評価の基準

【大きな変化をうむのは微妙な差】

「評価の基準」と言う本を読んだので
感想をシェアいたします。
私の勝手な解釈ですがこの本に書いてあったのは
たくさんの「微妙な差」です。

この微妙な意識の差は
読んでみてかなり大事なことだと
感じたので書かせていただきました。

例えば

普段単純に発している「ありがとう」が
どうしたらもっと「伝わる」のか?

「褒める」時に何を意識していることで
よりつながりをうむのか

情報を伝える時に何を意識していることで
より相手に役立つのか

微妙なことなんですが
意識しているだけで、
全く違った人間関係・人生になる気がしました。

そんな話がたくさん載っていて気づきもかなり
多く、しかもわかりやすいです。

何度も読みたくなるような本です。

是非書店かアマゾンでご購入ください。
おすすめです。

國武大紀さんが本を出版しました。
國武さんは
私が今通わせていただいている堀江信宏さんの講座で出会った
とても素敵な方です。

http://amzn.asia/7zvBDJM

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分発明研究所にいいねを押してください。

プロフィール

電話営業では約10万人の一般顧客にセールスを経験全国約4000人の社員含めたアポインターの中でアルバイトながらも10位以内にランクイン
その後外資系コンサル、25000人の一般顧客と向き合い、
トップセールスとして5年、起業して5年。
起業後は男ながらもアーユルヴェーダと言う
インドの施術で数年間経営し店舗も経営。
しかし経営破綻でお店を潰し、
更にネットビジネスで失敗、人生で初めてお金に困るという生活をする。
会社員に戻ろうと思っていた矢先、
偶然交流会でメンターに出会う。
そこで世界ナンバーワンのコーチングスキルを
習得、その翌月に月収154万を達成、そこで得た学びを元に
現在は女性、ママ起業家やセラピストの支援をしている。

主な成果

・5カ月間一度も成約できなかった女性起業家が
セッション後すぐ30万以上の商品を成約成功

・はじめて起業した3人子持ちの忙しいママセラピストの自宅サロンを3カ月後まで予約で埋めることに成功

とクライアントの成果に真摯に向き合いながら日々励んでいる。

ドラえもんの大ファンでのび太を愛してやまない。

PAGE TOP