沈黙の対処法

どうも皆倉です。

 

沈黙って好きですか?

 

今回は『沈黙』について記していきます。
沈黙が来た時にあなたはどう思いますか?
沈黙が来た時に焦るってことありませんか?
沈黙を気にしない。沈黙が気にならない。

 

そんな状態が一番ベストかなと思います。

 

沈黙が苦手な人には、沈黙が訪れた場合どうしても
「過剰な気遣い」や「沈黙を怖れる感情」が
生まれてくるでしょう。

 

そんな人も沈黙が来た時にどうすれば良いか
それを決めておくことでかなり楽になります

 

沈黙が来た時に
することをあらかじめ
決めておくと焦りませんね。

 

焦ると咄嗟の対応になるので
余計なことを言ってしまうこともあるでしょう。

 

恋愛でも人間関係でもセールスでも
沈黙した時にどんな自分であれるかで
結構違いが出てくるのではないでしょうか?

 

では沈黙に慣れる。
いかがでしょう?

 

実際に沈黙が訪れたとき、
発言したいことが特になければ、
無理して喋らないように心がけてみましょう。

 

そうして徐々に沈黙に慣れていきましょう。

 

その先に居心地良い沈黙を
作れるようになれたとしたらいかがでしょうか?

 

また沈黙に暖かさを加えてみる。
そんなイメージをしてみてください。

 

いかがでしょうか?
沈黙も焦ってその場にいるのと
暖かい意識でその場にいるのとでは

 

相当な違いが出て来そうじゃありませんか?

 

黙る・沈黙=ダメ
というのは思い込みです。

 

黙る・沈黙=良い時間
という思い込みに変えてみたらいかがでしょうか?

 

みんながそう思っていたら
沈黙も問題ないですね。

 

その他具体的 沈黙の対処法

・沈黙を気にしない
沈黙を気にしていることが相手に伝わる
「まいっか」逆に沈黙を楽しんでみましょう

・フォーカスを変えてみる
何かあたりをみてみる
ものを探す
数を数えてみる
質問を変える・パターンを変える


・沈黙を生かす

相手の褒める場所を探す
暖かく沈黙する

 

メールマガジンご登録で体験セッション【35730→無料】今すぐクリック!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP