うことが多いです。

四季はあり、
言葉は美しく、
人は暖かく、
料理は美味しいし、
何をやっても精密に作り上げる

人のために命を代わることができる血を持っている日本人
そんな日本人が相手なだけでここは天国だと思います。

もうそんな日本人同士ならばチョットの嘘くらい本当ですw
そんな日本人が言っていることはそれがたとえ嘘だとしても

真実以上に心は美しいと思っています。

この島国はどこに行っても天国です。
日本人である。

 

これがすでに自信をくれますね。

振り分け

振り分けとはどういうことでしょうか?

 

自分が対象に対してイエスかノーか
それを振り分けられるように意識する。
イエスかノーかを振り分けるためには

 

「私が得たい成果はなんだろう?」

「これは今の私に必要だろうか?」

 

必要がなければノーをはっきりと選択しましょう。
NOがはっきり言える人は、いつも前向きです。

 

嫌われたらどうしよう?
反論されたらどうしよう?
そんなことは気にする必要はありません。

 

あなたが正直に選択をして嫌うような人と
仲良くなりたいでしょうか?
思い切っていう必要もありません。

 

自然体でノーをしっかりと相手に伝えてあげましょう。
自分の未来は自分で選択することができます。
自信が持てるようになるのです。

許せない人を許す

許せない人がいる人は、
自分にも厳しいという傾向があるようです。
というのはどういうことでしょうか?

 

私自身を例にすると
「恥ずかしいことをしちゃダメだ」
「イライラしちゃダメだ」
「失敗しちゃダメだ」

 

と思っていた時ほど
人を許すことができなかったように感じます。

 

誰かを否定してしまう
=あなた自身に厳しいからこそ
もしくは劣等感から否定する

 

というパターンもあるかと思います。

 

自分にも厳しい目を向けるようになればなるほど。
人のことを許すことができなくなっていました。

 

そして自分に厳しくなると
ネガティブになってきます。
当たり前のことですよね。

 

あれもダメこれもダメ
あーまたやちゃった。ダメだー私。
こんな感じだと

 

ネガティブになってしまいますよね。
ということは実は他人を許せないということ。
=自分を許せていないということ。

ということになります。

 

もしもし
あなたには許せない人がいますか?
それをなぜあなたは許せないのでしょうか?

 

それを許せる人は存在するでしょうか?
なぜあなたはそれを許せないのでしょうか?
自分のその部分を許せていないからではないでしょうか?

 

 

自分がそうしたらいけないと
いつからか思っていたからではないでしょうか?
本音をぶつけられて許せなくなってしまった。

 

それを許せないのは
誰でしょうか?

 

もしも目の前に許せない人がいたとしたら
考えて見てください。
自分だったらやらないとか自分が許せないとか

 

自分が決めていることはありませんか?
そしてそれは絶対にやってはいけないことでしょうか?
それをことがことができる器の人はいないでしょうか?

 

もしもそんな自分を許したとしたら
あなたの未来はどうなってゆきそうでしょうか?

全ての悩みは解決できる

もしも全ての悩みが解決できるとしたら
どう思いますか?
あなたの未来はどうなってゆきそうでしょうか?

 

その悩みを解決できるとしたら
どんな方法があるだろうか?
というように考えてみる。

 

自分の悩みを整理する

 

例えば

人前で話すことが恥ずかしい
女性と話すときに緊張する
朝の目覚めがよくない
心から望む行動ができない
疲れやすい

 

なんでも良いです。
これらを克服できるとしたら
どんな方法があるでしょうか?

 

例えばそれっていつもでしょうか?
最初からそんなことみんなできるものでしょうか?
繰り返しやって見たらどうなるでしょうか?

 

もしも全ての悩みは
解決する方法がある

 

という信念をあなたが持っていたとしたら
どんな風に行動できそうでしょうか?

「だからこそ」をつけてみる

ステップ1 「だからこそ〜」をつけてみる。

仕事で大きなミスをしてしまった。

だからこそこの失敗を生かして次はもう少し丁寧に、
同じところで2度とミスをしないよう注意深く
動くことを意識してやってみよう。

というように毎回だからこそをつけて訂正してみることが効果的です。

ステップ2

きちんと問題を観察して見ましょう。

観察してきちんと
どこが失敗だと感じたのかを分析して見ましょう。
分析し、理解することが大事です。

ステップ3

問題は「そのままにしておくな」「進化するためのステップだ」と理解する
問題を乗り越えた自分をイメージして見てください。
問題=自分が今までは乗り越えたことがないこと

 

です。だから問題だと思うわけです。
乗り越えたことであれば次回はすでに問題ではありませんよね。
ということはその問題を乗り越えたあなたは

 

乗り越える前よりも進化するわけです。

 

問題=器がでかくなるためのステップ

自分と会話する

あなたは自分と会話したことがありますか?

 

あなたはずっと一生懸命に頑張ってきました。
その、ずっと一生懸命生きてきた自分自身と
あなたは会話したことがありますか?

 

しっかり
その自分をイメージしてみてください。
イメージして会話して見ましょう。

 

何歳の頃の自分をイメージしてみても良いです。
それが過去ならば、辛い時だったならば
その時のその時の自分をしっかりイメージしてみると良いです。

 

自分がある部屋にいます。
自分の住みたい部屋でも落ち着く部屋でも
シンプルな部屋でもいいです。

 

そこに自分を座らせて見てください。

 

そしてその自分自身に話しかけて見ましょう。

 

手を握ったり抱き合ったりして見てください。
そして励ましたり、
夢を語ったり、

 

いつも頑張ってきた自分に何かを言ってあげましょう。
どうでしょう。今の自分ならば、
頑張れよ自分

 

よくやっているよ自分
今日もやってみよう自分

 

過去の自分ならば、
辛かった時ならば、
どんな風に接しますか?

 

他にもたくさん友人かのように自分と話をしてみよう。

苦手なことにフォーカス

以下のことを苦手な日本人はとても多いそうです。
それは育ってきた環境からです。

差し上げ方

受け取り方

褒められ方

褒め方

感謝の仕方

感謝のされ方

愛し方

愛され方

いかがでしょう?
あなたはこれらのこと
得意だと言えますか?

 

これらのことをナチュラルに、
そして自分から自然にできるようになると
相手は普通の人ならば喜びます。

いや確かに、受け取り方が苦手な人はたくさんいます。
ただこれらのことをあなたが本心から
うまくできるようになれば

 

相手は照れくさかったとしても喜ぶでしょう。
ではやって見ましょうか?練習して見ましょう。
日々やってみましょう。

 

やってみると案外できますし、やり続けると
うまくできるようになります。
これらのことができていない時も自覚できます。

 

やり続けて見てください。
いつか良いことが起こるでしょう。

 

自信は必要ない

 

今までたくさん述べてきましたが。。。
最も私にとって効果のあった
自信を保つ方法がこちらになります。

 

自信は必要ない。

 

ということです。
は?って感じですよね。私の周りにも「自信を得たい」
という人は少なくないなと感じます。


だからこの文章を書いています。

 

例えば自信を得たい!!
もしもそのように思うのならば
あなたは何をしますか?

 

例えば自信を得るために
オシャレになるとします。オシャレになるために
もっとお金を稼ごうとしたとします。

 

そしてお金を稼ぐことができました。
ファッションを整えました。
イメージしてみてください。

 

あなたは自信を持つことができましたか?
もしかしたらその時に
あなたは自信を持つことができたかもしれません。

 

でもどうでしょうか?
その次は??また自信を得るために
もっともっと。まだ足りないもっと。

 

と繰り返してゆくでしょう。

 

自信を持つために進んだのに
自信を持てると思っていたものをもしも得ることが
できたとしても

また人は次を求めますよね。
自信を持ちたいと求めている限り
そのループはずっと続いていきます。

 

ブッダは「もっと自信が欲しい」
は不合理だと悟ったんだそうです。
ではここでちょっと
自信を得ようとするその理由にフォーカスして見ましょう。

 

それでは例えば人前で話せるような
自信のある自分が欲しい。

この理由はどんな理由があるでしょうか?

 

どうして人前で話せるような
自信ある自分が欲しいのでしょうか?
自分は周りからできると思われたい?

 

人前で話せない不安を消したい?
相手にかっこいいと思われたい?
セールスして収入をたくさんあげたい?


人前で話せることであなたは何を得たいのでしょうか?

 

自信を持って何を得たいのでしょう?
人前で堂々と話している自分をイメージして見てください。
いかがでしょう?

 

何を得たいのでしょうか?

 

みんなに認められたい?
自分に満足したい?
何を得たい?

 

これらは実は全て「欲」に繋がってきます。
「自分はすごいと思われたい。」
承認されたい。そんな欲に繋がっていきます。

 

「私は自信を得たい」

 

この欲求を持ったままです。
自信を持ったはずがそこに到達したら
また次を求めてしまう。


これではなかなか上手くいかないのです。
これが「自信を得たい」では
ずっと上手くいかないカラクリです。

 

自信を得るために進んでいくと
一向に終わりはきません。
また自信を得るために行動している自分

 

常にその自分が変わることはないでしょう。
永遠に続いてしまいます。
だとすればどうしたら良いでしょうか?

 

「自信が欲しい」を手放しましょう。
自信は必要ないのです。
では?自信が欲しいを手放した状態で
ではどうすれば良いでしょうか?

 

自信も人も関係ありません。
目の前のことを一生懸命やればいい。
一生懸命やればいいのです。

 

単純にそれを積み重ねましょう。

 

自信は必要ありません。
人は関係ありません。
あなたのやるべきことを繰り返すだけです。

 

経験を積み重ねるだけです。

 

自信は意識しない。
そして直目の前のことを
一生懸命を繰り返すだけです。

 

その経験を蓄積させてゆきましょう。

 

目の前のことを一生懸命、
下手でも、失敗だと思われても
一生懸命やっていれば誰かの評価は勝手についてきます。

 

経験を積み重ねてゆけば
勝手に気付いたときには自信も付いています。
大丈夫です。自信など必要ないのです。

 

今のあなたが一生懸命
目の前のことを一生懸命やり続ければ
良いことは勝手に起きるのです。

お読みいただきありがとうございます。
”感謝いたします!!”

自分発明研究所 代表 皆倉慶彰

 

為になったという方は
是非メール講座にご登録ください

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分発明研究所にいいねを押してください。

プロフィール

10年以上10万人以上の一般顧客にセールスを経験してきました。電話営業では全国約4000人の社員含めたアポインターの中でアルバイトながらも10位以内にランクイン、その後外資系コンサル、25000人の一般顧客と向き合い、起業して5年。

 


起業後は男ながらもアーユルヴェーダと言う
インドの施術で数年間経営し店舗も経営。
しかし経営破綻でお店を潰し、
更にネットビジネスで失敗、人生で初めてお金に困るという生活をする。
会社員に戻ろうと思っていた矢先、


偶然交流会でメンターに出会う。


そこで世界ナンバーワンのコーチングスキルを
習得し更にセールス力を磨きあげ、その翌月に月収154万を達成、そこで得た学びを元に
現在は女性、ママ起業家やセラピストの支援をしている。

 

 

主な成果

・5カ月間一度も成約できなかった女性起業家が
セッション後すぐ30万以上の商品を成約成功

・はじめて起業した3人子持ちの忙しいママセラピストの自宅サロンを3カ月後まで予約で埋めることに成功

とクライアントの成果に真摯に向き合いながら日々励んでいる。

 

ドラえもんの大ファンでのび太を愛してやまない。

PAGE TOP