IQUEST1について

どうも皆倉です。

 

会員制コンテンツを
作成しています。

 

メルマガ読者さん読者さん用
会員様用に向けて
IQUESTというコンテンツを
作成しています。

IQUEST1:諦めそうになった時こそが最大の進化のポイントである

第一回目のテーマは

諦めそうになった時こそが最大の進化のポイントである

ということについてです。

 

今回のクライアントさんとの
セッションで出て来たことは

 

1私は心理学と言っても習ったは習ったが
独学も多いし協会に所属しているわけではないから
やっても大丈夫なのか?

 

2セミナーやお茶会で話すときに
面白くできるのか?

 

など様々に質問が出て来ました。

 

1についてですが
そもそもでは協会を作った人は
どうだったのでしょうか?

 

多分独学もあって、
モデリングや
先生に指導されながら
学び、協会を設立したかもしれません。

 

勢いが出て来たときに
協会にしたかもしれません。

 

とにかくなにもない状態から
自分で作り上げて行った
わけですよね。

 

いろんな人がいると思いますが、

 

協会に属する側になるか
協会を作る側になるか

 

自分が未来にどっちをやりたいかで変わって来ますね。

 

 

2については
・そもそも面白い必要があるのか?
面白いを狙って面白いことを言えるのか?

 

という解釈と
(なんかオチがなきゃいけないと言っている人もいますね。
別になくても良いのではないでしょうか?)

 

・面白い自分になるように毎回努力するか?

 

それも可能だと思います。
ただ、お笑い芸人ではありませんから
そこまで頑張らなくても
良いかなと感じますが。

 

まあどちらにしても

なにが必要かって。。。
チャレンジするしかないですよね。

 

1度2度とチャレンジしてゆくことで
必ず進化してゆきますから。

 

まず1度体験しないことには
次の自分がどうありたいかとか
どう修正したらいいかとか
出て来ようがありませんから。

 

私も今回コンテンツをこのようにして
作って初めて
「あ、これ言えばよかった。
ここでああ言えばよかった。」

 

とか気づきがチョクチョク出て来ます。

 

このチョクチョクの気づきが
非常に勉強になりますね。

 

今まで気づかなかったことに
気付けるのは相当な勉強になります。
そしてこれは新しいステージを
体験しなければ味わえない感覚です。

 

結局
チャレンジしたり、
諦めそうになったときに
諦めないで続けたときです。

 

もっと良い成果を上げようとすると
必ず壁が出て来ます。

 

それは恐怖出会ったり
苦しかったりします。

 

そこを乗り越えている人が
結局は成功しているのです。

 

あとはやっぱり
本番はただ一生懸命にやるしかないですよね。
今までの人生でたくさんのことを積み重ねてクタわけですから

 

あなたはただ全力を出し切る。

 

それだけしかできないじゃないですか。
それがあなたの最高のプレゼンであり
プレゼントでしょう。

 

本日のテーマ
諦めそうになった時こそが最大の進化のポイントである

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

こちらがコンテンツになります。
メール講座にご登録か、会員様にご提供してゆきます。

IQUEST1:諦めそうになった時こそが最大の進化のポイントである

ーーーーーーーーーーーーー
◼️本日の自分発明ステップ◼️
ーーーーーーーーーーーーー

1次のあなたのステージは見えていますか?
そこにたどり着くにはどのような作業が必要でしょうか?

2メールマガジンに登録しましょうw

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP