皆倉 慶彰 プロフィール【幼少期~青春期】

『皆倉 慶彰 プロフィール』

どうも、お読みいただきいつも有難うございます。

 

ものがたりセールスコーチの皆倉慶彰です。


常に第1希望をできない
恥ずかしがり屋で人前に出るのが苦手
手のアトピー性皮膚炎でやりたい職が見つからない


そんな人生だった私が心からイエスを持って仕事が
できるようになった今
今までのプロフィールを
書いてゆきたいと思います。

 

【幼少期~青春期】

毎日私の母親は
シャロームシャローム
と言って私を送ってくれました。
父親はたまにしか帰ってきませんでしたが
プレゼントを買ってきてくれました。
そしてよく喧嘩したけど仲良しの弟がいます。

 

そんな4人家族に私は生まれ育ちました。

 

私は幼少のころ本気でパーマンに
なれると思っていました。
パーマンのスズが当たったとき
それを胸につけて庭の柴山から
飛んでみました。

 

私は飛べずに落ちました。

 

そんな私ですが、保育園の頃
先生によく怒られたり、
ガキ大将と喧嘩したりして
私は本当によく泣いていました。

当時の思い出を話します。


保育園の頃母親が来ての
授業参観の時に
みんなの前で生徒が順番に2行づつ
文章を読むと言う発表をしていました。

 

私の順番が来ました。


ドキドキドキドキして読み始めました。
1行目を読んで2行目の途中。。。

 

同じ1行目を読んでいる自分がいて、、、
「あ、間違えた!!」と言ったら
みんなに大笑いされたことがありました。


他にもこんなことがあります。

 

どうしても
「女の子の髪の毛を切りたい!!」
なんか無性にそう思って、
一人の女の子に


「髪の毛切ってもいい??」


と聞いてみました。


そうしたら、


「切っていいよ」


と言ってくれたので


ハサミでちょきちょき前髪を切らせてもらいました。
そうしたら先生にビンタをされまくったりしました。


悪気はないんですね。
わかりますかね?


他にもあります。
当時アニメでやっていた少女漫画が好きで
母親と家で見ていたんですが、
その曲が保育園の教壇に置いてあったラジカセから


流れて来て


その周りにいた女の子に混ざって
踊っていました。


すると
一人の女の子に

「あー踊ってる!!」


と言われて、
私は赤面し、とぼとぼ
自分の机に戻って行きました。


こんな過去の体験が
無意識に根付き


私は

 

「恥ずかしいことはしないほうがいい」

「人前では話すのが苦手だ」

「女の子の髪の毛を切ってはいけない」笑


と言う信念、思い込みを無意識に
抱えながら生きることになりました。
そんな私はできるだけ恥ずかしいことはしたくない。


人前に出たくないので

なぜか常に第一希望を選択しない。
第一希望をやりたいと言えない。

と言う自分が大人になるまで
ずっといました。


小学校高学年から
大学までは母親が
鬱病でほとんど家にいませんでした。

 

特に中学時代は
そんな状態の中
いじめられることもありましたが、


自分はいじめられていないと思い込むことと
勉強に集中することをしていたので
地域では進学校と言われる高校に行きました。

 


高校時代は吹奏楽部に入学
3年生の頃には約60人くらいの
部の部長をやりました。


当時も本当は
サックスとかトランペットとか
かっこいい楽器に惹かれましたが、

 


第一希望を言えない
私はそれを「やりたい」とは
言うことができず、


本当にやりたい
と思ってもいなかった
第3希望の楽器を
引き受けてやりました。

そのまま練習を頑張っていました。
そして女の子にはモテたかった。


そんな思いもあり一生懸命やっていたので
その成果が出ました。

千葉県のソロコンテストで
全管楽器の中で1位に選ばれることになり
全国大会に出場までしたのです。


私はそこで
一点集中してプロにならい
練習を積めば必ず成功することを
学んで体感し、知りました。


ただ、
心から本当にやりたい
自分の第一希望を生きたい。

 

そんな思いは常にあり
心から思えるようなことを
常に探していました。

 

そんな私に大学生の頃
夢ができました。


「プロのミュージシャンになりたい。」
都内の様々なライブハウスで
ライブをしました。

 

ありがたいことに
ファンもつきました。


ただ、私に一つ難関がありました。
幼少の頃からの手のアトピー性皮膚炎です。

楽器を弾こうにも
傷口で弦を押さえなければならず
ある程度は弾けるようになったのですが


当時
飲食店、バーテンなど
のアルバイトで
明け暮れる日々もあり


手は常に傷だらけの状態
ほとんど練習も思うようにできず
自分の下手くそさに嫌気がさし、

 

そんな第一希望の
プロミュージシャンの夢を諦めます。

 

続く
===================================
次回は【大学卒業~留学~社会人】の頃のプロフィールを公開します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分発明研究所にいいねを押してください。

プロフィール


10年以上10万人以上の一般顧客にセールスを経験してきました。電話営業では全国約4000人の社員含めたアポインターの中でアルバイトながらも10位以内にランクイン、その後外資系コンサル、25000人の一般顧客と向き合いトップセールスとして表彰もされました


そんな私でしたが、起業家としては全くうまくいきませんでした。。。
起業して5年。男ながらも起業1年目は
アーユルヴェーダと言うインドの施術でセラピストとして数年間、さらに2店舗経営するも破綻。

 

お店も潰し、貯金はなくなり
、更にネットビジネスで失敗、
人生で初めてお金に困るという生活をする。
会社員に戻ろうと思っていた矢先、


大切なマインドセットとメンターに出会う。


その時に培ったマインドセットと
世界ナンバーワンのコーチングスキル
この二つの大切さを身にしみて確信


更に元々のセールス力を磨きあげ、
その翌月月収154万を達成、そこで得た学びを元に
現在は起業家やセラピストの支援をしている。

 

主な成果

・5カ月間一度も成約できなかった女性起業家が
セッション後すぐ30万以上の商品を成約成功

・はじめて起業した3人子持ちの忙しいママセラピストの自宅サロンを3カ月後まで予約で埋めることに成功

とクライアントの成果に真摯に向き合いながら日々励んでいる。

ドラえもんの大ファンでのび太を愛してやまない。

PAGE TOP