人間の欲求を理解すれば「楽」になる

こんばんは


『自分発明研究所』
皆倉慶彰です。
今日もお読みいただきありがとうございます。
このブログは『今最高の自分を発明する方法』について書かれています。
なりたい自分を発明したらそれになることができます。

 

■自分を発明する研究
├悩みを解決する研究
├自信を持つための研究
価値観の研究
├願望実現の研究
■家族の悩みを解決する研究
■人間関係を解決する研究
■成功者の思考法の研究
■お金の悩みを解決する研究
■上手に褒める研究


3大欲のほかに
まだまだ欲を人間は持っています。
その欲を知ることで

 

「あー俺(私)ってそーいう生き物だから
しゃーないね!」

 

って堂々とあれるのです。
ここを理解していないと
無駄な悩みが多かったりしてしまいます。
そして結構その悩みが人間の欲求であることが多いです。

 

欲求ですから。。。
そう簡単に全てを抑えることは
人間そうできません。


しっかり分類、仕分けすることで
とても楽になれたりします。

 

まずはしっかり自分を理解しちゃいましょう。

 

では
その欲の種類を見てみましょう

ウィキペディアで7つの大罪というのがあります。

七つの大罪は、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコス(Evagrius Ponticus)の著作に
八つの「枢要罪」として現れたのが起源である。
キリスト教の正典の聖書の中で七つの大罪について直接に言及されてはいない。
八つの枢要罪は厳しさの順序によると
「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」である。
6世紀後半には、グレゴリウス1世により、八つから七つに改正され、順序も現在の順序に仕上げられる。
その後「虚飾」は「傲慢」へ、「憂鬱」は「怠惰」へとそれぞれ一つの大罪となり、「嫉妬」が追加された。
そして七つの大罪は「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」となった。
引用元 https://ja.wikipedia.org/

では現代版7つの欲求は??

1生存欲 生きたい欲求
2睡眠欲
3食欲  食べたい欲求
4性欲  交わりたい欲求
5怠惰欲 横着したい欲求
6感楽欲 見た目などの感覚的、良くみられたいなどの欲求
7承認欲 認められたい欲求

人間にはこのような欲があるのです。
そんな欲があることをまず認めてみましょう

 

「あー俺ってそーいう生き物だから
しゃーないね!」

 

これを知るだけで楽になりませんか?

 


マズローの欲求5段階説」
も有名ですよね。

 

1 生理的欲求
食べる・寝るなどの本能的な欲求。

2 安全の欲求
安全、安心な暮らしがしたい欲求。
健康的、経済的、保障など。

3 社会的欲求
どこかに所属していたいという欲求。
上記2つが満たされると現れてきます。

4 承認欲求
価値ある存在として認められたいという欲求。
これには二つのレベルがあります。

低次・・・他者評価 つまり尊敬、名声、注目
高次・・・自己評価 つまり技術や能力の習得、自己信頼感、自立性など

5 自己実現の欲求
上記全ての欲求が満たされても、
自分に適したものをしていない限り、
すぐに新しい不満を生じてしまいます。

「自分の持つ才能や可能性を最大限に発揮し
現実的になりたい自分になりたい」という欲求。


結局は全ての行動の動機は
ここに来ると言われています。

 


1−4を欠乏欲求、
5 を存在欲求といいます。

 

1−4の欠乏欲求は満たされていないと
不満を引き起こします。
満たされていない状態で
動かされていると、
人生にとても大きな問題を創り出します。

 

5 の存在欲求は自己表現欲求とも言えます。
自分を思う存分表現してみたい」
「チャレンジしてみたい」これが満足しているというのは、
個人的な欲求は全て満ちているということ。

 

マズローの欲求5段階説にはもう一つ上、
6段階目というものが存在します。

 

6自己超越欲求(コミュニティ発展)欲求
6段階目とはなんでしょうか?
それは
自己超越(コミュニティ発展)欲求 です。

自分が所属するコミュニティの発展を望む
というものです。

 

これが自己実現欲求の上の段階です。
自己実現を達成したら
今度はまたそこからの
他者との結びつきを求めます。

 

3の社会的欲求にも似ていますが、
ここは自己実現欲求を満たされた時に
更に求める欲求になりますので
少し違ってきます。


成功者がボランティア活動に行ったりするのは
ここの欲求が強いとも言われています。

 

 

この先にまだあります。
それが何かと言うと、
人間としての究極の欲求
それが7段階目の欲求、魂レベルの欲求です。

 

7 魂レベルの欲求
魂レベルの根源的欲求。

 

魂レベルの欲求とは一体なんでしょうか?
これは上記の全てが満たされた後に
来るものと言われています。

 

全ての欲望に満たされた後に来る
魂レベルの欲求。

このレベルになって来ると
ヨガやアーユルヴェーダ、
ブッダの世界と繋がってきます。

こんな風に人間には
段階をおって欲求というものがあります。
もしもあなたが、

恋人が欲しい
お金欲しい
だらけたい!
休みたい!

 

という欲求に困っていたとしたら
「あー俺ってそーいう生き物だから
しゃーないね!」

 

ってとりあえず認めてあげましょう。
だって人間本来がもつ
欲求ですからね

 

そこに逆らう。
ということはしなくて良いのです。
疲れますから。
認めてあげる。
その上で行動する。

 

その方が断然効率はだったり成果も良いかなと思います。
まずはそんな自分を認めてあげましょう。
そこからがスタートです。

 

 

================
◉今日の『自分発明』1ステップ◉
================

「あー俺(私)ってそーいう生き物だから
しゃーないね!」

と認めた上で
常に行動する癖をつけましょう。

本日もお読みいただきありがとうございます。

魂のレベルを上げる一点集中発明コーチ
皆倉慶彰

メールマガジンご登録で体験セッション【35730→無料】今すぐクリック!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP