【サロン(自宅)・セラピストが儲からない理由】セラピストのお悩み掲示板

どうも

たった2時間であなたの宝を発掘し
売り上げを3倍にする一点集中商品発明の専門家

皆倉です。

 

今回は
自宅サロンや
サロン経営者
セラピストが
儲からない理由をまとめていきます。

セラピストの悩みアンケート回答集はこちら

セラピストのためのお悩み掲示板です。

 

そんな自宅サロンの実情を
ここに記していきます。

 

自宅サロンを開業しても
「儲かるんですか?」「稼げるの?」なんて
よくあります。

 

実は自宅サロンを開業しても、

 

5年で95%が廃業、さらにその5年以内に残りのサロンも廃業。
10年継続できるサロンオーナーの割合はわずか3%というのが実情です。

 

これ、相当低いですよね。
正直自殺行為です。

私のまわりでも、自宅サロンを開業して
2、3年で廃業してしまうケースはとても多いです。

 

ただし、
自宅サロンに憧れる女性や主婦はたくさんいて、
おうちサロンとかサロネーゼなんて人気キーワードもあるくらい、
自宅で気軽に開業しようと思う起業家は増えています。

 

そんな女性起業家のために
これから
どうして
うまくいかなくなってしまうのか?

 

ここを探求していきたいと
思っています。

 

ここを知っておけば
これからセラピストや
自宅サロンを経営したい方の
何らかのお役にも
立てるかなと感じ、
真剣にリサーチを進めていきますね。

 

楽しみにしていてください。

 

このページは徐々に厚みを増やしてゆく
特殊なページになりますので
ぜひ定期的にご覧になって見てくださいね。

 

セラピストの現状について(常に更新)
※あなたの参考例など。コメント是非いただければありがたいです。

 

 

メディアでは一部の成功したセラピストだけを取り上げて、
あたかも誰でも簡単にセラピストになれるかのように紹介されています。

しかし、スクールなどに通いセラピストの資格を取得しても、
ほとんど仕事にできていない人の方が圧倒的に多いのが現実だと言われています。

 

このようなネガティブな情報はあまり語られません。
誰でも簡単にセラピストになれると思わせた方が、
セラピーに関連する業界は儲かるからです。

 

しかし人の心や体はそんなに単純なものではありません。
セラピストは簡単になれる仕事ではないのです。

 

 

自分発明研究所ではセラピストを応援しています。
セラピー業界の厳しい現実をあえて語ることにより、

本気でセラピストを目指す人を応援していきたいと思い、
セラピストの現状について記してゆきます。

 

以下生の声をまとめて見ましたので読んで見てください。

 

・「セラピストの仕事は決して「がっぽり稼げる」仕事ではありません。
金銭的には、どちらかというと苦労しているセラピストの方が多いように感じます。」

 

・「自宅サロンは比較的小資本でスタートすることができますが、
成功させるのはむずかしい業界です。」

 

・「新規オープンしたサロンの半数以上が1年ももたずになくなっていきます。」

 

・「サロンを開くと、場所代・光熱費などの固定費が毎月確実に出ていきます。
オープン当初は知り合いの紹介などでお客さんも来てくれますが、
それも数ヶ月が限界。固定客がつくまでに、広告をうったり、
メニューを増やすために新たなスクールに通ったりとけっこうお金がかかるものです。」

 

・「資格ビジネスを展開している人もいます。資格を創設してスクールを経営すれば、
入学金・受講料金・資格登録料金・テキスト代などが総合的な収入になるので、
これは当たれば大きい。」

 

・「比較的認知度の高いアロマセラピーでさえ、資格だけで食べていくのは至難です。」

 

・「カラーセラピーの資格をもっているセラピストを
雇ってビジネスをしている企業はほとんどない。」

 

 

【セラピストの事実例】

 

・「24歳で健康ランドでボディマッサージの仕事をしました。
給料は20万ぐらい、現在はもっと安いらしいです。
かなり体がハードと終電前の時間的なことで辞めました。」

 

・「私は将来開業しようと決めていたので
この業界で行こうと30歳の時決めました。
エステ等の仕事も勉強の為に働きました。」

・「ゲルマ温浴器・ベット・スクールの授業費等
自宅サロン開業とはいえ200万ぐらいかかりました。
宣伝広告費などもかなりかかります。」

 

・「体力がとにかくいります。」

 

・「以前全身の指圧などのボデイケアをするサロンで働いていました。
勤務時間も長く休みも少なく忙しいお店だったのでほんとにくたくたでした。
収入は完全歩合なので多いときで約30
少なくて約
20万ぐらいでした。30万のときは死ぬかと思うぐらい働きました。
保険や交通費などはいっさいなしです。」

 

・「リフレクソロジー・エステティシャン・
アロマセラピストなど民間資格のものは

資格をとるのは比較的簡単だけど収入面ではなかなか厳しいと思います。」

 

こういう仕事はどれも体力仕事だし直接お客様の体に触れる
究極の接客業だと思うので人と接する事も好きじゃないと無理です。」

 

·「お金のことが初めにくるなら違う仕事を選んだほうが良いと思います。」


「今の気持ちのままで働いたら店の人が迷惑です。
ちなみにエステティシャン2年目、私のサロンでは
エリアマネージャーっていう役職があります。

初めは16万くらいの給料でした。手取りはもっと少なかったです。

でも好きな仕事をさせてもらえて、
まだ一人じゃお客様の前にだせない私に
給料をくれて凄いありがたいと思いました。」

 

·「友達が独立でセラピストをしていますがハッキリ言ってきついみたいです。

客が来ないって意味です。
セラピストと言うものは流行ってるようにも感じるけど
実際はまだ知名度が低い。
ビラをまいてもなかなか
ビラを見た人から問い合わせがないみたいです。
だから人気店を探して従業員として始めた方がいいかも。」

 

・「アロマテラピーの現役エステティシャンです。
大体
20万以上は月にもらっています。ちなみに20代です。

大手や営業をやたらかけるお店だったら、
もっとお給料いい所は沢山あります。」

 

・「本当に体力仕事です。
ガテン系といってもいい位の力を要します。
練習があるので、閉店と同時に帰れることはまずありません。
上にあがっても後輩の練習に付き合うので、終電間際です。
タイムウォッチをいくつも見ながらの休憩だったりで、非常に疲れます。
研修はそれぞれのお店であるので、
未経験でも大丈夫、真面目にやれば技術はつきます。
ただ体力がないとちょっと辛いかもしれません。」

 

・「私は整体師ですが、
高額な授業料の割りに就職すると
時給800円~の世界で、月収でも14万くらい。
歩合給のところも多いです。

独立してやる場合、競合他社が多いことを踏まえ、
リスクの少ない出張から始めたり
自宅で開業などからスタートするといいと思います。

しかし、独立は収入が
全部自分のものになるとはいえ、
集客できなければ収入ゼロで、
保証給などというものはありません。」

 

・「雇われ店長は絶対やるべきではありません。
本部への高額のロイヤリティと諸経費に苦しむことになります。
収入というより、やはり好きでないと出来ない仕事かもしれません。
セラピストは就職先がありません。
独立するのもとても大変です。
さらに、大きく稼げる仕事でもありません。」

 

・「簡単にセラピストになれると思って学校を探している人は、
考え直すことをおすすめします。
同じ時間とお金をかけて学校に通うなら、
もっと簡単で稼げる資格が他にあります。」

 

「セラピー業界の厳しい現実を知った上で
セラピストを目指すあなたは、素晴らしいです。」

 

セラピー業界の厳しい実情を知りながらも
それでもやっていくのであれば、本気で行動し続けること
で何かしらのステージが上がる時は必ず来るでしょう。

 

行動しなければ何も始まりません。
行動しさえすれば、仲間や情報は自然に集まってきます。

 

・以下求人の例

時給¥700~¥1000。
施術している時間は時給¥100
UP
ほとんどのスタッフは¥700で働いているとのこと。
社会保険なし。交通費半分弱支給。
1ヶ月間研修期間あり。(給料なし)

上記求人に関してですが給料なしの期間は、
アロママッサージ・てもみ・リフレクソロジーを
授業料なしで教えてもらえる。
(研修をうけてすぐ辞められるとサロン側も困るので、

20ヵ月以内に辞めるときは授業料とみなした¥20万を支払う

・私は東京のハンドリフレのサロンにいましたが、
そこの半年で50万のスクールを卒業して、
1ヶ月有料研修を受け(1年半勤めれば5万ほど返還される)
フルタイムでシフトはおまかせにしてもやっと時給
1100円でした。
(指定休を入れると、時給がどんどん安くなる)交通費は
出たという

個人でやってるサロンは時給700~800円からが相場。
完全歩合じゃない方がまだまし。
歩合ならゼロの時もある。

 

・「給料の良いところは、アロマといいつつ風俗の場合も多い。」

 

 

自分で開業したとしても、お客が来なければ続かない。

例えばこんな求人も。。。

・月収例26万円(46/×250×23日)
どうしてこんなに給料が良いのでしょうか?

ホテルでのマッサージをやっていた女性の話

勤務時間が夜遅かったり、
男性客が裸でやってきたり
ということがあったり、
、とにかくキツくて辞めたい

そんな声も多いです。

何人もの人をマッサージするから体力的にすごくキツイ。

 

そんな給料良さそうな求人も
以下のような現状。

 

お客に施術している間だけ賃金が出て、
待機時間には賃金が出ない仕組み。
だから
250分(50×5)と書いてあるが、
待機していてもお客が少なければ
250分が
150分(50×3)になり、
月給がどんどん減る。

 

18時間働くと週40時間になりますが、
250分勤務ということにされると週30時間に満たず、
健康保険や厚生年金等の社会保険も付きません。
自腹で加入することになります。

 

結果的に、全然お得ではありません
お客様に施術してからの時給発生が基本スタイル。

 

よってお客様入ってなければ、お金発生しないという状態です。
ただのアルバイトとかなら、リラクゼーションサロンは、最低賃金がほとんど。

 

やたら高い時給は、風俗まがい。

 

セラピストって
基本的に尽くす人、良い人が多いです。
人に喜んでもらうのが好きな人が多いです。

 

私もそうでした。

 

 

人を喜ばせたい、気持ちよくしたい
楽にしてあげたい、健康的な身体にしたい
そんな志を持って
健康にするための知識を追求ずっとしていました。

 

 

ただ。。。
しっかり稼がないと、それもできなくなってしまいます。

私もビラを25000枚巻いて
5人ほどしかお客様が来なかったこともありました。

 

お店を潰してしまい、
お金がなくなってしまいネットビジネスに走ったこともありました。

 

影で他店でアルバイトをしていたことも
実はありました。。。

 

 

こんな意見もありましたが
これだけでは限界があります。

新規を集めて
リピーターにする
この作業の繰り返し。

 

そのためには
飽きさせない常日頃の
技術の向上が必要です。

 

そのためには投資も必要。

 

全力で一生懸命施術することも必要です。
技術があっても手を抜いたりしては
お客様は離れていきます。

一生懸命している姿勢
だけでリピーターになってくれる場合もあります。

 

ただ、忙しい中で
常に全力を出してできるほどの
メンタリティは
ほとんどの人は
持ち合わせることができません。

 

そんな中で
セラピストが
しっかりやっていくには
やり方。

 

1、うまくいく個人起業家としての
ビジネスの仕組みを知ることと

2、その仕組みを実践し続けるための
ビジネスマインドを知ること

 

この二つが非常に重要になってきます。

 

私のセッションではこの2つを
徹底的にお伝えしています。

 

もしも興味がありましたら
メール講座に登録で
無料でセッションをしていますので
以下より必ずお申し込みください。

セラピストの悩みアンケート回答集はこちら

あなたとお話しできるのを
楽しみにしてます。

 

 

※メルマガ読者さんには
随時音声コンテンツをプレゼントさせていただきます。
高額商品がガンガン売れる!購買心理 鍵つき
(※PDFの方が特典あり パスワードはメルマガ読者さん用と同じです。)
下記よりご登録ください。

(パスワードをプレゼントいたします。)

ーーーーーーーーーーーーー
◼️本日の自分発明ステップ◼️
ーーーーーーーーーーーーー

1 コメントをしてあなたの問題を解決しましょう

2 必ずメールマガジンに登録しましょう!
※メルマガ読者さんには
随時音声コンテンツをプレゼントさせていただきます。
下記よりご登録ください。
(パスワードをプレゼントいたします。)

セラピストの悩みアンケート回答集はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メール講座にご登録ください

最近のコメント

    PAGE TOP